GTR2 毎夜鯖@Monaco1979

    4



更新が遅くなってしまいましたがモナコです。写真を見てお分かりのとおり、今は亡きAKAIの看板が時代を感じさせます(笑)。1979年仕様のモナコということですが、コース的には殆ど変わりません。ヌーベルシケインだけが高速通過できるようなレイアウトになっているだけですので、自分の記憶通りに走れます。
さてフリー走行からセッティングを作っていきますが、ここはダウンフォースとか何も考えずに最大ですので、デフとギア比辺りを念入りに調整。良い感じで走れるものの、攻めすぎると直ぐ壁に接触クラッシュとなります。レースでいかに集中力を切らさず走りきる事が出来るか、タイムよりもそちらの方が重要だと思います。私自身、レース中の安定感のなさはピカイチなので(笑)、一番懸念な部分ではありますが・・。
予選ではやはりクリアラップを取るということが一番の課題となりそうな雰囲気でした。前回のPorto程ではありませんが、アウトラップのクルマとかが居るだけでも変わってきますので・・。終盤に上手くクリアラップを取ったタイムでPP獲得。予選までは上手くいったので問題は決勝。最後まで走りきりたいところです。



決勝は勿論スタンディングスタート。シグナルに集中してジャストなタイミングで飛び出すものの、一瞬EMIRIOさんが若干先行。しかしホイールスピンが多かったのかこちらが1コーナーまでに前を取り返し、そのままトップで通過。
このコースはF1でもそうですが、抜かれる事はミスをしない限りありませんので、とにかくブレーキやタイヤの温まっていないオープニングラップは、全然グリップせずクリップ通過すら厳しい感じでしたので、ライン取りを若干ブロックラインにしつつ超慎重に走行します。

オープニングラップをトップで通過。EMIRIOさんとは若干の差がついたので、ここから徐々に飛ばしていく作戦に。良い感じで走れていたのですが、個人的に難関だったラスカス・・。ここは右に曲がりながらブレーキングして左左と通過する難しいコーナーなのですが、ここでブレーキングミスしてそのままコーナーの反対方向に回ってしまいスピン。復帰の際に3番手を走行していたZEAL-Rさんにご迷惑をお掛けしました・・・。

コース復帰したもののこれで3番手に転落。なんとか走りますが、ここでのミスははっきり言って非常に大きいです;;。前がミスしない限りオーバーテイクのチャンスはかなり厳しいからです。さらに飛ばして前方との差を詰めようと走っていたら前方で黒煙が。ZEAL-Rさんがまさかの3周でエンジンブロー。煙MODを入れている影響でヌーベルシケイン前後は煙で視界不良(笑)。2004年の琢磨を思い出しました(笑)。

これで2番手に上昇。前は3秒ほどの差でEMIRIOさんです。得意のコースだと公言されているEMIRIOさんですので、まずこのままの順位で終了だな・・と思いつつ、少しでもタイム差を詰めてプレッシャーが与えられれば、と思いながら走り続けます。しかしタイムは思ったより詰まることなく迎えた終盤ラスト2周。プールサイドのコーナーで若干白煙が見えたかな?と思ったら、なんとEMIRIOさんが壁に接触してタイヤバーストしているではありませんか;;。慎重に横から抜いてトップに再浮上です。
後続との差が10秒前後となったので、超慎重に走ってチェッカー。嬉しいモナコでの優勝です。EMIRIOさんは非常に悔しいレースとなったと思いますが、私自身今回は完全なタナボタ勝利でした。やはりここはミスしたらダメなコースだなとつくづく感じました・・。


■リザルトデータ

日時:2008/05/09 16戦目
コース:Monaco 1979
車種:Porsche GT3-RSR Freisinger Motorsport
予選:1位 1:30.538(-0.392)
決勝:1位 18:40.105 LAP12(-14.974)
レースラップ:2位 1:31.768 LAP5(+0.098)
詳細データ&ポイント:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_all/Maiyo_000.html