GT5P RX-7+鈴鹿TA その2

    20



まだまだ気合入れて走ってます(笑)。木曜日の深夜も2時間程走りましたがタイム更新できる気配が全くなく、最後の最後でいい感じで走れたものの自己ベストに2~3/1000秒届かず(笑)。速攻爆睡しました・・。
昨晩はGTR2のレースが終わった後、ブログ用のSS撮りを終え2時くらいから思わず走ってみました(笑)。こんなにTAをするのはGTHDコンセプト以来、本当に久々です。F2007TAは実質2日ほどで中断して放置でしたし・・。でも連日走るとやっぱり体が覚えてきますねー。普段は自分のゴーストを追いかけながら時間を掛けて段々と同じペースで走れるようになるのですが、昨晩はいきなり同じペースで走れ、直ぐにゴーストが後ろに見えるようになってかなり調子が良さそうでしたので、これはタイム更新できるかも?と。
所謂「タイム更新ゾーンに入った」という奴でしょうか(笑)。この感覚が来たら確実に前半中盤と良い走りが出来るので、後半に落ち着いて決めればタイムアップできるはず。そんな感じでようやく2分17秒9フラットまでタイムアップできました。その後、130Rまでコンマ1以上ゴーストを引き離していた時があったのですが、シケインでオーバーランorz。その後何度走ってもセクター1で追いつけなくなったので、ゾーンは去っていったようです(笑)。
結局それ以降更新は出来ませんでしたが、いよいよ17秒7台が見えてきたという感じです。現状その先は全く見えてませんが、そこまで到達したら新たな部分が見えてくるかもしれません。





色々走ってみて感じたことは、F2007でも思った事なんですが、いかにエンブレを効かせてフロント荷重を生かした状態で減速しつつ綺麗にコーナリングし、クリップからリアにトラクションを掛けて曲がっていけるかですね。特に1~2コーナーやスプーンは、ターンインからクリップまでへんにブレーキやアクセルで調整するよりエンブレ+ブレーキ微調整のみで軽く減速しながら曲がっていく方がリアも巻き込み加減になるので、向きも変わってくれてアクセルも開けるポイントが早くなる感じです。ただ進入時のラインや速度によって最適なラインが通れるかどうか、という部分に掛かってきますので非常に難しい・・。毎回同じように走れればいいんですが、なかなか無理っぽいです(笑)。

あと難しいのが逆バンクからダンロップへの進入です。アウト目にマシンを振ってベストラインで通過するのも良いのですが、コンパクトなラインだと結構苦しいライン取りになってしまうんですが、リアがズリっと滑って向きが上手く変わったりしたら意外と速い場合があります。

デグナーはようやく感覚が掴めてきた所ですが、1個目の立ち上がりでどれだけ踏ん張れるかと、2個目の脱出ラインをいかに上手く通れるかでしょうか。ここがホント上手くなくて相当苦労しました。昨晩からようやくこの後のセクター1で0秒2台が出るようにはなりましたが、上位勢は更に速いですからね・・。ここまでのロスを少なくする事が大事だと感じてます。

ヘアピンも微妙な操作が必要ですね・・。ブレーキング完了からブレーキリリースする際にリアの回りこみを利用して向きを変えるような感じですが、いかに立ち上がりでアクセルを早く開けつつリアスライドを抑えるかでしょうか。ただ何時もより若干早めのアクセルオンからリアを少しだけスライドさせて向きを変えつつ立ち上がると何時もより少し先行できるっぽいので、ここでもまだまだ検討の余地はありそうです。

130Rは車速をどれだけキープできるかが全てでしょう。上手く行けば195km/h以上をキープしつつ曲がれるのですが、流石にここまで来てしくじりたくない思いから保守的に行ってしまいます;;。TMG_Takeuchiさんの130R通過は凄すぎです。

シケインもブレーキング開始位置が相当重要ですね・・。ワンテンポ狂ったらもうおしまいです。1個目の縁石通過のラインは2個目脱出優先のライン取りじゃないと絶対ダメっぽいです。2個目進入前に3速に上げる訳ですが、そのタイミング次第で立ち上がりでスライドしたりアウトにはみ出してバランスを崩してしまうとかなってしまうので、ここも体で覚えこませるしか無さそうです。


-------------------------------------


GTHDコンセプト以来、なんかTAの解説モドキな記事になりましたが(笑)、何とかmorihiroさんとpotenzaさん付近までいけたらと思ってます。17秒7台くらいまでは何とかいけそうな雰囲気なんですが、そこまで辿り着ければ、後は炎さんとRAGINGさんが現在おられる17秒6台を目指してみたいところです。皆さんがタイムアップされないことが条件ですけど;;。

でも17秒4台は全く見えないなぁ(笑)。