IA-4アタック その4

    7


記念すべきGT4関連100回目の投稿となりました(笑)。

さて昨晩は色々と触発されて(笑)いろんなことを試しながら走りこんでみました。公式サイト上のタイム変動があまりありませんので、皆さんがどれくらいのタイムを温存?されているのか分からないのであくまで自身でどこまでいけるか?という部分を考えておりました。

ゴール地点での速度168kmと考えて(昨晩走りこんでみて167kmというのが多かったので多めに見て)、32秒台に入ろうと思えば0.063秒縮めなければいけません。ということは前回投稿で書いた時間に対する距離を考えると「2.961m」差をつけなければいけません。大凡3mということになります。ゴール地点でゴーストのクルマが3/5くらい後ろに重なっているような状態かと思われます。
結論的32秒台は入れるかどうか?といいますと、私は「可能」と言い切ってしまいましょう(笑)。それほど昨晩は惜しいアタックがありました;;;;;;


まず33.062秒を出したタイムをリプレイで検証してみました。最初の高速S字はシフトアップポイントも完璧でラインも無駄の無いアウトインアウトのラインで電子デバイスもスタート直後に一瞬
点等(これは路面のギャップ?等と思われますが避けられない)する以外は効かさずスキール音も殆どさせないような走りで左コーナーへアプローチしていきます。ここまではOKでしょう。

そして左コーナーへ入っていく訳ですが、ここはブレーキング開始からインへ向かうラインと再加速していく際のラインによって差がかなり出ます。早くアクセルを開けすぎるとプッシュアンダーでアウトへ膨らむため、シケイン進入が厳しくなります。しかし減速し過ぎるとインベタで回れますがゴーストに抜かれたりします。この妥協点を考えて一番良い形で減速・加速を行わなければいけないポイントです。ここが自身少々甘い点がありました。
昨日走っていて、最適のタイミングで加減速を行い、ラインも上手くトレースできればゴーストを半車身離すことが出来ることがわかりました。ただ非常に難しく運の要素もありまして(笑)再現させるのがなかなか難しい部分でした。

そしてシケイン進入ですがここも検討点がありました。一個目の進入時にアクセルを一瞬抜いて(全閉)たのですが、ラインによっては全開のままいけるときがありました。ゴーストも1個目はアクセルを抜いていて、そこからスライドせず綺麗な立ち上がりを見せています。昨日私が走っていたときは1個目を全開で行くのでそこで差が発生するのですが、速度が乗っている分2個目を脱出するのが非常に難しくなります(クルマを安定させるという意味では)。なので、1個目で差が出来ても2個目の立ち上がりでその差が相殺されてしまうケースが多々ありました。しかしマシンコントロールの問題だと思いますし、それよりも進入から脱出までのライン取りが非常に重要と感じましたので上手く走れればいけるとおもいます。

最終コーナーに関しては前回投稿時にクリップにつく前に一瞬アクセルオフとお話しましたが、これで向きが変わる時と変わらない時がありました。ただこれに関してはアクセルオフするポイントが問題でした。
昨日走ってみて分かったのは、まず最終コーナーに進入開始してイン側へ寄っていくわけですがアクセルオフするタイミングが遅いと旋回してくれません。比較的速度が低い地点でアクセルをオフすることにより旋回性が増すという感じを受けました。言い換えれば最終コーナーへ切り込む瞬間にアクセルオフしても良いということです。しかしその場合は全開のまま切り込む場所よりも若干遅らせた地点から切り込まなければいけません。私の場合は切り込むと同時にアクセルオフを行うとゴーストに離されてしまい、ゴール地点までそれを取り戻せない感じでしたのでタイム的には切り込み始めてインへ寄っていく過程で比較的早めにアクセルオフを一瞬行い、増した旋回分でインベタに入るといった感じが一番良かったです。ゴーストをじわじわ追いつくシーンも一度ありました。

---------------------------------------------

さて冒頭で32秒台に入れる!と言い切ってしまうわけですが(笑)、昨日のアタックでもしかしたら32秒台に入れたであろう走りが一度あったのです;; なぜ泣いているのかといえば(笑)そういうことですね;; 

まず高速左で上記通り半車身離した状態でシケインへアプローチしていました。しかし昨晩はシケインの走りが遅くてそこで追いつかれてしまうことが多々ありました。恐らくゴーストはシケイン1個目の進入前にアクセルオフをしているのですが脱出重視だったと思われるので加速が素晴らしく良かったのです。昨晩1個目を全開のまま何とか2個目をゴーストと同じような脱出を心がけて走っていて、その時遂に1個目を全開で進入し2個目をゴースト同様に上手く立ち上がることが出来ました。
その時、左コーナーで築いた半車身分の差を保ったまま最終コーナーへ向かうことができたのです。しかし走っているときはゴーストは見れません(重なっている為)ので、そのまま最終コーナーへアプローチしました。最終コーナーへの進入も決まり荷重移動のタイミングも決まったのですが旋回が若干甘いかオーバースピード気味かな?と思いました。そのまま出口へ向かっていったのですが縁石の上を越えていき左タイヤが縁石に乗っている状態になりました。ヤバイ!と思い(笑)なんとか必死でステア操作でコースに残ろうと思いましたが縁石が途切れた部分で左タイヤは本当に僅か(ホント僅かです・・)コースに残れず「失格」となってしまいました・・・・。

その時は対ゴーストとの位置関係が良くわからなかったのですが、失格になった瞬間ゴーストが後ろから抜いていく映像が見えたので(涙)、早速リプレイを見てみました。最終コーナーでも半車身差を保ち、さらに若干離す勢いでした(これはオーバースピードであったことを物語っているのかもしれませんが)。失格になった瞬間はゴーストとクルマ2/3くらいは前に出ていた感じです。非常に微妙ですがこの走りが完成していたら32秒00前後は出ていたと思います。上手くいけば32秒台にギリギリ入っていたかもしれませんので、肩の力が抜けてしまいました。ただ昨晩は33.06秒台や33.07秒台が何度も出ていましたので、もう少し頑張れば何とかいけるかもしれません。もう少しです!