GTR2プレイ記2 Enna

    10



今晩はどうしてもGTR2がやりたかったので、早速深夜鯖に入る前の練習から始めました。コースはEnna Pergusa GP 2003というところなのですが、当然の如く走った事がないので(笑)、JOIN前に30分ほど走りこみました。ストレートをシケインやS字コーナーで挟んだようなレイアウトで、昔のホッケンハイムやシルバーストーンを彷彿させるコースです。なんとなく感覚が分かってきたので、10分前からログインしてサーバーが立ち上がるのを待ちます。今回もBMW M3 GTR ChallengeというクラスなのでModが必要なのですが、前回見事にフリー走行開始後に落ちてしまったので、今回は果たして最後まで走れるか、結構気になりました。部屋が立ち上がったので早速IN。皆さんに挨拶を済ませて、さあフリー走行です。


フリーではまあまあ良い感じで走れて、30分走行でトップ10圏内に食い込みました。ただ、毎回そうなんですが、予選タイムはフリーよりも圧倒的に周りの皆さんが速くなりますので、これで安心していてはいけません・・。予選は15分なので、あまりミスは出来ません。ガソリンは3周分くらいにして予選セッティングにて出撃です。今回の予選は良い感じで走れていたのですが、なかなかクリアラップが取れませんでした。アウトラップから計測周回に入ると、どうしても引っかかってしまいました。その時点で予選10位前後くらいだったかと思います。

残り6分くらいで再度ピットアウトして走行開始。計測周回に入ったときに前の車が全くいないクリアラップになりそうでしたので、気合入れて攻め込みました。そこで、1:36.021が出て終了。なんと予選6位で終了しました。トップの方は34秒9台でしたので差は1秒近くありましたが、今日初めて走ったコースでこの結果なら、とかなり満足しました(笑)。しかし決勝でのスタート順位は何故か5番手に繰り上がってました。誰かがリタイアしたか回線落ちでもしたのかもしれません。しかし、これは怖いことになったと思いました;;。もう目の前はセーフティーカー先導でトップグループのすぐ後ろです。スタートでエライことしてしまったらどうしよう・・とかなり緊張してました(笑)。しかしここまできたらヤルしかないと気合入れてスタート開始を待ちました。

ここから写真と併せて実況します(笑)。





5番目に見えるADVANカラーのクルマが私です(笑)








スタート前の緊張時・・。








フォーメーションラップの際にタイヤやブレーキを暖めないと、スタート後にかなり走りにくいので必死でタイヤを暖めるべく、ステアリングを左右に切りまくって暖めるのですが(これやってちゃんと暖ってるのかは不明(笑))、それをやりすぎて、コントロール不能になりガチャン・・・;;。








いきなり壊れてしまいました;;。足回りには影響が無かったので一安心でしたが、後ろの方に目撃されているでしょうから、かなり恥ずかしかったです・・。








セーフティーカーがピットロードに入り、シグナルグリーンでローリングスタートです!。








1コーナー争い。台数も多く(28台)非常に危険なので、かなり慎重に走りました。結果2台に抜かれて7位まで落ちてしまいました・・。








さあ、ここからどこまで走りきれるか。








このS字で1台スピン。縁石の上で亀の子状態になっておられました(笑)。これで6位浮上。








昔のホッケンハイムを彷彿させるタイヤバリアが並んだシケイン。非常に危険なコーナーで、当たるとクラッシュして終わってしまいます。そのくせかなりのハイスピードで通過できるのでタイム短縮には、ここを気合入れないといけないです。








5位のクルマがミスしたのかテールトゥノーズに。しかしここでは抜けませんでした・・。








良い感じで走っていたのに最終コーナーでミスしてダートにはみ出てしまいました。これで8位まで転落・・。








これで気が萎えてしまうと完走できないと思い、もう一度気持ちを切り替えて攻めていきます。








前でタイヤバリアに接触したのか、一台クラッシュしていました。これで7位浮上。自分も気をつけないと・・・。








今度はS字立ち上がりでリアが滑ったのか、アウト側にはらんでガードレールに接触し、加速が鈍った前車発見。その横を通過し難なく6位浮上。








1コーナー先でまたもやクラッシュ。タイヤが飛び散った派手な事故でした。この横を難なく通り過ぎ5位浮上。まともにオーバーテイクしていないのに順位だけどんどん上がっていきます(笑)。これはサバイバルレースになるな、と思いとにかくゴールまでクルマを運びたいと意識し出しました。








ここでリアが大きくスライドし、完全ドリフト状態に・・。いつもならこのままスピンして壁に当たって終わり・・といったパターンなのですが(笑)、ここでは何とか踏みとどまりました。怖かった;;。








ブレーキング痕を派手に残しながらコースアウトしているクルマを発見。こちらも難なく抜いてついに4位に・・。夢か真か、手に変な汗をかいてきました;;。








3位のクルマはこの位置です。タイム差2秒くらいの攻防が数周続きました。付かず離れずの感じです。ミスしたほうが負けといった感じでしょうか。私もがんがん攻めてました。これが最悪の結果を招くことに・・。








例の危険な高速シケイン。ここの通過速度でタイムが変わるのは間違いないので、どんどんと際どい走りになってきました。さあ進入です・・。








ん?ラインがいつもと違うぞ・・。ちょっとやばいかも・・。








やってもうた・・・(笑)








ああ、上位入賞が・・・;;








最後にグサっとささりました;;。








足回りに重大なダメージを負ったようで、走行不能に。リタイアです・・。








これでレースは終わってしまいました。折角いいところを走っていたのに残念としかいいようがないです。ほんの僅かなミスでしたが、これもレースですし仕方が無いです(レーサー風に)。

ただ収穫もありました。リザルトをチェックしてみましたが、レース中のファステストラップがなんと4位でした(!)。1位の方は1分36秒3台で一人ブッチギリでしたが、2位が37秒073、3位が37秒107、そして私が37秒124と、ほぼ2位に匹敵するくらいのタイムでレース中走れていたことになります。ただ予選で私より前だった2名がレース早々でリタイアしていたので、その方が最後まで走っていたらもう少し下の順位だったかもしれません。でも、この結果は結構勇気付けられました。今後のレースも頑張ればそこそこ中段以上で走りきれるかもしれません。でもまずは完走ですね;;。一回のミスが命取りとは言え、その緊迫感がたまらなく面白いです。今日のレースで更にGTR2にハマりそうです。