だんだんヤバい事に・・。

    22



先日新しいPCを組んだ事をお話したと思いますが、その続きを・・。
組んだ直後から悩まされていた画面のブロックノイズ。それが出る時もあれば出ない時もあったりとで、かなり悩みました。しかしVGA関連がおかしいのは間違いなさそうだったので、VGAカード(Radeon9800Pro)を別PCに繋いで試してみたところ、同じようにブロックノイズが・・。そのサブPCのVGAカード(Geforce4200Ti)を新たに組んだPCに繋ぐとノイズのノの字も見えません(笑)。明らかにRadeon9800Proが物理的に壊れているのは明らかです;;。新たに組む前に後付のVGAファンを取り外して掃除したりしていたので、ファンを再度組み込む時にコアかその他部品にダメージを負わせてしまったとしか考えられません。毎回静電気には気をつけてますし、ファンを圧着固定する時も非常に気を遣って組みますので、信じられませんが現実です(笑)。こういう事は毎回スムーズに運ぶ私なのですが、今回は何という失態でしょうか。ちょっとショックでした・・。
このままではどうしようもないので、サブPCのVGAカードをとりあえず装着した状態で、VGAカードを探す事に・・。


本来PCでゲームをやる事はここ数年全くありませんでしたので、はっきりいって映れば良いくらいに何でもよかったのですが、9800Proより劣る性能というのは個人的に許せなかったので(笑)、色々と調べました。調べていくうちに、ここ最近のローエンドでも遥かに性能は上っぽいです。しかし、どうせならもうちょい上の奴を・・と考えてるうちにどんどんと欲が出てきて、気がついたら性能の良いカードばかり調べている自分(笑)。
結局電源容量の事やコストパフォーマンス、そしてVistaを再度使おうと思っていたのでDX10対応するカードが良いかな?と思い、最終的にサブ電源の要らないGeForce8600GTを購入する事に・・。これでも当初の予定より遥かに高性能なカードになってしまいました(笑)。ネットしか使わないのに要らんのでは?と葛藤したことしきり(笑)。

カードは決まったのですが、私が今回の構成で買ったマザーはいわゆる変態マザーといわれる4CoreDual-VSTAだったのです。AGPとDDR1が使えてデュアルコアCPUが対応という異色な構成を可能にしてくれるのですが、AGPカードが壊れてPCI-Eカードに変更した今、元々DDR2メモリを購入したのがキッカケで始まった今回のPC組み換え・・。このマザーの存在意義が完全に無くなっていました(笑)。
オーバークロックもマザー自体の耐性も良くなく、2.5GHz以上は結構不安定だったというのも気になりだし、結局マザーも買い換える事にしました(笑)。運よくこのマザーを欲しいという知り合いが居たので、殆ど買値で売れたというのも大きかったです(笑)。で、結局マザーはIntelのP965チップセットのマザー(Gigabyte GA-965P-S3)を買いました。そして電源も何だか不安になったので、結局530Wの電源も別途購入(笑)。完全に総入れ替えになってしまいました;;。

パーツが届き早速組んでみる事に。動作は勿論バッチリでした。OSはVistaとXPのデュアルブートで構成し、万が一Vistaで動かないアプリがあったとしても安心です。ある程度安定してきたところでCPUクロックを上げていき、最終的に3.0GHz(333*9)で安定動作。メモリタイミングもBIOSで詰めていき、今までの環境からは別次元のような快適性になってしまいました。ベンチマークも一通り計測し満足な数値に一安心です(笑)。

------------------------------------

ここで終わるのが普通なのですが(笑)、折角高性能なPCなので何かゲームでもやってみたいな、って思ってました。やるならやっぱりレースゲームだろう!と。そんな時に青葉緑さんのブログでGTR2の記事を見ていて、コレ面白そうだなーって思ったので、色々アドバイスを頂いた上でデモ版を試してみる事に。

感想は青葉緑さんのブログで色々書いたのですが、かなり難しい・・。まともにスピンせず1周走らせるのも困難な感じだったのですが、それ以上に辛かったのがプレイ環境です。元々PS3もGTHD専用となっているので、コクピット環境も完全固定状態にしていたので、GTFPを取り外すだけでも大変でした・・。配線がテレビの裏とかに隠して這わしていたので、それを抜くのにテレビを動かさないといけないくらいの状態です(笑)。何とか一式を取り外してPC前に設置完了しました。ただペダルを置く位置が難しく固定も出来ないので、足がツリそうに・・。
仕方なくバケットシートを移動させてPCの前に置いてみたものの、今度はバケット分着座位置が高くなるので、足のスペースが無くなり、ヒザも曲げられない状態に(笑)。仕方なく後ろに移動させ足を真っ直ぐ伸ばしてプレイしてみるものの、やはり足がツリそうに(笑)。これではちゃんと走れないのも無理はありません;;。

これでは快適にプレイすることは困難だな・・と思い、どうしたものかと悩みました。毎回PCで走る時にこれだけの移動をさせるのは大変ですし、現在もGTHDCを継続プレイ中だからまた元に戻さなければいけません。余計に機器移動が多くなる事を考えると、かなり嫌になってきました。メンドクサがりな私には到底耐えられない状況です(笑)。

そこで考えた方法は、「PS3で使ってるテレビにPC画面が映せたら・・」という事でした。それならGTFP類の機器は常時固定でOKですし、何より大画面で出来るのが良い!!(笑)。
ただ私のテレビは中古で手に入れたD端子すら無いハイビジョンテレビ。コンポーネント端子(Y・Pb・Pr)に変換しなければいけません。GeForce8600GTはDVI出力は元々2つ付いているので、1個はPC、もう1個はテレビといった感じでいけるかなと。ただ、DVIをコンポーネントに変換するケーブルが探しても全然ありません。唯一サンヨーからプロジェクター用?のDVI→コンポーネントケーブルというのが過去発売されていたのを見つけましたが、そのケーブルを調べてみてもどうやらプロジェクター専用っぽく、過去にそれを使ってDVIからPCに繋いだという人の記事を見ても、映りすらしなかったらしいので、お手上げでした。DVI→D端子やDVI→HDMIなどは幾らでもあったので、折角HDTV出力のカードなのにHDMI端子とか付いたテレビじゃないと意味無いんだな・・て思ってました。
が、そこでふと思い出しました。「あれ、そういえばVGAカードの箱の中にへんな黒いユニットみたいなのが入ってたな?」って・・。

自宅に帰って速攻調べてみると、な・なんと(笑)。
カード背面のDVI端子の横にS映像出力みたいな端子が付いていたのですが、ただのS端子で繋ぐコンポジットのテレビ出力だろうろ思って気にもしていなかったのですが、それが実はHDTV出力端子で、そこに繋げるコンポーネント出力(Y・Pb・Pr)用変換ユニットがカードに同梱されていたんですよ(笑)。小躍りして喜びました(笑)。

早速テレビに繋いでスイッチオン。ぬおおおおおおお!映ってるじゃないですか。ブラウン管なので細かい文字こそははっきり認識できませんが、ちゃんと1080i表示(1920*1080)で出力されています。PCモニター上でマウスを右へもっていくと、テレビ上で左側からマウスが出てきます。あとはどうやって横のテレビにゲーム画面を表示させるのだろう、と考えつつGTR2デモを起動。しかし不正なエラーが出て何度やっても起動すらしません・・。どうやらデュアルにしていると起動しない感じです。なので、一旦PC上でウインドウモード等で立ち上げたあと、テレビをデュアル設定にして、そっちのウィンドウに持っていったらどうだろう?と考えましたが、テレビを映る設定にした途端固まってしまいます・・。またまた難題に直面してしまいました・・。

どうしたもんだろうと、設定を色々見てたらデュアルディスプレイの設定に「左右別々のデュアル表示」にするか「左右とも同じ画面のクローン表示」にするかを設定する項目を発見。クローン表示にして起動させてみたら、なんと完璧に立ち上がりました!!。









接続方法としては、PCのフロントUSB端子にGTFPと2台目のキーボードを接続、音声はフロントヘッドフォン端子にテレビ裏のRCA音声入力から変換させたステレオミニジャックを繋ぐといった形です。これで音声は繋いだ時だけテレビから出力されますし、GTFPやキーボードはPS3環境そのままでUSBをPS3からPCに差し替えるだけでOK、というまさに「面倒くさくない環境」である、思い描いていたスタイルが完成しました(笑)。強いて言えばマウスは別途必須なので、近々購入しようとおもっています。

ゲームの解像度も始め何も考えずに画面を見て感動してましたが、妙に横に伸びてましたので設定を見るとちゃんと1600*900というアスペクト比16:9になる設定もちゃんとありました。これで再度起動すると、PC画面上では1600*1200のモニターなので左右に圧縮されたような映像になりますが、テレビ画面上では比率正しいちゃんとした画面が出てきます。画質も予想していた以上に綺麗に表示してくれますので(1080iでPS3と同等ですから当たり前ですが)、写真映りは悪いですがゲーム内の文字等の認識は全く問題ありません。5000円で買ったボロいテレビがここまで活躍してくれるとは購入当時夢にも思いませんでした(笑)。

ここから喜んでプレイしてましたが、やはりGTで慣れ親しんだ環境でプレイすると全然違います(笑)。難しさは変わりませんが、前よりも明らかにスムーズに操作する事が出来るようになり、コレはかなり楽しめそうです。ただGTFPのフォースフィードバックが全然無かったので、色々調べていたらPC用のデバイスドライバを入れなければいけない事に気がつき、それをインストールしてみたところ、凶暴的とも言える程のFFBで焦りました・・。エンジンが掛かった状態で止まっていても、アイドリングを表現しているのか微妙にカタカタと震えています(笑)。走行中は凄まじく重く激しく振動するので、生半可な台だとマトモにプレイ出来ない感じです。

結局その後GTR2や別途DLしたLive for Speedデモ版とかで遊び倒し、気がついたら明け方5時で焦りました(笑)。









安いなーって思って対応マザーも無いのに買ったDDR2メモリー。それが結局こんなところまで行き着く事になるとは;;。GTR2デモ版が面白くて、プレイ環境さえ何とかなったら製品版買いますよ!って青葉緑さんに言っていたので、約束通り先ほど注文しておきました(笑)。GT5が出るまで、GTHDCのTAに疲れたら、こちらでオンライン対戦などして息抜き出来そうなので、今から楽しみです。

それにしても眠いです・・。