2006 モータースポーツファン感謝デーin鈴鹿サーキット

    9


晴天に恵まれた昨日(3/5)、鈴鹿サーキットで開催されたモータースポーツファン感謝デーに行って来ました。私が20歳くらいの時からほぼ毎年行っているイベントなのですが、毎回楽しい内容で楽しませてもらってます。
私の家からはクルマで1時間ちょいでいけますので、気軽にいけますし何といっても入場料だけで(といっても毎回タダ券ですが(笑))FポンマシンやGTマシン、8耐マシンやJSB1000マシンなどのデモ走行が見られること(土曜日は合同テストと重なる時もあります)、そしてファン感謝デーということで有名ドライバー、ライダー達との交流など結構好きなイベントです。

子供が出来るまでは遠くから眺めているだけといったファン感謝デーでしたが、記念撮影を子供と一緒に撮ってもらうということに数年前から目覚めた私は(笑)今までも辻村選手や上田選手などの元世界GPライダーや、いまやF1ドライバーとなってしまった井出選手などと記念撮影をしてもらいましたが、今年も何とか沢山のライダー・ドライバー達と写真が取れるよう頑張ってきました(笑)。勿論大きくなってから息子が写真を見て、こんな凄い人と一緒に写真を撮ってもらえたんやでー、と言いたいからです(笑)。典型的な親バカでありますが;; 勿論私が楽しみたいというのもアリアリですが(笑)。

※(3/6更新)写真アップしました。



朝到着して、ライダー・ドライバー達がコントロールタワー下で記念撮影をしていまして、解散後ピットレーンを全員が歩いているのでここぞとばかりに突入!(笑)。あの本山哲選手が歩いていましたので、何とかお願いしてチビと一緒に写真を撮ってもらいました。凄まじくファンが群がっていましたので(私もその一人でしたが)切り出すタイミングが非常に難しかったですが、笑顔で応じていただき感謝しております。他にも沢山の選手がいましたがとりあえずここで一旦退散。


最初のイベントはF1開催20周年ということで、88年当時のマシン マクラーレンホンダMP4/4でのデモ走行でした。宮城光がドライブするということでしたが、スタート前にエンストしたりと場内を和ませてくれました(笑)。しかし2輪の有名ライダーであった彼が4輪(しかもF1)をドライブするとはヴァレンティーノ・ロッシのようでちょっと凄いなと思ってしまいました。過去に何度か走っているのを見たことがあるV6ターボエンジンの音を久しぶりに聞きましたが、特にMP4/4は歴史を作ったマシンだけに古き良き時代を思い出してシンミリとしました(笑)。


その後ピットをうろついていて、山口辰也選手がいましたので2輪デモ走行に向かう前にお願いして写真を撮ってもらいました。チビが小さかったのでわざわざしゃがんで頂き笑顔で応じていただきました。チビにもバイバイと手を振っていただき大変好印象でした。見るからに温厚そうな方でしたが一旦バイクにまたがれば200km/hオーバーでスタンディングウイリーを決めるなど、本当に凄いです(笑)。8耐形式でスタート時の再現をやっていましたが、スタート直後にライダーが二人コケていたりとなかなか笑わせてもらいました。


バイク走行が終わったあと、グランドスタンドから再度ピット方向に行きましたが、ピットレーン中央で話をしている外人2人発見!顔を見るとなんとブノワ・トレルイエ選手ではないですか。早速お願いして(多分緊張してフォト!フォト!と言っていた気がする(笑))撮ってもらいました。隣にいた外人さん(ちょっと名前が不明でしたが・・)とひたすら話していましたので、写真もテキトーな感じだったとその時は思ったのですが、家帰ってから見てみると、二人とも素敵な笑顔でトレルイエ選手はチビの頭を撫でながら写っていました。またまた好印象なお二方でした。


そしてお昼過ぎに始まるレジェンドフォーミュラ?だったかと思うのですが、87年からもう何も考えず必死で応援していた中嶋悟氏が出場するということで、今までも感謝デー等で何度かみたことはあったのですが、今回は何とかアップで(あわよくば記念撮影を!)と思っていました。高橋国光さんや長谷見さんなどの往年の名ドライバーが出場するのでかなり楽しみでした。何故か服部尚貴選手もいましたが(笑)。そしてコントロールタワー付近にオープンカー仕様のオデッセイが置いてあったので、コレに乗るはず!と観覧車に乗りたいというチビを黙らせつつ(笑)待っていました。そこにはそのレースで使用すると思われるマシンが数台おいてありましたが、コントロールタワー内からパッと登場されましたので、もう撮影は無理でした(笑)。そして一人ずつ紹介をされてマシンと一緒にコース内に登場するという形でした。そして中嶋氏のコールの際、思わずフォーー(HGではないです;;)を声を上げてしまいました。


そしてそのレースが終了して、メインスタンド前の表彰台に上ると確信した私は必死で地下通路を通り、表彰台の前まで行きました(笑)。案の定そこに選手が集まり、表彰式が始まりました。中嶋氏は2位だったので当然2位の目の前に陣取りました(笑)。そして中嶋氏が呼ばれ2位の壇上に上がり、私の興奮はピークに達しました(笑)。91年のF1予選で走っていた姿や、引退直後の鈴鹿ファン感謝デーに本当のラストランとして来たときなど実際に生で見たことは何度かありましたが、これだけ至近距離で見たのは初めてで、ちょっと感動でした・・。
このブログ開設当初、F1関連の投稿でアツく中嶋氏を語ったことのある私にとって、彼は87~91年シーズンの勇姿は紛れも無くヒーローでした。レースで喜怒哀楽をこれほど感じさせてくれた方は個人的に中嶋氏だけ!と私は言い切れます(笑)。
夢中になって写真を撮りまくり、チビとのツーショットは不可と感じた私はチビの下くらいからのアングルで二人が一緒に写るポイントを探し強引に記念撮影としました(笑)。そしてシャンパンファイトを最前列で見物し夢見心地を満喫した次第です(笑)。


午後、何といっても今回はジャンアレジがやってくるということでかなり期待していました。しかし本人を間近で見ることは一度も出来ずでした(私のいた場所のタイミングが悪かったです(笑))。見モノはディレクシブのFポンマシンでデモランをするという事でした。箱車には何度か乗ったことはありますが、シングルシーターのフォーミュラカーに乗ったのは、恐らくジョーダンでクラッシュして最後のレースを終えた鈴鹿以来ではないでしょうか。
場内アナウンスの話ではアレジは全くマシンにも乗っておらず、当日に操作系を教えてもらっただけとの事でしたが、1コーナーからS字、ショートカットして最終コーナーからメインストレートへと、まさに全開走行でした(笑)。デモランは大抵メインストレートだけ全開で1コーナー以降は流して走って・・という感じが普通なのですが、流石アレジ!というしかありませんでした(笑)。
ゴクミのこともあるのでしょうが、半分日本人のようなものと言って場内を沸かせてくれてました。


そして私とチビの楽しみであったGTマシンのデモ走行。今回の目当ては何と言ってもレクサスSC430!あの上品な高級車がここまで変わるか?と思えるくらいのスパルタンなマシンでした。排気音も何度聞いても凄まじいですね。GTマシンは排気音がどのカテゴリーよりもエグいのですが、今回も思いっきり堪能してきました。マセラティMC12も初めてみましたがホイールベースがちょっと大きいんじゃない?って感じですが、良い速さで走っていましたね。ストレートスピードは他マシンと遜色ない感じでした。Zはトラブルがあったのか数週走ってピットへ向かい、その後走ることはありませんでした・・。


走行終了後にストレート開放となり、ドライバー目当てで行きましたが、尋常じゃない凄まじい人に写真どころではありませんでした(笑)。脇阪選手のところに行ってみましたが写真を撮るのも困難な状況のため、早々に諦めてそのまま歩いていくとやはり手前は混んでいるのに進めば進むほど人が少なめになってきます(それでも凄まじかったですが)。そこでストレートサイドのフェンスに座っている山本左近選手を発見!Zがトラブルとあって、ファンサービスに一生懸命応じていたようです。暫し待ったあとにチビと一緒に撮影してもらいました。チビと左近選手二人でフェンスに座り笑顔で撮れた写真はかなりお気に入りです。


しかしこれ以上はチビも体力的にも大変だろうと(笑).、このあと控える擬似レース走行に向け、ピット上の観客席へ向かいました。そして走行スタート(ローリングスタート!)しましたが、マシンは全部で4台(NSX2台、レクサス、マセラティー)にも関わらず、凄まじい爆音でした。SuperGTのレース観戦を生で見たことはないのですが(スカパーでは毎戦見てますが)、これが実際の40台以上のローリングスタートだと恐ろしい音なんでしょうね。想像すら出来ません・・。
TAKATA NSXがパフォーマンスでピットイン→ドライバー交代を行ったのですが、ちょうど私たちが見ている真下での作業でした。手際よく交代を済ませてピットアウトしていくときの爆音(トラクションコントロールの利いてる「バババババババ」音とでもいうのでしょうか?)といったら、マジでビビりました(笑)。アレだけの至近距離だとかなり強烈でチビもかなり興奮状態でした(笑)。

---------------------

帰りはおなじみの渋滞に巻き込まれましたが、十分堪能した1日でした。チビも鈴鹿通いが増えてきましたので、5歳になったばかりですが将来が楽しみです(笑)。