毎夜鯖@Sepang

    2



さあやってまいりましたセパン。得意のコースでEMIRIOさんを止められるか。この日は朝から家族サービスで伊吹山へ登山(といっても車で頂上付近まで行きますが)しに行ったので、足腰ガクガクでかなり辛い状況でしたが、気合で参加しました。
さてフリーではどうも走りがしっくり来ず、ギア比を少々いじります。それでもどうも上手く走れず4秒中盤止まり。上位勢は3秒中盤辺りのタイムでしたので、これはいかんなーと更にギア比を弄っていきます。そうして迎えた予選ですが、しっくりいかないなーと思っていた高速S字と次の右→右コーナーがどうにもイメージ通り走れません。タイム的に2秒7台までタイムは上げられましたが、ここで大きくロスしているような感じです。以前ここで走ったレースでは予選でミスがあって2秒4台でしたので、2秒前半を狙っていただけにイマイチ納得の出来ない走りでした。ということで、PPはYu-sukeさん、2番手にRothmansさん、3番手に私、4番手にZEAL-Rさん。EMIRIOさんは5番手に沈む結果となりました。



決勝はスタンディングスタートなので、シグナルに集中してスタート。いつもロケットスタートを決める2番手RothmansさんがM3マシンだった影響か、スタートダッシュで一気に抜き去り2番手に上がります。スタート直後はタイヤもブレーキも温まっていないので、無理は禁物です。後方で大きな混乱があった模様で、3番手にはNegiさんが上がって3台が抜け出す形に。

2番手でYu-sukeさんを追いかける私ですが、どうしても高速S字~右右と繋がる中間セクションで差が目に見えるくらい離れます。以前はここがかなり得意だったのですが、どうしても今回アンダー傾向でクルマがアウト側に流れていってしまい、アクセルを早く開けられません。その時に気が付いたのですが、以前はここでもう一つギアを落として高い回転数を保って走っていた事を思い出しました。しかしフリーでギア比を変えてしまったために、1速落とすと完全に吹け切ってしまいマトモに走れなくなってしまったので、結局はそれまでと同じギアを選んで走る事に。やはりギア比が高い為、エンブレを有効活用できない(なのでアンダーが出ていたっぽい)ばかりか、立ち上がり加速でも完全に置いていかれてしまいます・・。しかし前半セクションで辛うじて差を詰めたりとで、1~1.5秒差を必死でキープします。3番手のNegiさんとは少しづつ差が広がっていったので、今日こそは何とか最後までバトルしたい!と(笑)。Yu-sukeさんのペースが少しづつ落ちてきたのか、差が若干詰まってきます。こちらはタイヤが良い感じだったので、ここからプッシュだと思っていた9周目に・・・。

メインストレートエンドの回りくねったS字立ち上がりで、何時もよりアクセルを開けてしまい、クルっと回って壁へ一直線orz。何かが壊れたっぽく無線でワーワー言ってます(笑)。リタイアしようかと思いましたが、そのまま何とかピットへ戻り、修復してスタート。その時ピットレーンボタンを何時もの癖で押してしまい、解除されてしまって速度違反→ブラックフラッグ。残り3周だったのですが、既に最下位だったので走り続けてチェッカーを受けた瞬間DQとなり強制終了されました(笑)。

優勝は遂にEMIRIOさんを止めたYu-sukeさん。しかしいつも後ろで気合が空回りしすぎている気がします;;。以前言われた事がありますが、逃げ切りだと強いが追い上げだと・・・というマッサタイプそのものですね(笑)。もっともっと精神的に強くならないと・・。


■リザルトデータ

日時:2008/04/29 9戦目
コース:Sepang
車種:Porsche GT3-RSR Freisinger Motorsport
予選:3位 2:02.776(+0.391)
決勝:28位 DQ LAP11(+1Laps)
レースラップ:1位 2:03.360 LAP7(-0.135)
詳細データ&ポイント:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_all/Maiyo.html