GTHDコンセプト その17

    13



携帯サイトに付きっきりで、更新が疎かになってました・・。
しかし欧州勢(といってもオーストラリア人のholl01さんなので欧州ではないですが・・)のパワーは凄いですね。これだけ次々と更新されていくと、手の施しようがないというか(笑)。何だか、ウイルスに感染して修復しているうちに他の部分が侵食されて・・みたいな気分です(笑)。パっと走ってすぐ更新出来ればよいのですが、既にかなりキツいところまでタイムが上昇してきているので、1車種で数日走らないと更新出来ないような状況になりつつあります・・。
昨晩インテグラで出撃しましたが、15秒4台止まりのタイムしか出ず、T2でのタイムが伸びない悪い病気に掛かっていて(笑)全然ダメでした。一度だけ(毎回言ってますね;;)トンネル出口地点で、YAMさん・trek450さんのセクタータイムを超える走りで到達したのですが、それまでT3付近でやり直しばかりしてたので、高速S字の走り方がその瞬間理解不能になり(笑)、大きくスライドして思いきりタイムロス・・。それが唯一の15秒4台でした;;。即、不貞寝しました(笑)。



インフィニティのことを書くのを忘れてましたので、少し。こちらもholl01さんに抜かれていたので頑張りました。このクルマ、低速で曲げにくい特性ではありますが、全体的に動作もマイルドでピーキーではない分、とても扱いやすく凄い走りやすい車だと思います。高級感が溢れている走りとでもいいましょうか(笑)。

今回T3までで若干ロスしていました。通常29秒0台で通過していればそのまま走り続けるのですが、速い時は28秒9前半とかで通過出来たりしますので、通過速度やシフトタイミングの違いはあるにしろ、ここでまだコンマ1近くは稼げる可能性があります。
今回特に良かったのが、T4後の右コーナーでした。ここの走りはもしかしたら2度と出来ないかも・・と思えるくらいに完璧に決まりました。車速も何時もなら最低91~92km/hくらいまで落ちてしまうのですが、この時は右フロントが例の境目にキッチリとトレースできたお陰で(笑)、車速も95km/hまでしか落ちていなく、そこから加速しながらもインベタでずっと走れました。この時に気をつけるのが、ある地点からステアリングの角度を若干戻す事です。そうしないと加速が鈍り、折角インベタで走れていても最適なトップスピードが得られないからです。この時はそれもしっかり上手く出来て、最高の状態で立ち上がれました。
トンネル後の高速S字は、何時もこんな状態でやってくると概ねミスってオシマイなのですが(笑)、この時はかなり良い感じで通過できました。T7通過時の速度が165~166km/h出てればOKと思って走っていましたが、この時は168km/h出てましたので、ここでもかなり稼げていたと思います。
最終コーナーは若干インに付けていなく、立ち上がりのラインもインにつけていませんでした。ここの進入時のライン取りで、イン側の路面の境目に通すと向きがクイっと変わりますので、それが出来ていれば・・と思いましたが。私自身の別ラップでのセクタータイムと比べてもここで0.05秒ほどロスしていました。しかしタイムが出た時は思わずガッツポーズが出ましたねー(笑)。素直に嬉しかったです。

とはいっても、頑張れば13秒0台は可能性はあるでしょうし、T3のロス+最終コーナーのロスを差し引けば、12秒台突入も可能性ゼロではないと思います。私が出せるか?といえば限りなくノーでしょうが(笑)、理論値的には12秒台はありえる数値だなと、今回のアタックで分かった次第です。