GT5Pプレイ記 9

    14



昨晩遅くまでチャットにお付き合いして頂いた方々、どうもありがとうございました。久々にグレートな時間まで起きてましたが(笑)とても楽しめました。 朝の目覚めは、4時頃チョコを食った影響+睡眠不足で最悪の状態でしたが;;。
さて新しいイベントとなった今回ですが、やはり目玉は上級デイトナロードですねー。中級鈴鹿も面白いのは面白いのですが、まともに走ると酷い状況が起こらない時は無い、というくらい荒れますので(笑)、殆ど走っていません・・。以前このブログでも書きましたが、一般ユーザー的にはスタンダードモード+ハイグリップタイヤが対戦そのものとしては良いという風に言いましたけど、当初は初級だろうが上級だろうが、色んなレベルの方が混ざって走っていたので、初期イベントの上級エリーゼワンメイクでも慣れてない方のコントロール不能な状況が多発して酷い状況でした。それが先週のF430ワンメイクくらいから何となくですが、プレイヤーの住み分けが出来てきたような感じがしてきてます。そうなると断然面白いのがプロモード+Sタイヤ辺りのレースです。今回のデイトナロードもプロ+S1タイヤ指定なので、ポリフォニーさんが推奨?している実車レベルのタイヤと同等だということで、とても繊細な操作が必要となります。特に難しいのが1コーナーの進入で、そこではマシン墓場になる事も多いのですが(笑)、なかなか面白いレースが多かったです。


昨晩はF430に乗った後、R35GT-Rに初めて乗ってみましたが、マシンの性格が良く出ていて楽しかったです。走らせがいがあるのはやっぱりF430でしたが、マトモに3周走らせれないヘタさでしたので;;、途中からGT-Rに変更してみて違いを比べてみました。

ブレーキングの安定感はF430の方が上ですね。特に1コーナーでの安定感は全然違います。GT-Rは初期ブレーキング開始からリアスライドが発生しますので、ブレーキとアクセルでかなりコントロールしてやらないと簡単に回ってしまいます。F430ではリアエンジンの為かその辺りは全く気にならなかったんですが・・。
逆にターンインからクリップ通過してアクセルを徐々に開けていくシーンで全く正反対の違いが出ます。F430はアクセルをちょっとラフに開けると即リアスライドしていき、収束させるのに結構な時間カウンターを当ててないといけません。なので、とにかく直線的に立ち上がり、リアのグリップがちゃんと路面を捉えている感覚を確認してからステアリングを切り出すといった走りが良いのではと思います。どうしても上手くいかないという方は、むしろ1速上のギアで立ち上がる方が安定して走れるかもしれません。逆に言えば向きを変えやすいので、スライドを上手く使って向きをクイックに変え、そのまま直線的に加速するという走り方も良いかと思います。
GT-RはF430だと絶対スピンするというレベルの立ち上がり操作でも十分安定していますので、インフィールド部分はかなり有利な感じでした。ストレートもF430が中間加速がちょっと速いかな?という感じですが、そう大差は無さそうです。コントロールする楽しみの部分で言えば間違いなくF430ですが、安定性を求めるならブレーキングだけ気をつければGT-Rが一歩前に出ている感じです。

--------------------------------

1コーナーですが、目印になる部分が無く非常に掴み辛いです。フィニッシュラインを通過して少し行ったら、アクセルオフのままブレーキングに備えたほうが良いかもしれません。自分が走っている位置によっても全然変わってくるので難しいところですが・・。とにかくステアリングの切り過ぎは制動距離がかなり伸びてしまい致命的ですし、出来るだけ直線的に進入して減速していくのが大事かと思います。止まりきれないと思ってステアを切りすぎると余計に止まりませんので、その時はステアを真っ直ぐにしフルブレーキングする方がまだマシかもしれません。

小さいS字を通過したら右ヘアピンになりますが、ここは思っているより大分早めのブレーキ開始が必要っぽいです。ちなみに私はここで何度もコースアウトしてました;;。一旦コース外に4輪落としてしまうともうオシマイですね(笑)。氷の上を滑走しているスケート状態のような感じになりますし、アレは何とかしてもらいたいものですが・・。立ち上がりもアウト側が若干広くなっているので、他車が居なくてそこを目一杯使えれば、その辺りをめがけて直線的に立ち上がるのが良いです。いずれにしても立ち上がりでホイールスピンさせると、かなりのロスになります。

その後高速左を通過していやらしい右コーナーですが、クリップは奥にあるので見た目よりもブレーキは奥まで我慢できそうです。しかしコース外にはみ出ると即スケート状態になるので(笑)、やりすぎは厳禁です(という私もよくはみ出ましたが・・)。路面の色が変わる部分を通過した後くらいからジワーとブレーキング開始したら良い感じだったです。

オーバルに出る手前の左コーナーですが、ここは結構重要です。クランク状のシケイン進入まで全開なので、ここの立ち上がり如何でオーバル部分での前走車のオーバーテイクは十分可能です。アウトにかなり膨らんでもホイールスピンさえしなければ確実にスリップに入れますので、とにかく立ち上がりでリアスライドさせない事が最重要でしょう。

クランク状のシケイン進入も難しいポイントです。スリップに入っている・いないでも変わりますし、順位によっても速度の伸びが違いますので一概にこうとは言えませんが、私はコース左脇のランオフエリアがコンクリート舗装からグラベル(芝生?)に変わる繋ぎ目を目印にしています。進入はインカット気味に直線的にいけば、4速でもいけるくらいの速度で通過できますが、縁石上を通過する際はアクセル全開は厳禁です。出口部分の立ち上がりは、4速だと上手くラインを使って速度コントロールを調節しなければショートカットペナルティが出るので、3速で速く通過する方が結果オーバル区間で速度も乗るかもしれません。

--------------------------------

今コレを書いている現時点でも睡魔がヤバイので(笑)、今晩はチャット参戦できるか分かりませんが、岡田ジャパン初戦のサッカー観戦後、仮眠とるなりして元気になれば顔を出そうと思っております。再度お会いしましたら宜しくです!