2007年 F1 スペインGP

    12



琢磨8位ですよ!!スーパーアグリF1チーム初ポイントですよ!!(笑)。
いやー皆様お久しぶりです。風邪も大分良くなってきました(まだ咳は出ますが・・)。昨晩は最高でしたね!!。遂にスーパーアグリF1チームがポイントゲットしました!。琢磨が殊勲の8位入賞です!。今年は開幕3戦でポイントを取れなかったら厳しいと思っていたのですが、今回は上位陣のリタイアもありましたし、何といっても最終スティントのフィジケラとの攻防が最高でした。ピット出口からフィジケラが見えた瞬間は「ダメか・・」と思いましたが、トップスピードで駆け抜けてきた琢磨が1コーナーでかわした時は興奮でした;;。後は順位キープで逃げ切るだけですが、心臓バクバクものでした。そしてかなり心配した琢磨の凡ミスも無く(笑)、8位チェッカーを受けて、ピット前でスタッフの大声援を受けながら、両手で何度もガッツポーズ、マシンを左右にスライドしながら喜びを表現する琢磨に、こちらこそテレビの前でもガッツポーズでした(笑)。



予選では地元アロンソのポールを阻んだマッサが貫禄の3戦連続ポール。今回ゲストで来ていたミハエルも喜んでいた事でしょう。最近定位置になってきたライコネンと、TOP4の常連となったハミルトンでセカンドローまでを占めた結果に。ここバルセロナはテストであれだけ走っていることから、マシンのバランスを見る上で最高のサーキットレイアウトなんだと思います。だからこのサーキットで速いクルマは年間通してどこで走っても速いと言われる所以でしょう。ベンチマークとしては最高のサーキットだと思いますし、そういう観点で今回は見ていました。
惜しむ点は最終コーナー手前のシケイン設置ですね。あのシケインのお陰で最終コーナーへの高速アプローチがなくなりましたし、1コーナーでのオーバーテイクが殆ど不可能になってしまったようですね。今年のマシンデザインは昨年よりも後方気流の影響を受けて抜きにくくなっているのに、こうやってオーバーテイクポイントを潰してどうなるんだと思いますが・・。今回もコース上でのオーバーテイクは殆ど無かったのではないでしょうか。

しかし今回のスペインGPは見所満載でしたね。
スタートでは予選6位だったトヨタのトゥルーリがストールしてピットスタート。その後結局燃圧の問題からリタイアと非常に勿体無かったですね。今まで2台とも全戦完走・ポイントゲットしていたトヨタだけに、今回は良いところへいけると思っていたでしょうし、勿体無かったです。

スタートでの1コーナーはアロンソとマッサの激しい攻防。先ほども言いましたが今年は更にオーバーテイクが難しくなっているので、1コーナーで先頭になったものが優勝できる可能性が非常に高い形になってます。なので今年のレースは「1コーナーを制したものが勝てる」と言われているのです(味気ないですが・・)。それを良く分かっている2人は接触しながら1コーナーへ。結局アウト側にいたアロンソが弾き出される結果に。この時点で勝負有り!だったでしょうか。マッサは何時もの逃げ切りパターンで連勝。途中ピットイン時に炎を吹きながらスタートするといったヒヤっとしたシーンもありましたが(本人は気づいていなかったらしいです)、ポール・ファステスト・優勝と完全勝利です。マレーシアで見せた失態はこれで帳消しどころか、今シーズンのフェラーリはマッサ優位で運営していく可能性が非常に高まったといえるでしょう。

運が無かったのはライコネンでしょう。今回はフェラーリには珍しいマシントラブルでリタイアです。マクラーレン時代といい、彼はやはり悲運のドライバーになるのでしょうか。速さは疑いの余地は無いのですが、ワールドチャンプに絶対必要な「運」の要素がどうしても無いように思えます。ポイントランキングでもまだ挽回の余地は十分ありますが、予選の速さといい、どうもフェラーリのマシンをまだ自在に扱いきれていないのか、自分に合ったセッティングが出ないのか、ちょっと状況は穏やかではなさそうな気がします。

マクラーレンの2台も対照的でした。アロンソは母国大声援を受けて勝つ気マンマンだったと思いますが、1コーナーで全て泡となりましたね・・。バージボード辺りを破損していたようですし、マシンバランスも悪かったのでしょう。記者会見でも言ってましたが、ライコネンがリタイアしなければ表彰台にも乗れていなかっただろう、というのは率直な感想だったと思います。マッサとの接触を何か言いたそうな雰囲気が感じられて、微妙な空気感のある上位3名記者会見でした(笑)。

変わってハミルトンは、優勝こそなけれどこれで4戦連続表彰台。そしてポイントランキングのトップに躍り出ました。誰がヨーロッパラウンド開幕で新人がポイントトップに立つと予想したでしょうか。CSでも触れていましたが、現行のポイント制度では2位でも8pt入るので、優勝が無くてもチャンプになれる可能性は十分あります。現時点での結果がそれを物語っています。ただそれでは本人も納得しないでしょうし、彼が今年勝つチャンスが訪れるのは間違いないでしょう。その時にそのチャンスをしっかり掴めるかで、グレーテッドドライバーとして将来歴史に名を残していくか分かるのではないかと思っています。しかし彼なら大丈夫だと思えてしまいます・・。

好調BMW勢はハイドフェルドにとんだ凡ミスを発生させてしまいましたね。3戦連続4位と最高の成績を残していたのに、今回はピットで足をすくわれる結果に・・。ピット作業を見ていましたが、右フロント担当は一度ナットを締め終えてインパクトレンチを抜いて、手で確認したところ恐らく締まっていなかったのでしょう(恐らくインパクトレンチの回転方向が逆だったのではないかと)。そこでもう一度インパクトレンチを差し込みましたが、ロリポップがそれを見ていなかったのでしょう。危ない!と思った瞬間にマシンは動き出しましたので、タイヤこそ外れませんでしたが、1991年ポルトガルGPのマンセルを彷彿させるシーンになりました。本来ここでメカニックが直ぐにマシンを戻すなりしなければいけないし、直ぐにできなくてもそれを行う旨のジェスチャーを示さなければいけないのに、放置状態でしたよね・・。仕方なくハイドフェルドはナットが外れたマシンで、1周走り再度ピットイン。再スタートしたものの、その影響からかリタイア。ハイドフェルド曰く3位も可能だったといってますので、非常に勿体無かったと思います。

ホンダは、ほんの少し上向きのキッカケを掴んだレースだったのではないかと思います。予選では今年最高位でしたし(といってもSAF1より遅いですが)、決勝もこれまでよりはマシではなかったでしょうか。でもホンダのイメージからして、中段でウロウロしているようなレースはあまり見たくないですよね。バトンとバリチェロの接触もあったりで、手放しで喜べる結果では勿論ありませんが、シーズン中盤で噂されているBスペックマシンなどにも期待を膨らませて応援したいと思います。

ルノー勢はコバライネンがまさかの3ストップ作戦。スティントごとのラップタイムは上位陣のタイムより速かったので、どんどん順位を上げていきます。しかしフィジケラは途中でホンダに引っかかって、かなりロスしていたのではないかと思います。そこで2度目のピットストップで燃料を僅かに入れての超ショートスティントに。結果ここで予想外に好調だったコバライネンの作戦と同調させて3ストップに変更した訳ですが・・。

---------------------------------------

そういった流れの中、琢磨が見事8位入賞に。これらを見ると、運がかなり要素を占めていると思いますし、上位陣のリタイアが1つでも無ければこの結果はありませんでしたが、それらも含めて実力と言ってしまうのがF1の世界。フィジケラが3ストップに変更し、差をどんどん広げている間にピット更新で、燃料給油だけでタイヤは交換しないと言う内容を川井ちゃんが報告していたので、ヘタすればヤラれると思いました。しかしピットインでは4.8秒と思ったより遅かったですよね(川井ちゃん曰く3秒台可能と言ってましたので)。あれが勝負の分かれ目だったでしょうか。ピットストップで1秒速かったとしたら、ギリギリでフィジケラが順位キープしていたかもしれません。まあそうなると琢磨が2コーナーのインになるので、ヤバい事が起こっていたかもしれませんが・・。

何はともあれ、琢磨はフィジケラを抜いた時、涙で視界が悪くなったと言ってましたし、参戦2年目でポイントゲットという素晴らしい結果に、亜久里代表はじめ、SAF1スタッフ全員が最高の瞬間だったのではないでしょうか。今シーズンはフェラーリ・マクラーレンの2強+BMW、そして中段グループにルノー・トヨタ、といったチームが強いので、ポイントゲットはかなり難しいと思いますし、今回のような荒れたレースでモノに出来たというのは非常に大きかったと思います。デヴィッドソンは11位完走と良い走りでしたが、それよりもポイントゲットを喜んでいましたよね。イギリス人にしてはこういう日本人的な姿勢がホント好感をもてます。ホンダで長い間仕事をしたからでしょうかね(笑)。「次は僕だといいね!」と最後に言ってましたが、彼には本当に良い結果をもたらしてあげて欲しいと思います。

現実的な話をすれば、これでコンストラクターランキング10位以内は確定と言っていいでしょうから、FIAからテレビ放映権の分配金と輸送費補助はゲットですよね(笑)。亜久里代表も今までは金策で相当苦労されていたでしょうし、来期からこのお金だけでも数十億はあるでしょうから、心労的にもかなりラクになるのではないでしょうか。

あとはカスタマーマシン問題がどうなるか、それだけです。