rFactor買いました

    35



皆さん風邪ひいてませんか?(笑)。私は不摂生生活(主にチャット(笑))の煽りを受けて遂に風邪ひきとなってしまいました;;。土曜日は薬飲んで早く寝ようと思ったのですが自室でうたた寝してしまい、ヘンな時間に目が覚めてその後眠れず・・。結局日曜日は日中ずっと寝たり起きたりでした。朝から凄い雪が積もってたらしいのですが、子供と雪で遊ぶ事も出来ませんでしたorz。
さてそんな日曜日に待っていたものが届きました。写真の通りrFactorです(笑)。以前xanavi-yuukiさんのF1動画を見たり、Yu-sukeさんのブログで1988年F1のmodの記事を見たりと、結構リアルな感じでしたので前からかなり欲しかったのですが、クライアントはDLしてアクチベーションコードをクレジットカードで買うという、イマイチ不安な購入方法。しかし先週ネットを探していたら安価でDVDパッケージを売っているところを発見。気が付いたら受注メールが届いていました(笑)。日曜日に届いていたのですが、前述通り寝たり起きたりを繰り返していましたので、インストールしたのは夜になってからでした・・。
このソフト、ホントにmodありきのゲームのようで、パッケージの内容はとりあえず最低限遊べる車とコースが入ってます、といった感じ。何はともあれとりあえず走ってみる事に。



走ってみたらまず気付くのが、GTR2とFFBの出方が全然違うことでした。暫く走ってみるものの全然慣れず、色々弄ってみるものの良い感じにならず。ネットで情報を漁ってみると、GTR2のFFBデータを移植できるという 記事を見つけ、そこに貼られていたプロファイルデータをコピペしてみることに。それで大分感触がよくなりました。画面内の基本的なインターフェイスはGTR2とほぼ同じなので分かりやすかったのですが、車をゲーム内で買う?のか、コースにいける車といけない車があります。説明書も入っていなく(紙ペラ1枚だけ入ってましたが)、かなり意味不明でしたが、チャット画面で特定文字を打てば良いという裏技(?)が判明。それで車が使えるようになるのと、お金?がチャリーンという音と共に入ってくるのですが、これを何に使うのか意味不明(笑)。

まあとりあえず、箱車レースはGTR2でプレイするとして、購入目的はオープンホイールマシンのmodで遊ぶ事。rFactor CentralでF1系modやFポンmodなどをDLして早速インストール。これらを走らせてみましたが、面白いけど超難しい;;。マトモに1周スピンせず走る事すらままならず、ブレーキですらあっという間にロックしてコース外に一直線。仕方なくアシストでアンチロックブレーキを有効にし、トラコンを若干オンにしたら何とかマトモに走れるようにはなりましたが(笑)。でもこれってマルチではどうなんでしょうか。皆さんアシスト全OFFで走っているのでしたら神すぎます(笑)。





1979 Ferrari 312T4 Jody Scheckter(Zolder)





2007 BMW SAUBER F1.07 Nick Heidfeld(Fuji Speedway)





2005 BAR HONDA 007 Takuma Sato(Barcelona)





1988 LOTUS HONDA 100T Satoru Nakajima(Paul Ricard)





2007 ARTA FN06/HONDA Yuji Ide(Suzuka)


それにしてもmodっていうと、一般の人がコツコツ作って公開しているものというイメージがあるので、クオリティ的には勿論良いものもありますが、通常はまあそれなりといった感じですが、この2005年F1modと2007年Fポンmodのクオリティは凄まじいものがあります。あまりの凄さにマシンを眺めているだけでも楽しいです(笑)。

とりあえず色々入れてみましたが、挙動的には最新F1はあまりにも速過ぎて(笑)体が順応するのに相当時間が掛かりそうです・・。特にダウンフォースが凄いので、感覚的に無理だと思えるようなコーナーでも普通に全開でクリアできたりします。1979年F1とかになると、往年のF1らしく速度はそれなりでコーナーでスライドしたりとかなり楽しそうです。1988年F1はターボ時代終焉のマシンですが、それでもコーナリングスピードはちょっとありえないくらい速いですね(笑)。あの時代のF1はもっとコーナリング速度は遅いと思うのですが・・。外国鯖で1988年F1modのスパが立っていたので、どういうものかと入ってみましたが外国人の方々は凄い速さで走ってまして、全然ついていけませんでした;;。Ayrton Sennaという名前が5人くらいいたので笑いましたが(笑)。

ただ画面のオプションを品質重視にすると大分描写が苦しくなりますね。フレームレートでも20fpsくらいまで落ちる時がありましたので・・。やはりGeForce8600GTではかなり苦しくなってきましたので、今日届く新兵器(笑)でどうなるか見ものです。