2008年 F1 第7戦 カナダGP

    6



まずはクビサおめでとう。去年はあの悪夢のようなクラッシュでしたが、その一年後ここで初優勝を遂げるとは誰があの時予想したでしょうか・・。それにしても初優勝シーンは何時見ても良いものです。昨年はハミルトンの初優勝が見られましたし、少し古いですがアレジの初優勝かつ唯一の勝利がここモントリオールでした。レースとしては、上位の想定外のアクシデントがあったとはいえ、遂にBMWがトップチェッカーを受け、しかもワンツーフィニッシュですからね。2004年のブラジルGPのモントーヤがBMWエンジンで優勝した以来で、フルコンストラクターとしては勿論初優勝。いよいよ3強時代が現実味を帯びてきたか?と思えるようなレースでした。
しかし個人的にはハイドフェルドが惜しかったなぁと思ってしまいますね・・。デビュー時はドイツから速い奴が来たというイメージでしたが、マシンに恵まれず今まで苦労してきましたしね。BMWの戦闘力アップで昨シーズンはかなり良い成績でしたが、去年のカナダも惜しくも2位でした。今回のレースも運が見方すれば十分勝機があっただけに、本人の悔しさがレース後の映像からもにじみ出てたような気がします。
これでランキングトップにクビサが浮上。ランキング上位のライコネン・ハミルトンがまさかの0ポイントですから、レースは本当に何が起こるか分からないですね。今回は深夜放送でしたが、睡魔に襲われる事は一度もありませんでしたし(笑)。



しかし今回は予想通りの大荒れなレースでした。しかし違ったのは本コース上では無いところで起こった事件が大きく関わったことでしょうか。
ハミルトンのあのアクシデントは、カメラで何度も映していましたが、完全に信号の見落としですね。去年も信号見落としでフィジケラとマッサが見落としによる黒旗失格を演じてましたので、その辺りはフェラーリ陣営も含め注意というかアドバイスがあったのかもしれません。クビサとライコネンが並んで止まっている場所にハミルトンが追突した形になりましたが、あそこで難を逃れたクビサはツイているとしか思えません。CS放送では、ポイントランキングの関係でライコネンのほうに突っ込んでしまったのでは?と穿った見方をしていましたが(笑)、あの状況だとやっぱり左に避けるんじゃないでしょうかね。右側はピットレーン側のコンクリートウォールですし、ハミルトンの動きに不穏な空気があったとは私は思えませんけど、あの時右側に居たクビサの運を感じずにはいられませんね・・。
ライコネンにしたら完全に貰い事故ですし、一般道なら0:10の過失割合ですよね(笑)。普通なら怒り狂っても良いような状況だったのにハミルトンに対してフェアな対応をしていたのは、やっぱりモナコでのスーティルの一件があったからでしょうか・・。
ハミルトンの直後を走っていたロズベルグも恐らく見落としていたのかもしれませんが、クラッシュしたハミルトンに突っ込んでノーズを壊してレースをパーにしてしまいましたし。この2人は次戦10グリッド降格が発表されましたので、今回の代償は大きなものになってしまいました。

マクラーレンはクラッシュリタイア1台とノーポイント1台、フェラーリはリタイア1台と5位と言う事で、散々な結果だったんじゃないでしょうか。唯一の見せ場だったのはマッサのヘアピン2台抜きでしょうか(笑)。


それにしても今回、中嶋のピットインに関して疑問が残りますね・・。約半分消化した時点でピットインしましたが、それまで2番手走行ですからね。ヘタすれば表彰台もありえると思ってましたし、ピットインして燃料フル満タンにしてスーパーソフト側のタイヤを履いて出て行くものとばかり思ってましたが、まさかのソフト側タイヤでしたので、ガッカリを通り越して途方にくれてました(笑)。
ロズベルグはちょうど中間地点でピットし、そのまま最後まで走りきったはずなので、燃料タンク的に問題はなかったでしょう。恐らくバリチェロをオーバーテイクする為に軽い状態でガンガン走ってもらう為だったのか、若しくはレース半分をスーパーソフト側で走らせるリスクを犯さなかったのか、若しくは再度セーフティカーが出ると予想したのか・・。いずれにしても勿体無いとしか言いようが無かったです。ウィリアムズの作戦がどうも保守的過ぎるような気がして仕方ないんですが・・。どう考えてもあそこはフルタン+スーパーソフトだと思ったんですけどね・・。まあ結果は壮絶なリタイアとなってしまったので仕方ないのですが、言い換えれば作戦が違っていれば、あそこに居なかったのかもしれませんし。中嶋のコメントにはその辺りを伺えるような内容はありませんでしたが、真相が知りたいところです。

トヨタも4/6位フィニッシュでグロックが初ポイントとしっかり結果を残しました。バリチェロも体調問題で辛かったと思いますが2戦連続の入賞と、カナダGPは日本勢の活躍が目立ったレースでした。