GTHDコンセプト その20

    25



昨晩ついに逆走を走ってみました。Chakuraさんが逆走のチューンドセリカを走らされていたので、私もそれに便乗したというのもありますが(笑)、この前まで順走でセリカチューンドをかなり乗っていたというのもあるので、クルマ的にも慣れているだろうと思ったのと、このクルマで走らせておけば今後何に乗っても扱いやすく感じるだろうという安易な発想です(笑)。
しかし、逆走を走ってみて最初に思った感想は、全く新しいコースを走らせているかのような新鮮な感覚でした。当たり前といえば当たり前なのですが(笑)、今まで体に染み込んでいたレイアウトが逆走に変わると、これだけ感覚が変わるものなんだとビックリでした。要所要所で後方視点を確認すると、何時も見慣れたコースが見えるので不思議な感じでした(笑)。まずは周回を重ねて慣れていくことにしようと、ぐるぐると走り始めました。



しかし、一周まともに走れません;;。
特にスタート直後の高速S字がまともに通過できませんでした・・。ここだけでも数十分は走っていたかもしれません(笑)。しかもここは速度が乗る地点なので、若干の減速過多でも大きくタイムに響きますし、逆に言えば出来るだけ車速を落とさずクリア出来れば、それだけタイムが伸びるポイントだろうと思います。概ね10秒1~2台で通過は出来るのですが、一番速かった時で9秒台が出ていたので、ここは極めたいポイントです。走っていてもかなり気持ちいい箇所だと感じました。

トンネルを抜けた直後の大きな左コーナーですが、ここは順走と同じく難しいですね・・。セリカだとグリップで通過させようとすると、どんどんアウトに逃げていくような挙動で、またコーナーも出口がキツイ形状なので、インベタで行くと立ち上がり速度が稼げないと思われますので、ダブルクリップを通過するように、進入でアウトにはらみつつ減速し、そこからインに向かって通過するのが良いと思われました。しかしグリップだと何度やってもアウト側のダートに全タイヤ脱輪してしまいます。逆走の走り始めとして、まずはコース内に留まった上でどこまでタイムを出せるか、をやってみようと思ってましたので、この区間だけでも相当トライを繰り返しました。
今現在の結論としては、アウトにはらみつつリアを若干スライドさせ、そのままドリフト状態でコーナー後半区間を通過し、脱出するという感じでしょうか。車体のスライド量はコーナー出口から伸びるストレートの向きに出来るだけ合わせてやれば、加速時のロス(ホイールスピン)が抑えられますので、これが一番良いと思います。が、その車体姿勢を作るのと維持するのが、かなり難しかったです。

ストレート後にやってくるのが、スパのオールージュ ミニ版のような(笑)コーナーです。ここは減速ポイントを間違えるとすぐに終わってしまいますので、気持ち早めのブレーキング開始で良いかなって思いました。そして急激に右へ上っていくのですが、さすがにあれだけの上り勾配なので、思い切りリア荷重が掛かるのか、アクセルオンのタイミングさえ間違わなければ比較的スムーズにグリップを生かして立ち上がれます。
しかしこの後の左コーナーがまた難しい。ここはスライドさせてクリアしたいところですが、それをやってしまうとどうしても加速が鈍ってタイムがかなり悪くなりました。私の走り方が悪いのかもしれませんが、昨日走った感じでは、クリップを通過した後もアクセルを我慢して、立ち上がりに無理が無いポイントまで来たら一気にフルアクセル(グリップを最大限生かして)して立ち上がるのが、一番良かったように思えます。ここもアウトへ抜けた地点がいやらしい形状をしているので、立ち上がりが僅かでも早いと、ダートにはみ出してしまうか、それを回避させようとリアが滑ってロスといった状況に陥りやすいです。

その後の右コーナーは、一番最難関に思えます・・。ブレーキが遅れるとアンダーでアウト側へ一直線です(笑)。なので感覚よりかなり早めにブレーキングするのですが、コーナーが奥に行けば行くほどきつくなるので、コーナリング中にちょっとでもアクセルを踏みすぎると、直ぐにプッシュアンダーでアウトへはらんでいきます。そうなると次の左コーナーが一気に苦しくなるので、出来るだけゆっくりとインベタで回りたいところですが、その速度調整が上手くいかずガクガクとしたスムーズじゃない走りになってしまいます・・。ここは要練習ポイントです。
その直後の左は比較的一定のRを保っているので、フロントタイヤを境目に通せばスムーズに曲がっていってくれます。直後にストレートが待っているので、出来るだけ早めにアクセルオンできるようなライン取りが重要だと思います。

ストレート後に最終コーナーがありますが、ここもアンダーが出やすくブレーキングポイントが遅いと直ぐに壁へ一直線です・・。進入はゆっくり入って、リアを流しながら曲がっていってクリアするのが速そうですが、ここもアクセルワークがかなりシビアです。ちょっとでも踏みすぎるとスライドしすぎてしまいますので、その後の切り替えしで収まらなくなりタコ踊りになってしまうこと数え切れず(笑)。フィニッシュラインでは150km/h以上で通過できるように立ち上がり重視でリアのグリップと相談しながら立ち上がりたいところです。

-----------------------------------------

そんなこんなで昨晩は、友人のイレギュラーな電話相談等で走行中に2時間近くも何度も中断・走行を繰り返していたので、遅い時間まで走った割には身についてません;;。
タイム的には6秒台に入りましたが、後半セクションで結構ロスが多いと思うので、まだまだ走りこみが足りませんね・・。でも、初逆走を試してみて、順走には無い面白さが感じられた1日でした。これからも積極的に逆走も走っていこうと思います。