GTR2プレイ記5 Spa-Francorchamps

    10



GTR2の深夜鯖にここ最近は良く通っているのですが、成績が振るわず散々な結果ばかり続いていました。酷かったので全然参戦記も更新していませんでした(笑)。予選やレース中のファステストもそれなりに上位にいけるのですが、決勝ではコースアウトやミスが多く、下位に沈むという感じです。先日のドニントンでは、マシンセッティングも決まらずコースも熟知しなかったというのに参戦してしまい、予選は何とか8番手でしたが、決勝はミスのフルコースみたいな感じで;;、周りの方に相当迷惑を掛けた挙句20位完走という今までで一番振るわない成績でした・・。
今日はスパ・フランコルシャンのプチ耐久(決勝30分)。タイヤ磨耗や燃料消費も通常時もの3~4倍という速さなので、必ずピットインが必要になります。以前も2度ほど耐久に出場しましたが、良い思い出が全くありませんでしたので(笑)、今回もあまり期待せず参加しました。


JOIN前に30分ほど単独走行して練習していたのですが、イマイチ乗れてる感じがしません。コースは元々F1サーキットの中でも1~2位を争う好きなコースなので、レイアウトは頭の中に入っているのですが、気持ちよく走れていない感じです。どうもクルマがアンダー気味でアクセルオンのタイミングが遅れているのが原因ぽい気がします。ただ時間が無かったので根本的な解決に至らず、サーバーへ入りました。

フリー走行では、リアのダウンフォースをあえて減らしてリアを滑らせ気味に持っていき、意図的にオーバーステア方向へ振ろうと思いました。これが私的に大正解な調整となったようです(笑)。コーナーでは走りやすくなりましたし、ストレートスピードも伸びたようでタイムはフリーで2番手くらいだったと思います。現金なもので予選が楽しみになりました(笑)。

予選ではなかなかクリアラップが取れなかったのですが、暫定PPの位置にいてました。そこにLybiusさんが1位に躍り出ました。残り5分で出撃し、コース前方のスペースを考えながらアタック開始。完璧なラップではありませんでしたがLybiusさんを抜いて1位に。そのまま予選は終わり、初ポールを獲得しました!。やりました!。

決勝は必ず給油が必要になりますが、今回の車(BMW M3 GTR)は燃費が良くないのか、満タンで13分走行という表示でした。30分の決勝なので、これだと2回入らないといけないのか?と焦りました;;。2回ピットでは絶対上位に残れないと思いましたので、とりあえず2回目のピットインも想定して、スタートは満タン、1回目のピットインでも満タン、保険として残り走れる僅かな量を2回目で入れるというオプション戦略を立て、低燃費走行で1回目のピットイン時に15分経過していたなら、その給油量で最後まで走りきれると考えつつ、グリッドに並びました。




初PPからのスタート。かなり緊張します(笑)。








フォーメーションラップスタート直後に、予選2番点のLybiusさんがスローダウン。何かトラブルか?。結局最後尾まで下がられました。








ペースカーの後ろで走る私。とにかく低燃費を心がけ、高いギアでノロノロと走ってました。しかしタイヤやブレーキも暖めないといけないので難しいところです。








さあスタート。バッチリのスタートタイミングだったので、後続にあおられる事なくオールージュは順位をキープ。












2位以下で少し混乱があったのか、若干差が開いてます。良い展開になってきた!(笑)








オープニングラップのバスストップシケイン通過時。後続と1.5秒ほどの差を付けてます。








ラソース進入。F1ではこの直前でフィニッシュラインとなりますが、この先のオールージュ手前がフィニッシュラインとなります。








オープニングラップ終了。2位以下を離していきましたので、精神的に非常にラクになりました。ここからは後続とのギャップを常にチェックしながら、飛ばしすぎずに回転数を抑えた低燃費走行を始めます。








最後尾から15位くらいまで追い上げてきていたLybiusさんでしたが、痛恨のコースアウト・・。








順位を下げて、そこから更に追い上げていた時、オールージュの餌食に;;。ここで惜しくもリタイアとなってしまいました。しかしフォーメーションスタート時のトラブル?が惜しかったですね・・。








1位のまま周回を続け、レース折り返し地点です。低燃費走行が功を奏したのか、15分経過時点で燃料は何とか持ちこたえました。ここでピットインです!。さあ、うまくいけるか!?








ピット場所に向かう私。ピットロードは60km/h制限があるので、ピットロード走行用のリミッターボタンを押して走行するのですが、この間にガンガン抜かれていきます;;。








良かった・・ピットに先客はいませんでした(笑)。さあ給油とタイヤ交換です。








およそ50秒ほどでピットアウト。この時点で9位まで順位を下げました。さあ最終的に順位はどこまで戻るのか・・。この1周は今までで一番緊張したラップだったかもしれません(笑)。








1周を走りきり、ピットイン中のクルマを横目に通過。順位は9・8・7・6・・・と減っていき、オールージュ手前でP1の表示に!。感動しました(笑)。このまま逃げ切れば勝てる!と、遂に「勝ち」を意識するレース展開となってしまいました!。








中盤、4番手まで順位を上げていたTOSHIROさんでしたが、痛恨のエンジンブロー。これでリタイアとなってしまいました。








後方から、周回遅れではありますがEmirio jpさんが迫ってきていました。毎回優勝常連の凄まじく速い方ですが、中盤に他車と接触しクラッシュ。ピットで修復したものの順位を大きく下げておられました。終盤は私も低燃費走行をしていたので、後ろにずっと付かれていまして、焦ってしまってコースアウト寸前(笑)。ここで抜かれました・・・。でも先に行ってもらったほうが気が楽だったので、これもアリかなって感じでした(笑)。








しかし!。私がトップだったので、Emirio jpさんにはブルーフラッグが振られます。なので直ぐに譲られてしまいました;;。かなり蓋をしていた感じでしたので申し訳なかったです・・。








2位とは10秒前後の差をずっと保ってのトップ走行でしたが、終盤に2位の方がピットに入ったのか、差が30秒以上に一気に広がりました。燃費も余るくらい残っていたので、攻めようかと思いましたがタイヤがかなり消耗していたので、おとなしく走行しました。そして、遂にファイナルラップ。ブランシモン付近を走行中のワンカット。かなり緊張しつつもセーフティに走行。優勝まであと僅かです・・・。








最終コーナーを曲がって、遂にトップチェッカーを受けました!!。パッシングしまくりながら喜びを表現(笑)。私はコクピットでガッツポーズを何度もしてました(笑)。後続に53秒差の独走でした!。








リザルトです。一番上に名前が来る日が遂に来ました。ホント嬉しい!

公式リザルト





----------------------------------------------------------




まさかのポールトゥウィンを勝ち得る事が出来るとは、夢にも思いませんでした。ここ最近が散々だっただけに、今回も迷惑を掛けないように・・と思ってましたが、やはりポールスタートは有利だなーって思いました。全く回りを気にせずベストラインを走れますからね。また今回は速い方がいろいろなトラブル等で脱落していったというのも運があったと思います。後ろにベタベタに付かれたら、100%コースアウトして終わってたと思いますので;;。あとはミスが殆ど無かったというのも大きいです。2度ほどクリップにつけず大回りになったことはありましたが、コースアウトはゼロでしたので、それが良かったんだと思います。

優勝後にはLybiusさんやTOSHIROさんだけじゃなく数名の方から「おめでとう」という声を掛けていただき、至福の表情でモニターを見つめていたと思います(笑)。サーバーから出て速攻ブログに取り掛かろうと思いましたが、リプレイを見続けてしまい、えらい遅くなってしまいました;;。

参加された皆さんお疲れ様でした。また宜しくお願いします!。