GTHDコンセプト その18

    13



久々にチューンドセリカを走りました。理由は総合2番手になったからです(笑)1位との差はそれほど無かったので、コンスタントにまとめれば抜けると昨晩走ってましたが、思いのほかタイムが伸びず・・。休憩を挟みながらなんやかんやで3時くらいまで走ってしまいました;;。そこで出したタイムが1'05.794。なんとか5秒7台に突入できました。しかし最終コーナーでビビったため、そこで結構ロスしていたので上手くいけば5秒6台もあるかも・・と思ってました。
その感覚が忘れられず(笑)、昼から嫁子供の知り合いが自宅に来ていたこともあり、ここぞとばかりに早速バケットへ向かいました(笑)。そこで1'05.704まで短縮できました。しかしトンネル後まではかなり速かったのですが、高速S字でスライドさせてしまい最終コーナー進入までのトップスピードが伸びませんでした。また、最終コーナーも同じようにビビってしまった為、ここでも若干ロスしているかもしれません。
まあ、それでもここまで出しておけば暫くは安泰だと思っていたのですが、甘かったようです(笑)。





先ほどランキングを見ると、なんと1'05.682が出ているではないですか!。その差0.022秒。今から再度出撃するか悩んでいるところですが(笑)、まずはブログにエントリーしておこうと、いま書いているところです。

まず言いたいのは、現在正式なオフィシャル大会を行っている訳でもありませんし、壁に接触したら何らかのペナルティがある訳でもありませんし、公式サイトにもそのような走りを特に触れている訳でもありませんので、チューンド順送の上位にいる数名のことに関して、とやかく言うつもりはありません。ゲームなんですから、どんな走り方をしようが、その方々が「楽しく」走っておられるのなら、それはそれで良いのではないでしょうかね、とオフィシャル的に言っておきます(笑)。
まあ、リプレイデモで延々とあの走りを日本中のプレーヤーのモニターに配信されている訳ですから、見ている方の想いはそれぞれでしょう(笑)。

昨晩私が走る前にリプレイ(5秒8台の時点)を見ていたのですが、今回5秒682を出された時から走り方を変えてきているようです。それまでは最終コーナーへ210km/hオーバーで突っ込んでいき、そこで壁にブチ当たった反動で空中で車体の向きを変え、そのままフィニッシュラインへ駆け抜けていく物凄い壮絶な走り方だったのですが(笑)、私が5秒704を出した後、その走法だけでは抜けなかったのか、トンネル後のS字で、遂に壁走りまで投入されてきています(笑)。T6時点で0.8秒程あった差がいっきに逆転されている訳ですから、計算はアホらしくてしてませんが恐るべきセクタータイムだと思います(笑)。

この状況、個人的に危惧している事があって(詳しくは書きませんが)、何とかタイム更新しようと私も更に頑張るつもりですが、5秒5台前半~半ばを出されてしまったら恐らくお手上げです。すいません。