久しぶりの更新

    2


さて、みなさんいかがお過ごしでしょうか。年末ということで皆さん忙しくお過ごしかと思いますが、私の方もいよいよ年末の追い込みということで今も仕事中ですが(笑)、そろそろ更新しないと当ブログもさっさと忘れられてしまうかと思い(笑)空いた時間にコツコツ書いてます。
さてハイスピードリンクのほう、何かと騒がしくなっているようですね。最近情報に疎く今までどうなってるのかサッパリ分かっていませんでしたが、公式サイトのほうの更新を見る限り、1コーナーと最終コーナーへのアプローチに関しての解釈が掲載されているようです。アウト側に縁石のような段差がありますが、あそこは「コース内」ということであるが、そこを使って減速が見られた場合(ブレーキを使わない急な減速とありますが・・)、フォトモードでの確認を行い、縁石とタイヤが接触していたら失格という判断のようですね。



※バンク区間の走行について(12/14更新)
1コーナーおよび最終コーナーのバンク区間にあるガードレール下の
縁石はコース内とみなしますが、データロガーでブレーキが踏まれて
いないにもかかわらず、急な減速が確認できた場合、接触の疑いが
あるとしてフォトでチェックします。その際にタイヤがガードレール下の
縁石に接触している場合は、失格と判定します。


ということなのですが、
いまひとつ私には意味が分からないのですけど(笑)。「コース内」である縁石に接触したら失格というのはどうもツジツマがあってないような・・。縁石に触れていても「ブレーキング中の減速時」に触れたのであれば失格ではないという意味かと思われるのですが、余計に混乱を招くような気がしています。それなら大会途中からでも「段差部分に触れた時点で失格」という風にしてしまった方が分かりやすくていいんではないか?と思うんですけどね。

ということは逆に縁石を使って「加速していく」分にはOKといことなのでしょうか??まあそんなことが出来るのかどうかもわかっていないくらい走っていませんので;;あくまで推測で書いておりますが、縁石の角を使っても壁には接触していないという記述を見たことがありますので、そういう走り方も可能ではないかと・・・。プッシュアンダーが消えて吸い付くようにコーナーが回れるような気がするのですがどうなんでしょうねー。もしこんな走りが出来るとするならば、上記レギュレーションの解釈ならばOKということになってしまいますが・・。

それとも私の解釈違いということですかね?この段差に触れている時点で失格ということなんでしょうか??文章を読む限りではそうとは取れないんですけどね・・。

いずれにしてもこういう壁の部分での不安がぬぐいきれない大会はいつもの事ながら混乱しますよね。次のR246も壁だらけのコースですし(笑)どうなることやらと思っておりますが・・・。その後には恐らくニュルが待っていると思われますが、開催期間12/25~1/5みたいな辛い開催期間はやめてほしいものです(笑)。さすがに年末年始にGT4ばかりやってられませんので;;