A-16&鈴鹿 その3

    13


燃え尽きました・・。複合開催はホントしんどいです、っていうか鈴鹿のほうはクルマ入手も遅かった影響で実質1日半しか走ってません(しかもAT;;)ので、結果暫定9位に沈む・・。琢磨の代わりに私が入賞を・・と思いましたが(笑)ポイントすら取れませんでした(あくまでF1のポイントシステムの話です(笑))。本当は鈴鹿を気合入れて頑張りたかったのですが、終了日時が同じなのでどちらかに力を傾けざるを得なく、C.1さんもコメントされていましたけど力が分散される為、確かに大会の質が下がるという部分はありますよね。私も鈴鹿は殆ど詰めていませんし・・・。



さて私の方といえば、上位入賞を期待出来るA-16に力を入れてました(笑)。土曜日夜?までは暫定トップだったのですが日曜日時点で暫定2位に落ち、最終的に暫定3位まで落ちてしまいました。日曜日の夜と月曜日の昼間にしばらく鈴鹿を走っていて、ある程度までタイムを出したらA-16を頑張ろうと思っていたのですがフォーミュラカーとの速度差のあまりの違いにスローモーションのような錯覚を覚え(笑)全く上手く走れませんでした。これはちょっと厳しいと思い、夜用事を全て済ませてから本当に「気合入れて」走りこみました。取得ポイント的には5~10ptしか変わりませんが絶対諦めずに勝つ!という信念の元、ほんとバカみたいですが昨晩22:30~今朝5:30までブっとおしで走りました(笑)。しかしタイムを更新することが出来ず、焦れば焦るほどツボにハマる悪循環。結果自分のタイムすら更新できず(厳密には1/100単位での更新はしたのですが、結果は変わらないので登録していません)に終了しました;;2時間ほどしか寝れずに仕事に出かけたので、激しく辛い状況です・・。

悔しいですが初勝利はまたお預けとなってしまいました(笑)。しかし、本当に惜しいアタックが1度ありました。最終ギャラリーコーナー進入まで自己ベストゴースト(51.5秒)を1車身分リードしていたんですが、あえなく僅かにはみ出してゴール地点を目の前にして失格・・・。恐らくあのラップが完成していれば0.1秒は確実に縮まっていたでしょうし、再度暫定トップに返り咲いたであろう状況に自分自身の不甲斐なさに悔しさが晴れません。まあタラレバはここまでにしておきます(笑)。

鈴鹿のタイヤ選択の件ですが、確かにハードタイヤ選択の方が速く走れるっぽいです。ソフトタイヤ(R4~R5)系だと、車をスライドさせながら向きを変えることがグリップが良いことが災いして結構難しく、いきなり限界を超えてスピンという感じがありましたがハードタイヤ(R1~R2)系だとクルマが流れるのでコントロールしやすく、スライドさせて向きを変えるのが容易で、それら要因でタイムが上がるのだと思われます。走り的には80年代前半のF1カーのような走らせ方ですね(笑)。

しかし、C.1さん・YAMさんの鈴鹿での恐るべきタイム(C.1さんの登録コメントは泣けました(笑)。私も相当見ましたので・・。)、そして殆どプレイしていないというA-16で、結果あのタイムと、まだまだ私には「何か」が足りないようです・・。