2007年 F1 カナダGP

    8



カナダGPはサーキットの特性上、荒れる時はかなり荒れるレースとなりますよね。ラスト数周で止まったセナ、パニスの大クラッシュ、アレジの初優勝など色々と巡ってきますが、今回も近年まれに見る大荒れのレースとなりました。眠い目をこすって見ていて良かったです。
北米ラウンドは日本との時差が大きく、レース開始が深夜2時と毎年辛い時間に放送します(去年も同じような事言ってましたが)。なので録画放送が主体の地上波も北米ラウンドは生中継を行いますので、月曜仕事の方は普通見ない時間帯だと思いますので(私のようなリアルタイム観戦じゃないと気がすまない人は別として(笑))、あえて内容は続き以降に書く事にします。まだ見ていない方は、続きを見ないようにして下さい(笑)。録画したものを先に見てからお願いします!。


決勝内容は全て把握しきれない程大荒れ展開でした。セーフティカーは合計4回は出たでしょう。ランオフエリアが無いコーナーも多々あり、少しラインを外すと即クラッシュするというコースだけに、アクシデントが多発しました。その中で終始安定したラップを刻み、恐らく数少ない当初のルーティンピットワークのままで完走したと思われるハミルトンが全く危なげなく遂に初優勝!。全戦表彰台の記録は継続したまま遂に頂点に立ちました。そしてアロンソはタイヤに問題があったのか、終始不安定な走りに加え、SC中の給油でペナルティを受け、結果7位。ポイント差が8PTに広がり、ポイントランク単独トップにハミルトンが立ちました。この後のイギリスGPはどうなるのか、物凄い盛り上がりになる事は間違いないでしょう。バトン人気が完全に移行したといっても過言ではないでしょう。CSでも言ってましたが、20勝30勝としていく偉大なドライバーになるであろうハミルトンの最初の1勝となる今レース、彼の喜びようやレース後の初々しい仕草など、目に焼き付けておきました。

フェラーリは北米ラウンドで復調すると思っていましたが、まさかの展開となりました。終始ペースもマクラーレンより劣っており、挙句の果てにマッサはピットレーン赤信号無視でブラックフラッグ・・。ブラックフラッグなんて久しく見ていなかったので、この厳しいペナルティにはビックリでした。同じペナルティでフィジケラもブラックフラッグとこれだけでも大荒れです(笑)。ライコネンも結果5位でしたがペースは良くなかったですね。

BMW勢はハイドフェルドが素晴らしい走りで2位表彰台。苦労人だけに今回のレースはホント良かったと思います。ただ対照的にクビサが大変なクラッシュを起こし、一時はかなり心配したのですが生命に別状は無かったということが本当に良かったです。トゥルーリと接触しフロントタイヤが浮いた状態でコンクリートウォールに激しく当たり、マシンがバラバラになって止まりました。1994年サンマリノのバリチェロのクラッシュを彷彿させる激しいクラッシュでした。クビサは自力で脱出する気配を見せず、その後ずっと国際映像に映らなかったので(アメリカでは特に生命に関わる重大事故発生時はカメラを映さない風潮のようなので)、それが気になってかなり心配しましたが、生命には別状なく足の骨折で済んだようでした。しかしダメージ的には相当期間レースは不可能でしょうから、今後はヴェッテルが暫く乗る事になると思います・・。BMWザウバー勢にとっては悲喜交々、複雑なレース結果だったでしょう。

追記
クビサの怪我は軽い脳しんとうと右足首捻挫の軽傷だったようです。第一報より軽かったようで良かったですね(次戦出場は分かりませんが)。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000102-ism-spo

-----------------------------------------

さて!
我らがSAF1チームですが、やりましたね!。琢磨が殊勲の6位入賞。



この結果は数値的にも最高でしたが、視覚的にも最高だったと言わざるを得ません。残り10周でラルフはおろか、ワールドチャンプのアロンソをオーバーテイクしたのですから!!。琢磨は以前からファイト溢れるオーバーテイクを見せて世界を魅了してきましたが、その反面接触やアクシデントも多く、批判も多かったと思います。しかし今回のレースでもそうですが、琢磨が魅せるオーバーテイクはレースを活性化していると思いますし、近代F1で失われつつあるコース上の追い抜きを見せてくれる数少ないドライバーの一人だと思います。そして今までと決定的に違ったのは、今までなら「いける!」と思ったポイントで相当なリスクを負ってオーバーテイクを仕掛けていましたが、反面ミスも多くチャンスを逆に失うことも少なくありませんでした。
しかし今回は確実にいけるポイントで万全に抜いていったというところでしょうか。1コーナーなど数多くのコースアウトがありましたが、そこでラルフを追い抜く事をせずに(かなりいけそうな場面もありましたが)、無理をしなかったという点が物凄く印象に残りました。今までの琢磨なら、あそこでブレーキング勝負してコースアウトとかかなりありえそうでしたから(笑)。やはり安定して走る事の大事さをSAF1で相当学んだんではないかと思えるような走りでしたし、確実いけるところでミスなくズバっとオーバーテイクしていったのは最高でした。

ラスト10周ではバリチェロがSC後にピットに入らなければいけなかったので、8位に上がるのは確実でしたが後ろにはウェバーもいますし安泰ではないなーって思いましたが、唯一ハードタイヤを履いていた琢磨はペースが素晴らしかったですね。ラルフを抜くまでは8位でも良いから慎重に・・って感じでしたが(笑)。ラルフをオーバーテイクして7位にあがった時も手を叩いて喜んだ私ですが、その後王者アロンソにあっという間に追いつき、まさかこんなシーンが見れるとはおもいませんでしたが、最終コーナーでスリップから抜け出しアウトからブチ抜いていったときは、明け方4時前にも関わらす、大きな声で「いけ、いけ、よっしゃーーーーーーーーーー!!」と手を叩きながら叫んでしましました;;。その後ライコネンとの差も詰めてましたがそこまでは流石に届きませんでした。でもあと数周あれば恐らく抜いていた可能性は大きかったと思います。

さてここで、SC中にピットに入った琢磨でしたが、現ルールではSCコースインのアナウンス後は、ピットレーンオープンまで給油をするとペナルティとなります(今回アロンソとロズベルグが適用され10秒ストップペナルティを受けました)。あの時琢磨は、給油を行わずに一旦ピットアウトさせ、給油OKのタイミングになってから再度ピットインさせましたが、このピットインタイミングがミスだったと悔やまれる方もいると思います(その時点で実質4位でしたから)。しかし結果的にはあれが正解だったと思います。
もし給油OKな場面でピットインしていれば、ピット回数は1回少なくて済みましたし、その時点での順位は上手くいけば表彰台圏内だった可能性もあります。しかし忘れてはいけないのが、今季タイヤルールなんですよね。ソフトとハードを必ず履かなければいけないので、最終スティントではソフトタイヤで走る形になっていたはずです。ただ、ハミルトンを除いて軒並みハードタイヤより明らかにペースが落ちていた各車を見ると、あそこでソフトだった場合大きくペースを落とし6位以下に下がっていた可能性が大きいと思えます。ましてや4回目のSCが入りましたので、後続との差はありませんでしたから。

ピットでは給油するのかどうか迷っていた雰囲気がありありと感じられ、ピットアウト後にはメカニックが地面を叩いて悔しがるシーンも見受けられましたが、そこでソフトタイヤを履いて出た後、ピットオープン後にすぐハードタイヤに履き替えた事で、ソフト・ハードをどちらも履くというルールを実行した事になりますし、あそこで給油していたらペナルティを食っていたので、ソフトタイヤのまま再度ピットインしなければいけなかったと思います。この時点でポイント圏外になっていたことでしょう。
あのタイミングでのピットインは恐らく作戦ではなく偶然のタイミングだったと思いますが、よくあそこで給油をせずソフトで送り出し、再度ハードタイヤへ交換する為にSC中のピットオープン後に直ぐ入れたと思います。見た目の順位は大きく落ちましたが、あの一連の流れは結果琢磨の6位を大きくたぐりよせたと言っても過言ではなかったと思います。勿論ブルツが3位になったということからも、タイミングや運があれば可能性があったことは言うまでもありませんが、それでも2度目の入賞、しかも6位3ポイントを得た事はとてつもなく大きかったとおもいます。これは前述のピットインのタイミングや流れが大きいのもありますが、何よりコース上で琢磨がノーミスで走りきった事もとてつもなく大きいですよね。そして終盤のラルフ・アロンソをオーバーテイク。琢磨のF1ベストレースといっても良いくらいの内容だったとおもいます。国際映像があれだけ映していた事からも分かると思います。

余談ですが、デヴィッドソンは動物をはねてしまったみたいですね。それで緊急ピットインして、誰も居なかったというのが真相だったようです。レース後コメントで「ビーバーに関しては残念でした」って言ってましたね・・。彼は今回もツキに見放されてましたが、いつかはポイントを取って欲しいです。

-----------------------------------------

長くなりすぎるのでこの辺りで(笑)。
次戦はアメリカGP。琢磨の思い出の地でのレースですね。マシンの調子は決して悪くないと思いますので、また期待できそうな予感がします。また寝不足になると思いますが、必死で見たいと思います。