IA-4アタック その1

    7


開始早々ハイペースで更新(ブログもタイム登録も(笑))しておりますので、今後ちょっと一休みするかもしれません(笑)。最近F1の話題もかなり色々あって書きたいことが沢山あるので、今後はGT4以外のネタも触れていきたいと思っております。
さてIA-4のほうですが、今のところ順調にタイムが伸びてきております。前回投稿で32秒台に入るのは間違いないと書いてしまいましたが、ちょっと無理そうです(前回投稿を訂正しております(笑))。ゴール地点の車速を165km/hと考えると現在のタイムから32秒台まで約0.2秒ありますので、約9.16m先行しなければいけません。クルマ約2台分ですねー。これは個人的にかなり厳しいかと思います。ただライセンスは細かくタイムを刻んでいってタイムアップしていきますので、もしかしたら・・ということもあるかもしれませんが。

今回は趣向を今までと変えて、連載形式で書いていこうと思います(笑)。



以下、細かく書いておりますが、私の走りが最速の部類に入る走り方であるかは今の時点ではなんともわかりませんのであくまで私自身の走りの解説であることをご理解下さい(笑)。私のタイムがトップ陣と争えるようなタイムではなくなってきたときは、予告なく連載中止(その分必死で走りこみします(笑))するかもしれませんのでご了承下さいm(_ _)m


1)シケイン手前の左コーナー
前回の投稿でも触れたとおり最初の高速S字後の左コーナーの速度・ラインですべてが決まるといっても過言ではないですね。速度を乗せつつ大回りにならないようにコンパクトに回りシケインの進入に備えなければいけません。シケインが上手く通過できるかどうかもこの左コーナーのライン取りで決まってしまうようなものだと思います。しかしここではかなりアンダーが出やすいので、いかに減速時にアンダーを出さずイン側にクルマを寄せていけるかです。車速を落としすぎずアンダーも出さず最適な速度でコーナーをクリアすれば次のシケインの進入ラインはおのずと良い形になると思います。

ちなみにこの左コーナーの進入ですが、3速では吹け切ってしまいますが私はそのままいってます。4速にあげるとシフトロスがあるばかりかかなりアンダーが出やすくなってしまいますので、あまり良いとは思えません。左コーナーは3速ホールドでブレーキとアクセルの調節だけで通過していますが、ここは2速に一瞬落とすのも一つの手かもしれません。シフトダウンすることでアンダーがかなり解消できるからです。ただその弊害として減速しすぎてしまいがちなのと、3速アップ時のシフトロス(ただしシフトアップ時に車の向きが変わりやすいのであえて使うのも手かと)もあります。このあたりは詰めていったときにどちらがより良いかを検証しなければいけない部分かと思っております。

次の投稿時は難関シケインの攻略について書こうと思っております。