GTTAムービー集

    7


ホントすっかり忘れた頃にGTTAのリプレイムービー集がアップされましたね~。
http://www.gran-turismo.com/gtta/timeattack/gt4_replaylist.html
私の記憶が正しければ、ライセンスS-13やディープフォレスト辺りの動画は、ムービー公開のお知らせもなくひっそりアップされていて、最終3戦のリプレイは公開されることなく今に至っているという感じだったと思います。それが遂に全て公開されたという事で、1年参戦した私にとっても記念碑的なページにちょっとした懐かしさを覚えています(笑)。欲を言えば大会ごとのランキング表示もあればなお良かったのにな、って思います・・。ということで早速色々と見てみることにしました。




どうしても見たかったのはYAMさんのコートダジュールでした。あの大会はホントこれでもか!というくらいに徹底的に走りこみました。完璧に走れて46秒8~9台か?というイメージでしたが力及ばず47秒フラットで走り終えました。C.1さんとほぼ同じタイムくらいでしたし、自分の中では結果的に実力を出し切ったと思えて満足できた大会だったのですが、YAMさんの46秒5台には心底驚かされました。いったいどうやったらそんなタイムが出るのか、全く分からなかったです。

最初のT1区間は30.1秒台でしたが、この辺りは私とほぼ互角といった感じでした。登録タイムではここは30.2秒台でしたので若干遅れていますが、30.1秒台も何度か出していましたのでここは問題なかったです(笑)。その後の区間もそれほど差が無いように思えたのですが、ヌーヴェルシケインで明らかな違いがありました。YAMさんは一瞬1速に落としていますね。私は1速から2速へのシフトロスを嫌って2速を使っていた(ステーションヘアピンは唯一1速使用)のですが、1速まで落としてコーナーの進入チョイ過ぎのシフトロスになりにくいポイントですぐ2速にあげて立ち上がっていってますね。この辺りを見ても少し差がついたのかな、って思いました。またタバコ屋コーナーでも私の方のアウト側に若干余裕があるのに対し、YAMさんはアウト一杯まで攻めてますよね。その直後のT2で1'19.171(私は1'19.429)と0.258秒の差がついてます。

最終的に0.504秒の差がついてましたので、0.246秒をT2以降で失っているわけですが、ラスカスコーナーまでは走り的にもそれほど差は無かったように思えました。なのでラスカスで0.2秒以上失っているのでしょう・・。ここでも明らかな違いとしてYAMさんは1速まで落としていましたねー。私は前述通りシフトロスを嫌って2速のままでしたが最終コーナーを立ち上がって111~112km/h地点でシフトアップするポイントを見ても殆ど変わらないので、1速を使って立ち上がる方が速かったのかもしれません。またYAMさんのラスカスの複合コーナーへのアプローチから脱出までのライン取りも無駄なくコンパクトに走ってました。私はアウト側への接触を嫌ってアプローチ時に若干アウトに振って進入してましたので、この辺りでも差が出たのかと思います。

------------------------------------------------------------

なんか、久々にGTTAの解説をして懐かしいです(笑)。最終戦にかけるYAMさんの意気込みと、アイデアを振り絞って走れた、という最後のコメント通り素晴らしい走りだったと思います。

私が個人的にアップしてた画像よりも遥かに高精細な映像でしたので、自分が勝利した3大会(B-16、IA-4、IAパイロンジムカーナ)も存分に楽しませてもらいました(笑)。悔いがあるとしたら、やっぱりフルコースでのTAで勝てなかった事ですね・・。ディープフォレストはイケると思ってたんですが、やっぱりYAMさんにやられてしまいましたし(笑)。