お化け屋敷

    0


昨日、地元で毎年盆の時期に行われているお祭りに行ってきました。毎年花火が数千発打ち上げられるのですが今年は近隣苦情の為、十数年ぶりに開催が中止となってしまいました。なので例年花火に合わせて暗くなってから出店とかが混雑するのですが今年はまだ明るい時間帯からそれなりに人が多く、私も飲み食いを楽しんでいました(笑)。



今年目玉?なのか分かりませんが、お化け屋敷が特設されており結構人が並んでいました。チビには夜によく「オバケが来るぞ!」とビビらしたりしているのですが(笑)、いつもそれほど怖がることもなく、お化け屋敷行く?と聞いても「うん、いく!」となんだか楽しそうです・・・。そして順番待ちの列がだんだん近づいていくにつれ、出てくるお子さんが泣いているのに気がつきました。それを見て並んでいる小さい子供が連鎖反応で泣き出して、中に入るのを頑なに拒否しだしたり(笑)。そんな状況を僕には関係ないよ~といわんばかりの涼しい顔で見ていたチビでしたが、いよいよ私達の番となり私・チビ・嫁の隊列で中に入っていきました。

お祭り会場の中で作られたテント?っぽい作りのお化け屋敷なのでかなりナメてかかってたのですが、中はかなり暗く進行方向すら今ひとつよく分かりません。通路も狭く曲がり角には黒の幕が垂れ下がっており先が見えません。チビの手を引いて私が進んで行くと色んな仕掛けでお化けが出てきます。するとチビの動きがかなり重くなってきました。引っ張る手の強さがだんだん強くなってきます。そして「怖い怖い」を連発するようになってきました(笑)。そしてお化けの出るタイミングが「隊列の先頭である私」を見て出てきますので、私も結構ビビりながら進んでいきます(笑)。それがチビにも感じるのか更に怖がってきたようです。そして最後の方で椅子に座って覆面を被ったお化け(恐らく中に人が入っていたと思われる)が私が来た途端、「ぐわ゛~~~~~~」とデカい声を上げて勢いよく立ち上がって飛び出してきました(!)。機械仕掛けではない、人力?のお化けはタイミング・声・動きどれを取ってもこの上なく怖くて、これには流石の私も相当ビビりまして思わず悲鳴を上げてしまいました;; チビはもう半泣き状態です(笑)。

外に出た瞬間安心したのか、チビは大粒の涙をポロポロと流しながらシクシクと泣き出しました(笑)。そして抱っこしてやり顔をうずめて泣いているチビと私たちを見て、入り口に並んでいる人が「あの子も泣いてるで・・」と言い、それを見て子供がまた「行きたくない!」と泣き出す連鎖反応(笑)。家に戻って花火をしているとき、チビに「またお化け屋敷行きたい?」と聞いても「もういかへん・・」と悲しそうに言ってるのが更に可笑しかったです(笑)。家で悪い事をしたときに言える言葉のレパートリーがまた一つ増えました、「お化け屋敷連れて行くぞ!」と(笑)。





こちらの記事も一緒に読まれてます。