2005年 F1 最終戦 中国GP

    0


最終戦中国GPが昨日開催されました。2005ワールドチャンプのアロンソが横綱相撲で有終の美を飾る勝利。
これでキミと勝利数で並び最多勝ではないチャンプが生まれるシーズンというおかしな状況を生み出さずに済んだようです。もちろんコンストラクタータイトルが掛かった大事な一戦でしたがモントーヤの不運なリタイアのおかげでアロンソが勝てばタイトルは決まる状況でしたので、フィジケラのペナルティも特に問題は無かったでしょう。 それにしてもマクラーレンは恐ろしく速いのに不運ばかりが続いたシーズンでした。信頼性がもう少しだけあればタイトルは最悪どちらかは取れていたかもしれないだけに悔やまれます。


レース的には2度のセーフティカーで混乱したものとなりましたが、それを有効に生かせたところとそうでないところが出てきたレースでした。フェラーリはそれを生かせるとかいう以前の状況でミハエルはインストレーションラップでのクラッシュ(審議結果は厳重注意)、そしてSC中の単独スピンによるリタイア、バリチェロはフェラーリ最後のレースでしたがタイヤの問題でポイント圏外に沈むという、ある意味今シーズンを象徴したレースでした。

トヨタの表彰台やクリエンの5位などは思い切り恩恵を受けたドライバーでしょう。逆に恩恵を受けられなかったのはBARホンダでしょう。バトンはタイミングが悪かったため、順位を結構落としましたし、琢磨は2回目のSCで8位まで順位を上げ、そのままピットインせず走りきることが出来れば上位入賞が可能という恩恵を受けられたかもしれないのですが、それを見る前にギアボックストラブルでリタイア。

琢磨に関しては、スタートの瞬間今宮さんがフライング?というコメントでしたので、いやな予感はしましたがリプレイを見る限り100%フライングですし;;。まあギアボックスが序盤から不調だったことを考えると、どうであれ最後まで走りきることは出来なかったかもしれませんが。本当に今年は何をやっても上手くいかない厳しいシーズンだったと思います。2004年の評価も地に落ちた感を受けますし・・。勿論序盤はチームの不手際で失格、出場停止・本人の病欠・アメリカGPでの棄権と、本人の力の及ばないところやチーム側に問題があったことが大きく響きましたので、その点を割り引いても、後半明らかな本人のミスが多かったため落としたポイントもかなりあったかと思います。特にミハエルと衝突したベルギーGPは恐らく表彰台に乗っていた可能性が高いため、悔やみきれないですね・・。

やはり、もっとミスを少なくして結果を残せるよう考えたレースをしてほしいと思います。勿論結果が残せなくとも昨年のニュルのときのように印象に残るレースを見せていれば必ず見てくれている人はいると思います。ただ今年の走りでは、結果は残せていなく、印象に残るレースもない(逆の意味で印象付けしてしまった・・)非常に厳しいシーズンだったと言わざるを得ません。来年彼がどこのチームに乗るのか、まだ闇の中ですし11番目の新規チーム(ホンダBチーム?)の全容も全く見えてこない今、状況は決して楽観視できる感じではありませんが、来年もグリッドに並んでいることを心より願っています。