もう14年か・・。

    26



今から14年前の1994年5月1日。皆さんは何をされてましたか。
私は何をやってたかまでは覚えてませんが(なら聞くなよ!というツッコミは無しで・・)、深夜に始まるフジTVのF1サンマリノGPを楽しみに待ってました。視聴時は近所の幼馴染と一緒にTV観戦するのが決まりごととなってたんですが、その時も何時ものように私の部屋で今日のレースはどうなるのかなーといった他愛も無い会話をしていたように思えます。
ちょうどその当時はミハエル・シューマッハがいよいよ台頭してきて、まさにセナが追われる立場に変わった年といえますよね。あの時はちょうどレース開始前(22時台)にニュースでセナがクラッシュしたというニュースを前もって知ってたのですが、ニュースではどうやらケガをしたという雰囲気でした。その幼馴染はセナの大ファンだったので、セナがクラッシュ=レースで勝てなかった、という事ですので「面白ないわー」と喋っていた事を思い出します。私自身は特定のドライバーを応援するスタイルではなかったので、じゃあ今日もシューマッハかなー・・右京はどうだったんだろう・・と色々思い浮かべながらレース放送を待っていた感じでしたが、事故の事も何だか引っかかっていました。前日のラッツェンバーガーの件や一昨日のバリチェロの件もあったので。けど1989年にベルガーがタンブレロでクラッシュしたときもニュースでやってましたが無事でしたから、まあ大丈夫だろうと・・。
まさかあんな事が起こっていたとは夢にも思っていませんでした。



いよいよレースが始まる時間に、いつもの放送開始ではなくいきなり三宅さんと川井ちゃん、今宮さんがいきなり映し出されてしゃべりだした瞬間、これはやばいのでは?と直感しました。そして事故の模様をずーっと放送していましたが、見れば見るほど「これはまずい」という思いが強まるばかりでした。最終的にセナがヘリコプターで空輸されたあと、再スタート後のレース放送が再開されました。何かあったら至急お伝えします、というコメントを残して。

そして暫くレースを見ながらもレース展開とか全く頭に入らず、頼むから画面が切り替わってへんな事を言わないでくれと幼馴染と話していたと思います。とにかく気が気じゃなかったように記憶しています。あの時は右京もお姉さんを亡くしたばかりで素晴らしい走りを見せていましたが、それすら殆ど印象に残っていませんでした。

そんな風に思いながらレースを見ていたとき、いきなり画面が切り替わりました。放送開始時と同じアングルで三宅さん川井ちゃん今宮さんの3人がピットウォール横で立っているシーンから始まりました。そして全員の表情を見た瞬間確信しましたね、最悪の結果を・・。その後のコメント内容等はYoutube等で上がっていたはずですので、ご覧になられた方も多いかもしれません。あれをリアルタイムで見ていた方の心境はたまらないものだったんじゃないでしょうかね。あの時の自分の部屋の空気感・幼馴染の顔・そして沈黙・・。全てが昨日のことのように思い出されます。

最後に今回使った写真ですが、ヘルメットを手前にポンと置いて憂鬱な顔を浮かべるセナ。イモラでのスタート前のワンシーンですが、これとは角度が違いますが同じシーンを撮った写真のポスター(150*100くらいの大きいやつ)は、私の部屋に14年間ずっと貼ったままです(下記写真)。