FZR250R 3LN1 キャブレター オーバーホール Vol.3

    0

とりあえず考えられそうな要因を色々考えてみます。
低速域限定ではあるものの、燃料がちゃんと供給されてないような感触もあるので、供給装置そのものに原因があるのか・・一応燃料タンクからキャブへ行くまでのホース系はすべて新品交換、燃料コックもタンク裏のジョイント?も新品交換しているので、残るのは燃料ポンプだけなので疑わしいかなと。

それ以外で考えられるとしたら、イグニッションコイルやイグナイター(CDI)、ジェネレーターコイルあたりの点火系。
実際プラグを外してキャップ装着し火花チェックをしたら飛んだり飛んでなかったりしていた。新品プラグに変えててもそうだったりしたし、飛んでないプラグを交換したら飛び出したり、イグニッションコイルも怪しい。でもカブりまくっててプラグが死んでる事も考えられるし。なんしかプラグは真っ黒のビショビショ状態。3気筒状態になるというのも、この部分が関係しているのかも。





またスタータープランジャー(チョーク部分)をキャブ本体に固定する部品がプラスチックで2個の爪でひっかけて固定するのですが、そこの爪が甘くなってるものがあり、本当に奥まで刺さってる?って感じの状態になってたような部分も少し気になります。

インシュレーターは1~3番まではひび割れも特に見当たらないのですが、4番だけヒビが目立ちます。
ここから2次エアを吸ってるのかもしれないが、キャブを外して見てみても内部までヒビが到達しているようには見えないし・・・

とりあえず原因を一個づつ調べるしかない。
燃料ポンプは汎用品の安いのを新品で購入。ホンダ汎用とか書かれてたもので恐らく中華製だと思われるが、届いたものを見るとコネクタ形状が全く同一。そのまま挿してみたら動作OK(笑)。配線加工しなくて済んだのでラッキーでした。

なので、とりあえず休みの日にするメニューとして、
・燃料ポンプ交換。
・キャブを再度バラし再チェック
・スタータープランジャーの差し込みチェック

をやることに。

休み当日、友人のバイクショップへ向かう道中、エンジンはずっと3気筒状態(笑)。ただ寒い日だったからかエンジン自体は調子は悪くなく、アイドリングで止まったりアクセルを開けてもカブって回転が上がらないといった症状は出ず。暫く走ってると4気筒状態に戻り(エンジン音とアクセルのツキでわかります)、調子よく走れるようになったものの、今度は低速で以前の症状が出始め信号スタート時や低速走行時にアクセルを煽り続けないと止まってしまいそうになります。

何とか友人ショップまで辿り着いたものの、そこでエンジンを止めた以降、エンジンがかからなくなってしまいます。
まあ原因究明して直れば問題ないけど、いよいよ重症だな・・といった感じです。

まずは燃料ポンプ交換。
パパッと交換して始動を試みてみるも、始動せず。
暫くセルを回し続けているとエンジン始動するのですが、アクセルを1/3くらい保っていないとエンジンが止まります。またアクセルをどれだけ開けてもボボボボというだけで回転すら上がりません。
暫くすると回転が上がるようになり、それからはレーシングしても良い感じで吹け上がるのですが、一度エンジンを止めて再始動するとまた元の症状に逆戻り。意味不明です・・・。

2017-03-11 11.07.26.jpg


とりあえず燃料ポンプが原因ではないので、再度キャブをばらすことに。

キャブ内部はバッチリに見えます(笑)。
とりあえず消耗部品の交換的な要素はないので、全部バラバラにしてチェック後に組み込むつもりですが、スタータープランジャーが抜けかけてるように見えるのが気になります。4つあるうち、全てが均等に入ってないように見えます。チョークレバーを動かしたりしてたら、そのうち1個がズボッと抜けてしまいました(笑)。
ここからエア吸ってるんだろか・・と再度思い切り奥まで押し込みます。

キャブ内部の通路も再び清掃。WAKOSエンジンコンディショナーで穴を吹き、通路出口から抜けているのを確認してパーツクリーナーで洗浄、最後はエアコンプレッサーで高圧エアを吹いて中を飛ばします。

とりあえず詰まってるとは思えないし、その他消耗品はほぼすべて新品。
これ以上何をしろと?と言えるレベルですが(笑)、再度丁寧に組みなおし、オーバーフローしないか改めてチェック、問題無さそうだったのでバイクに組み込み始動。
しかし症状は変わらず。

捨てたくなってきましたが(笑)、ここまでやってあかんかったら電装系なのかなと。もうそれしか思い浮かばない。
何度か吹け上がるようにはなるのですが持続せず、ダメになったらアイドリング維持すら困難になります。

何とか直さないと帰れないので焦りますが、どうにもこうにもダメ。
イグニッションコイルの抵抗値を測ってみるものの基準値。たまたま仕事帰りに別の友人が顔を出していたので、バイクを預けて送ってもらう事にしました。

シーズンはいよいよバイクの季節になってきましたが、自分のバイクは果たして動き出すことがあるんだろうか。
でもここまでカネ掛けた以上、もうええわ、と言えないですし言いたくもない(笑)

もうこうなったら意地でも直してやる。
執念です(笑)