音楽との出会い(2)

    4


私が高校に入ったとき、一番最初に仲良くなった友人の家に遊びに行く事になった。1年生の5月くらいだっただろうか。

部屋に入るといきなりフライングVのギターがドカンと置いてあった。私はギターというとアコギとかストラト形状といったスタンダードなタイプのイメージしかなかったのでその形(名前の通りV型)は衝撃的でもあり少し可笑しくもあった(笑)。
彼は44MAGNUMというバンドを好きであり、そのギタリストが弾いているギターと同じタイプのものを買ったようだった。しかし彼が部屋に入って聞かせてくれたのは同時代にヘヴィメタル(以下HM)バンドとしてマグナムと人気を2分していたLOUDNESSの「Thunder in the East」というアルバムであった。



1曲目の「CRAZY NIGHT」、2曲目の「LIKE HELL」(※今見ると凄い曲名だが)など心の中の何かが震えている気がした。こんな激しくかっこいい音楽があるんだと思った。前章で書いたとおり私はそれまで静かな感じの曲ばかり聴いていたのでこれほど180度違う音楽に出会った事が無かった。あまりの衝撃に今でもその時の状況をはっきりと覚えているくらいだ。
そしてその友人はフライングVをおもむろに手に取り、LOUDNESSのフレーズをレコードから聞こえるとおりに弾き出した(もちろん今から思えば相当ヘタだったと思うが)。それに感動した私は自分も絶対ギターが弾きたいと思った。

私の父親は学生時代にバンドをやっていた名残からか家にはギターがあった。ただその当時はすでに弾いていなく押入れの肥やしになっていただけだったのだが、私はそれを速攻引っ張りだして練習を始めるようになった。そのギターはモズライトの寺内タケシモデルのレプリカだったのだが、そのギターでHMをガンガン弾きまくっていた(笑)。その当時人気のあったジャパメタ(Japanese Metal)の有名バンドも聞きまくっていた時であった。

そしてだんだん少しづつではあるが弾けるようになってきて、これでは物足りないと思うようになり、遂に自分のギターを買うのであった。もちろんLOUDNESSのギタリスト高崎晃が使っているランダムスター(星型のギター(笑))のレプリカを買った。しかし安物のレプリカだったので音はそんなに良くは無かったが、とっても大事に扱っていたのを覚えている。

-------------------------------

そのうちある壁にぶち当たる・・。

HM/HRのバンドのギタリストはある意味テクニックを見せるような楽曲が多くそのギターソロなどは殆ど超人的なプレイなのである。当然ギターを始めてすぐの人間に弾けるはずもなく、私も同様であった。バッキング(曲中のシンプルなプレイ)などは何とか弾けるのであるが、ギターソロに入った瞬間お手上げになるのだ(笑)。
ひたすら練習を繰り返すしかないのであるが、だんだん辛くなってくる。そんな時に出会ったバンドが皆さんご存知だと思うがあのBOOWYであった。

ちょうどB・BLUEが発売された頃だった。PVでも結構流れていてシンプルなROCKであるが、力強くそれでいて美しいメロディライン、ギターもシンプルだがカッコよくギターソロも今まで聞いていたHM/HRのようなテクニック第一主義のようなソロではなくシンプルなのにカッコいい。まさにその当時自分が求めていたサウンドであった。

発売されたばかりのアルバム「Beat Emotion」を聞いてブっ飛んでしまった。なんてカッコいいバンドサウンドなんだろうと。それこそもう毎日ひたすら聞きまくっていた。それ以前のアルバムも全て聞きまくり、ギターの練習もBOOWY中心に弾きまくるようになってきた。テクニックは云々としても曲の始まりから終りまで一通り弾きこなすことが出来る曲が沢山あったのが嬉しかった。あえてもう一度言うがソロなどの微妙なニュアンス、ギターカッティングのキレなど全く出来ていなかった当時ではあるが、とりあえず似たような音が最後まで出せる事に凄い満足感を感じていた。

こうなると、もうバンドをやりたくて仕方がなかった。当時本当にバンドブームと言われるほど猫も杓子もバンドバンドだったのだが、まさに私はその渦中にいたのであった。

-------------------------------

そうなるといきなり問題が発生・・(そればかりだが(笑))。

それまで使っていたランダムスターギター(星型)があまりにもその音楽とかけ離れた形状をしているのである。ご存知BOOWYのギタリストである布袋寅泰氏はホワイトのストライプの入ったテレキャスタータイプ。部屋で練習する分には何の問題もないのだが、いざバンドをやるとなったらスタジオやライブハウス等でそのギターを使わなければいけない。昔から「まずは見た目重視」(笑)な私はいきなり個人売買(※注1)でギターを運よく売却でき、その元手で布袋氏と同タイプ形状のテレキャスターを遂に購入するのであった。これでやっとバンドが出来ると思った。高校3年の時であった。

友人と高校最後の学園祭でやろう!と盛り上がり、BOOWYオンパレードのバンドとして練習を重ね、初めて人前でステージ(といっても体育館だが)にあがり演奏をした。人前で大音量のサウンドを奏でることはきっと気持ちが良いものと思っていたのだが、もちろん気持ちよさはあった。しかしそれよりも初ステージということで緊張が激しく私を襲い、何が何だか分からないうちに終わってしまったという感が強かった。それでもハードロックに出会った時とはまた違う新たな衝撃を受けた感じだった。

ただ私はその頃すでにモータースポーツにも興味を持っておりF1観戦や特にバイクに乗るのが好きであった(車の免許は当時無かったので)。その後ギターを引き続けるもバンド活動といったものは特に行わず、大学受験にかろうじて(笑)合格し高校を卒業し晴れて大学生になるのであった。そして大学生になったらバイクのサークルに入ってツーリングライフを送ろうとその時考えていた。

しかし、入学後に私の人生が大きく変わったと今でも思える状況が始まる。(続く)


(※注1)
余談だがこの当時の個人売買というのは、音楽雑誌などの売買コーナーに「はがき」を送りそれを掲載してもらって、それを見た人がこちらの自宅に「はがき」で買いたい旨を送るという、凄まじく時間の掛かる方法(まず掲載までに約1ヶ月くらいかかる)であった。しかも雑誌には当然だがはがきを送る為こちらの住所が完璧に書かれていた(笑)。今から思えば考えられないことだが)