井出無念・・・

    2


井出選手のスーパーライセンス剥奪・・・。この発表には心底腹が立っています。こんな理不尽な話って今までに聞いたことないです。やはりF1っていうのはヨーロッパ文化の閉鎖的な社会なのだと改めて思ってしまいました。どれだけ過去に実績のないドライバーが持参金ぶら下げて走っていたのか覚えてないでしょうか?。例を挙げればキリがないですが、すくなくとも井出はFNでも2年連続でチャンプ争いしていましたし(特に2004年は惜しかった)問題なくスーパーライセンスを取得できるだけの実績はあったでしょう。その実績から「FIAが認可して」スーパーライセンス発行となったのですから。


またSAF1公式のプレスリリースを見ていましても、過去3戦のパフォーマンス、及びイモラでのクラッシュの原因をFIA側は指摘していたようですが、過去3戦のパフォーマンスなんて井出自身の責任というよりもチーム体制の問題の方が大きいとしか思えません。またイモラでのクラッシュの件に関してもあの事故に関してFIA側は井出に注意のみで「ペナルティを与えていない」んですから。クラッシュの原因を問うのであれば、1990年鈴鹿1コーナーでのセナ・プロストの事故(これは後にセナ本人が故意に突っ込んだと発言)は今回のイモラの事故よりも全て(度合い・内容)において酷い状況ですが、これは? と思うんですがね。まあ言い出せばキリがありませんが・・。


今回の剥奪劇の裏側ではFIA側とチーム代表3人(フランク・ウィリアムズ、ジャン・トッド、ロン・デニス)の井出に対する処遇の話し合いが持たれたと伝えられていますが、この中で2人が強固にライセンス剥奪を主張したと言われています。ライコネンの井出に対する発言を聞いていても、その一人はロン・デニスであったという事は十分予想できますね。なんかこの辺りの話を聞いていても2008年参戦リストから漏れたディレクシブ(マクラーレンのBチームになるという噂)がSAF1を色々な方法で混乱させ最終的にチームごと買収して参戦しようとしているのか?と思わず政治的な駆け引きさえ考えてしまうほどです・・。

もちろん冷静に考えて井出のパフォーマンスが確かに足らなかった部分もあるかと思います(勿論色々な理由があってのことですが)。これらは全ての経験不足から来る状況だと思っておりますが、いきなり速さを見せる天才肌のドライバー、じっくり経験を積んで速さを身に着けていく蓄積型のドライバー、井出は後者の方だったのかもしれません。

またBSの浜島さんが言っていたのですが、井出はタイヤの使い方(タイヤ温度の上げ方)が出来ていなかったようです。これも勿論経験が足りなかった部分もありますが、今期のレースを見ていても分かるくらいに、タイヤ温度を上げないとかなり厳しいラップタイムペースになることは明らかです。オーストラリアGPでモントーヤがパレードラップでスピンしたのを覚えている方もいるかと思いますが、あれもあそこまでしなければタイヤ温度が上がらないということを物語っています。井出は前後方向の圧力をかけることは出来ていても横方向への圧力をかけるのが上手くなかったようです。これでタイヤ温度がかなり低めになっていたという事らしいですね。前後方向だけでは温度が上がらないばかりか、グレイニング(ブリスター)の原因にさえなってしまうらしいですから。しかしこの辺りもFNとF1との歴然とした差があると思いますので、それらを掴むのはやはり「走る」という経験しかない訳ですからね。

それにしても、星野一義監督もFN時代の井出の実力向上には感心していたみたいですからね。実力がないとは思えないのですが・・。自らもF1に対する想い・夢を心の中でかなり秘めていたけど結局叶わなかった星野監督が今年F1へ向かう井出に対して贈った言葉が、愛弟子に対する激励の言葉のようでちょっと感動した経緯もありますので、この一連の状況の流れはやっぱり国内関係者誰もが納得出来ないでしょうし、私個人的にも井出の気持ちを考えると残念で仕方ありません。ネット上でのファンの反応も様々(残念という意見・当然という意見、と入り乱れてますので)ですが、この事態が今後の日本のモータースポーツにどういう影響を与えるのか、井出のF1適応能力云々以前の問題として、もう少し考えて欲しいと思っています。日本にとって凄い大きな出来事だと思いますよ。

------------------------------

結局スペイン、モナコとモンタニーがセカンドドライバーとして乗ることが決定しておりますが、それ以降の人選に関してはチーム・関係者で協議していくようです。亜久里代表も出来るだけ日本人ペアを意向しているようですが、一つ言いたいのは山本であろうが本山であろうが吉本であろうが、今回の二の舞だけは絶対して欲しくないということです。第二の井出選手を出すような事だけは・・・。