G25 Racing Wheel 導入記

    24



いよいよ導入レポートです。
昨晩帰宅後、G25を設置・プレイしたくて仕方ありませんでしたが、メシ食って速攻部屋に篭るのは「家庭軽視」と責められてしまう可能性あり;;。更に、トップシークレットな導入の為、「怪しい行動=不信感から私の部屋突入=嬉しそうに箱から出している私を発見=発覚・・」という最悪の結末(笑)を避ける為にも、何事も無かったかのように冷静さを装い普通にリビングで一家だんらんを過ごしましたorz。頭の中には「設置さえしてしまえばバレる事は無い。絶対そこまではヘマをするな。早く開けたい」という言葉が頭を駆け巡っていました(笑)。

くだらない事ばかり書いてますが(笑)、チビと風呂入って就寝させたあと、普段通り部屋に向かい(ちょっと足早だったかも;;)早速設置に取り掛かりました。



箱はGTFPと比べて更にデカいかと思ってましたが、同じくらいかむしろ小さいくらいに感じました。ただし重量は結構あります。内部は綺麗に、それでいてギッチリと梱包されていて隙間も殆ど無い状態でした。
ペダル部、シフト部、電源部と、ステアリング部の本体裏側に挿す形状となっているので、普段コネクタは見えない設計になってます。接触等による抜け等無いのは良いのですが、知らぬうちに抜けかけて誤動作しだすと別のトラブルを疑いそうなので、この辺りは気をつけなければいけないっぽいです。

それにしてもペダルが重くデカい。今までGTFPのペダルは、足元の木製箱を壁にして奥に行かないようにし、更に木材を下において若干斜めに設置していたのですが、GTFPペダルの奥側はフラット形状なのに対して、G25ペダルは若干アールのついた形状の為、同じ設置方法だとペダルが奥側で固定されず、ペダルを踏むたびに右左にズレてしまいます。とりあえず木材を撤去し床に直置きしました。なのでちょっと踏み込み時に足首が伸び気味になってしまいます。またペダル本体の大きさから、ペダル位置が今までより手前に来るようになったので、ステアリング固定している天板位置を今までより自分寄りにずらす形で対応。Hシフトは位置的に最悪ですが(笑)、現状ここしか付けられないので我慢します・・。そんな感じでとりあえず自分好みのセッティングにしてみて試走です。

現環境。この貧相&汚い環境(笑)から近々いじっていきます。



■GT5P編

PS3電源ONでキャリブレーションが始まりますが、GTFPのような「ギャーーーガッチャン、ギャーーーガッチャン」の音は無くなりました。が、低音系の振動とともに回りだすので、今まで以上に下階に響いてる感じです。静かになると思ってたのでこれは予想外でした。実際、聴覚的には静かなんだと思うんですが、回転時の振動?が大きく「ゴゴーーーゴゴーーー」という感じです。これは設置環境にもよるのかもしれません。コンパネ材に設置しているんで、板が共振して振動を増幅させているのかもしれません。ただA24さんのところで見たキャリブレーションはもっと静かだったような気がするんですが、昼間に電話で聞いたら「床は畳だからちゃうか?」というご意見。確かにそれはあるかも。私は木材+フローリングですし、滑り止めの薄っぺらいシートを貼ってるだけなので、防振シートか何かを貼れば解決しそうな気もします。が、万が一本体異常とかであれば問題ですし、もし「それはちょっとおかしいのでは?」という意見があればお願いします。ちょっと気になる部分です。

まずは設定から。ステアリング上のボタン2個をどう割り振るか非常に悩みますね・・。左右を見るより後ろを見る機会が圧倒的に多いので、とりあえず左ボタンは後方視点に。右ボタンは結局使わず(笑)。FFBが10になっているのを確認し、そのまま鈴鹿+F430+S3でオフラインで走ってみます。しかしパドルが動作せず;;。どうやらHシフトモードにしている時はパドル部はキャンセルされるみたいです。折角なので菱形形状に設置された上部のボタン(△ボタン相当)を押してクラッチモードでプレイ。ちょっと感動しました(笑)。タイムは激遅なんですが、そんなことどうでも良いような感じで、実車を運転しているかのようでした。普段MT車に乗っているので、何ら違和感なく走れます。半クラッチもどんな感じなんだろう?って思ってましたが、ちゃんとジワっとクラッチが効き始め、スムーズに発進可能です。実車では半クラは気を遣いますが、ゲームなので全くお構いなしに半クラ使いまくれるのは気持ちいいですね(笑)。でもどうしても条件反射で半クラに気を遣ってしまいますが;;。
ペダルフィールですが、アクセルは文句無し。適度な重さがあってGTFPより遥かにコントロールしやすいです。反面ブレーキはかなり重いですね・・。ストローク半分くらいまでは柔らかめ、その後重くなるという感覚が良いと思うのですが、踏み始めから激重なので今まで足指で微妙な操作をしていたのが通用しなくなり、ブレーキコントロールがかなり難しくなった感じです。私はハーフブレーキをかなり多用する走りなんで、とりあえずはクラッチペダル内のスプリングと交換するかして、少し踏みやすく対応しようと考えてます。

ステアリングに関してですが、こちらも文句無しです。GTFPと比べてステアリング切り量が同じ感覚だと、コーナーが回りきれないような感じがしましたが、ステア径が大きくなったための錯覚かもしれませんね。ステアリングの感覚的なフィーリングもGTFPに比べて上品な反応でとても良いのですが、何よりオーバーステアになった時のハンドルの反応が最高です。ステアリングがクイックに逆ハンに持っていってくれるので、非常にコントロールしやすいですし、例えば大きくリアがブレイクして今までなら完全にスピンという状況でも、ステアリングの動きに任せると、一気に適量なカウンターを当ててくれるので、何とかスピン回避するという事も昨晩ありました。この辺りはステアリング動作の早さがかなり有益だなと実感した次第です。ただ前述通りゴーーーと地響きがするんで;;、かなり気を遣いますが・・。

全体的な感想ですが、ブレーキペダルの重さ・Hシフトのオモチャっぽいところ以外は最高です。皆さんが「イイ」って言ってたのがようやく実感できた感じです。ブレーキはスプリング変更で何とかなるでしょうし、Hシフトはかずくんさんのmodで改善するでしょうから、この部分は安心ですが、やはりステアリングモーター動作時の地響きのようなゴーーーーがちょっと気になりますね(笑)。設置状態が原因であればいいのですが、もし内部の不具合?なら初期不良期間は2週間あるので、ご使用されている方のこの部分の感想をお聞きしたいところです。


■GTR2編

もう一つの楽しみだったPCでの使用です。GTFP使用時からロジクールのプロファイラー(5.01.256)をインストしていたので、そのままUSB接続。正常認識したので、プロファイラー起動。ちゃんとG25のプロファイラーになっていたので設定開始。ステアリング回転角が200度になっていたので、GTFPと同じ360度(初期の頃は300度でしたが、ある時期に360度に変更しました)に変更。それ以外はデフォのまま、GTR2を起動します。

まずキーコンフィグですが、ボタンの割り振りは以前の設定が残っているのですが、GTFPと同じボタン割り当てのところもあったり違ったりしている部分もあったので、とりあえず全て設定しなおします。忘れず設定したのがクラッチペダルの割り当て。ペダル3つがフレキシブルにゲージを移動するのを見て感動でした(笑)。
ステアリングボタンをどうするか、これまた非常に悩みますが、こちらは左右確認が比較的多いので、左右視点に設定します。ステアリングはこれ以上無理なので、シフト部の割り当てを行いますが、この辺りはどうせ手を伸ばさないといけないんで、GTFPと同じような位置割り振りで設定。このボタンはやっぱりステアリング上に何とかして移動させたいところです。USBパッドで自作も良いのですが、それだとGT5Pで使えません
し・・。GTR2/GT5P両方で有効活用する為には、やっぱりあのシフト部のボタンをそのままステアリング上に移植するのが最適と考えてます。

ちょっと話がそれましたが、早速これで走らせて見る事に。
ステアリング部についてですが、コースに出て思ったのは、想像してたよりもFFBの出方がおとなしかった事です。GTFPではかなり激しく効いていたので、G25だともっと激しいのかなと思ってましたが意外でした。あと気になったのが、GTFPでは凄く分かった、フロントタイヤのグリップ限界を超えた時のステアリングがふっと軽くなる挙動(グリップ抜け)。これが殆ど感じられませんでした。これはこういう仕様なんでしょうか??。元々トルクが高いので感じにくいのでしょうか?。それとも何らかの設定ミス?(笑)。そのステアリングの感覚を頼りにコーナリング中の速度・荷重コントロールを今まで行っていたので、これを感じられないとちょっと困るなと感じた部分です。
ペダルに関してですが、印象はGT5Pと同様なので割愛するとして、クラッチのリリースポイントがメチャクチャ奥なんですよねー。実車だと奥まで踏み込んで、そこからジワジワと戻し始めるとあるポイント(2~3割戻したくらいから?)半クラのポイントに到達し、クルマは徐々に動き出す(GT5Pは良く似た感じでした)のですが、GTR2だと一番奥から戻し始めた途端に半クラポイントになりますので、最初はエンストしまくりでした;;。この辺りの設定もなさそうな感じなので慣れるしかなさそうです。まあピットアウト時とコースオフ時、あとはスタート時くらいしか使わないと思うので、それほど深刻な問題ではありませんが・・。

とにかくFFBが弱いと感じたので、一旦GTR2を終了させプロファイラーを起動。そこでFFB量の設定(全体のFFB量・ダンパーからのFFB量・スプリングからのFFB量、の3種類だったと思います)を見るとGTFPデフォと同じく全て100%になっていて、MAX150%のようだったので、全てMAXに(GTFPではデフォのままでした)。これで起動してプレイしたらビビりました;;。エンジン掛かった途端にハンドルが凄まじく震えだし、エンジン音と同期して地響きのようにテーブルがガタガタ揺れてます(笑)。ある意味最高なんですが、こりゃまずいと即終了(笑)。最終的には全体110/ダンパー100/スプリング100でGTFP時と同じような感覚(少し弱いくらい)になりましたが、これ以上上げると地響きが気になるので止めました(笑)。ただ360度設定していたハンドル回転角ですが、GT5Pで感じたようにどうも切り足りない感じで、曲がりきれずコースオフばかりでした。GTR2内の設定でステアリングのセンシティビティを色々変更するもあまり変わらないので、プロファイラーで300度に設定変更。これで大分GTFP時の感覚に近づいてきました。ようやく暫く走りこみます。

全体的な感想ですが、GTFPよりは遥かに上質?なFFBで走りやすい事は走りやすいのですが、やっぱりターンインからフロントグリップ限界付近を行ったり来たりする時のFFBの反応がイマイチ気に入らないですね;;。もっとスコンとFFBが抜けてくれる挙動にしたいのですが、それを殆ど感じられず重いままないので限界を超えてるのかが分からず、知らず知らずにドアンダーで曲がりきれず・・という事が多発してました。現状だとGTFPより遅い雰囲気ですorz。この辺りは慣れないといけない部分なのかもしれませんが、G25使用者の方々にご意見をお伺いしたいところです。なにか設定間違えてるのかな;;。
あとやっぱりブレーキペダルが重すぎです(笑)。私の走りとしてはフルブレーキングは最初だけ、そのあとはペダルのハーフ操作で微調整しながらグリップを探るようなブレーキの使い方なので、現状だとコントロールがかなり難しいです。またフルブレーキに到達するまでの時間も長くなっている(重いため最大まで踏み込むまでのロスがある)ので、いつものブレーキングポイントだと間に合わないケースが多かったです。ここはスプリング変更等の要改善ポイントですね・・。
またGT5Pと同じですが、やはりGTR2でもリアが大きくスライドした時のステアリングの戻る瞬発力が素晴らしく、スライドしたままの状態でキープできるくらいステアリング部分は優れています。GTFPだとほぼ回避不能なスライドでも何とかなる許容力があったので、この部分はレース時に大きな力になりそうです。

-----------------------------------------------------------------

長々となってしまいましたが、現時点では良い部分と気になる部分が出てきた感じです。ステアリング上のボタンはやはり不足気味と思いますので、ここを上手く改造したいという部分。それとブレーキペダルのテンションを工夫したいところです。とりあえずはクラッチのバネとの入替で取り急ぎ対応したい感じです。現状これでGT5Pでの使用はほぼ満足できる感じになると思います。
GTR2に関しては、根本的な部分で問題なので、設定で修正出来る部分かどうかを見極めるためにも再度色々調整を繰り返してみたいと思います。ご使用されてる方のご意見やアドバイスありましたら是非お待ちしております;;。