GT Academy

    12



海外では何時も面白い試みを行いますよね・・。少し前(現在進行中?)も海外でTA大会(GT5 Prologue UK Champion 2008)が行われていてますし、GT4時代のルマン24時間耐久の会場(サルテサーキット内)でも欧州TA大会決勝が行われていて、その時は優勝商品は350Z(実車)でしたしね!。しかも免許持ってない人が優勝だったみたいです(笑)。今回のGTアカデミーも最終2名には24時間耐久レース参戦権ですからね・・。それに引き換え、同時期に日本で行われていたGTTAの優勝商品は・・・・。日本は景品法だかで上限がかなり低く抑えられていると以前某お方(笑)から聞きましたので仕方が無い事だとは思いますが、現状イベントそのものも何もありませんからね;;。盛り上がりに欠けるのは仕方ない事ですが、まあGT5本編まで取っておくという事なのかもしれませんね。

さて、今回このGTアカデミーというのは、ヨーロッパ10ヶ国でTAを行い、国別上位20名で決勝、その中から残った3名(10ヶ国トータル30名)をシルバーストーンサーキットでR35GT-Rでの実車テスト等を含めた最終選考を行い、残った2名が4ヶ月のトレーニングプログラムを受講した後、2009年1月に開催されるドバイ24時間レースにフェアレディ350Zで参戦するという壮大なプログラムです。若い方ならこの期間に全てを捧げて走りまくっても良いんじゃないか?というくらいの内容ですよね(笑)。それにしても遂にこのような事が現実になるんだなって改めて思います。





以下の記事で詳細が読めますが、

ニュル24時間レースで「GTアカデミー」詳細を発表
http://www.gran-turismo.com/jp/news/d2218.html

※「GTアカデミー」はヨーロッパ10カ国で開催されるイベントです。
 日本在住の方はご応募いただくことはできませんのでご了承ください。


この注釈が悲しいですよね;;。GT4時代に感じたことですが、日本国内のトップクラスの方々って、ほぼ世界トップクラスといっても良いくらいの速さを備えた人ばかりでした。勝てる気が全くしませんでしたから・・。そういう方々にチャンス(本人が望んでいるかは別問題ですが)を与えてあげて欲しいなーって思うのは私だけじゃないと思います。

こういうゲームの類が上手でも、実際の運転には役に立たないっていう声をよく聞きますが、ある意味正解・ある意味違うと思います。
実車ならではの部分(独特のブレーキング感覚やシフトチェンジ技術、速度の恐怖心、体力的な問題等)だけはどうしても実体験しながら養うしかありません。この部分だけは上記意見が正解だと思います。
しかし、ゲームで速く走らせる事は立派な訓練になると個人的に思っています。車を速く走らせる為の重要なポイントって、結局は1周でどれだけアクセルが踏めているかじゃないかと思うんですよね。そのためにはコーナー立ち上がりで早く踏みたい、けどラインが悪いと早く踏めない、アンダーが出ると早く踏めない、みたいに繋がっていきますので、早く踏む為に何をすればいいのかって答えが自然と頭に浮かんできますよね。

コース熟知にも勿論良いとおもいますが、ゲームに出てくるようなコースを走る機会なんてそうそうありませんし、一生走る事の無い場所ばかりじゃないでしょうか(笑)。そう考えると、ゲームに絶対出てこないようなローカルなコースを実車で初めて走る時に、「コースを攻略するための思考・アイデア」を直ぐ出せるかどうか、ここがヴァーチャルで鍛えた人とそうでない人とで大きく差が出るんじゃないかと思うんですよね。それが順応能力の高さというものに変わっていくんじゃないかと。


ゲームでトップクラスに位置している方々って、この辺りの能力が飛びぬけていると思ってます。そういう方々がGT Academyのような訓練を行ってリアルレースに参加したらどれくらいのポテンシャルを発揮するか、本当に見てみたいものです。勿論、前述通り技術的・心理的な問題もありますが、それらも素晴らしい順応能力で克服し、ビックリするようなタイムを叩き出してくれそうな予感すらします。

私もよく友人から「ゲームでどれだけ走っても、実際の運転には役に立たないだろ?」って言われたりするのですが(笑)、ゲームで養われた経験が生きてると実感する事が多々あります。以前初めて軽耐久レースに参加したときですが、初めて走るコース・初めて乗る車で、既に経験済のチームメンバーの方々のタイムより遥かに速いタイムを「直ぐに出せた」というのも実感した部分です。それもやはり、コースを数周して「どこでタイムを稼ぐか」「ライン取りをどうするか」「コーナーの限界点はどの辺りか」「どうやったらこのコーナーの立ち上がりを良く出来るか」、そういう部分がゲームをやっている時のように頭に描かれていくんですよね・・。で、自分の考えた通りに走ってみると、タイムがどんどん短縮されていくという経験がありました。
ただゲームと違うのは、判断材料は同じチームメンバー間のタイム差だけなんですよね。チームメンバーの方々が中くらいの速さ(失礼)で、私が中の上くらいの速さでしかない可能性もあるわけですし、タイムはあくまでも参考程度でしかないと思ってます。自分の出しているタイムが、乗っている車のポテンシャルを最大限引き出しているのかどうか、常に上位を走られている速い方と同じ土俵でどれくらいタイム差があるのかどうか。コレが一番重要なのですが、そこが分からないんですよね・・。
ゲームなら間違いなく同じ性能の車に乗る訳ですから、差が出ればそれは腕の差という事になる訳ですが、実車ではそういうのがなかなか分からないというのが個人的に辛いところです(笑)。


ちょっと話が長くなりましたが(笑)、こういう試みはこれからもどんどんやってもらいたいと思いますね。妻子持ちの社会人には参加自体とても無理ですが;;、若くて時間に余裕があるバカっ速な方には是非腕試ししてもらいたいなって思う企画です。日本で是非やってもらいたい企画ですよね。もし私が大学生とかでしたら留年覚悟でやりますけどね(笑)。

ちなみに最終ゴール地点のドバイ24時間レースですが、コース自体はフルコースとインターナショナルコースの2種類をレイアウト変更で対応できるようになっています。ここもGTR2では結構走ったことのあるコースです。かなり長いストレート2本があり、それらを高速コーナーやテクニカル区間で配置されたなかなか走りがいのある好きなコースです。
でも実車で走ると結構怖そうな気がします・・。特にバックストレート後のヘアピンのアプローチとかミスったら死ぬ思いするかも;;。しかし、これでGT5本編に収録は確実かな?(笑)。