GTR2 毎夜鯖@Daytona Oval(C6R耐久)

    2



昨晩は毎夜鯖100戦目という節目だったようで、記念レースが行われました。デイトナオーバルでの50周耐久レース(燃料・タイヤ:2倍消費)という事で、私の苦手なオーバルです。苦手というのはコースが覚えられないとかではなく(笑)、恐らくセッティングを根本的に間違っているんだと思いますが、過去数戦参加させてもらったオーバルで確実に1秒以上の差を付けられるんですよね・・。今回のデイトナも45~6秒のラップタイムなんですが、それで1秒とかデカすぎます;;。そういうのもあって参加を悩みましたが、フリー残り20分くらいの時点でJOINしました。
車はCorvette C6Rの毎夜鯖専用Modという事で、フレアパターンのイカしたカラーのやつを選択。セッティングの方向ですが、恐らく(自信無し)バンク中にどれだけ車速を落とさないかという事かと思います。あと左コーナーだけになるので右側タイヤ(特にリア)の負担が大きいので、恐らく左右非対称セッティングにしないといけないっぽいです。バンク通過中に底擦りすると速度低下するので車高を上げました。確かF:8.0/8.5、R8.5/9.0にしていたと思います。ダンパーやスプリングも右側を固めに、キャンバーも右側だけ付けるような感じで空気圧も右側だけ高めに。ウイングは当然1-1、デフ0/0、ブレーキダクト1、ギア比は6速で吹け切らないように(ドラフティング時にも)設定するのみで1~5速は適当(笑)。
ホントはもっと色々試したい事がありましたが20分で試せたのはこれくらい。予選はワンアタックでしたので、コーナーでロスしないよう走るものの46秒中盤で13番手。やはりトップからは1秒も離されてしまいます・・。まあオーバルではこういうものなんだろうと割り切ります(笑)。



さあ決勝です。50周という事ですが、燃費の方は単独で走って4.4~4.5L/周ほど。100L積んで22周くらいでしょうか。これだと1ストップで100L搭載しても8周くらい足りません。もし燃費走行?して4.0L/周で走れれば25周走れるので1ストップも可能かも?と考えます。フリー走行でその辺りを試せなかったのですが、とりあえずダメ元でやってみる事に。最悪どうしても足りなければピットに入れば済むことですので(笑)。ただ心配なのはフォーメーションラップがある事です・・。これで前半は計26周、後半25周(逆でも良い)になってしまうので、3.84L/周くらいで走らないといけません。この辺りも走ってみて考える事にします。
タイヤのほうはミディアムで1スティント持ちそうでしたが、ここはオーバルですのでタイヤが磨耗しようがあまり影響は無さそうな気がしたのでとりあえず最初から前後ハードで挑み、状況次第ではタイヤ無交換で行こうと決めます。
果たしてワンストップ戦略のマシンはどれだけ居るのか。結構面白くなってきました(笑)。


フォーメーションラップスタート。26周走るためにはここで燃料を使わない事が必須。動き出すまでずっとエンジン停止して燃料セーブ、スタート後は6速まで放り込んでアイドリングで走らせます。




それでも3Lくらいは使ったような感じです;;。ホントに持つのかな・・と不安になりつつスタート。オープニングラップでは後方でアクシデントがあり数台が場外ホームラン状態で飛んでいってましたorz。私の方は序盤で7番手辺りまでジャンプアップするものの燃料消費が4.0Lをゆうに超えていたので、これはまずいとペースダウン。後方からBeh2007さんとxanavi-yuukiさんを先に行かせ、ドラフティングを使って燃費を稼ぎます。300km/hオーバーだとかなり引っ張ってもらえるので、アクセルを少し緩めた状態のままでも付いていけるくらいです。それで燃費は3.7~3.9Lの間に。これはいける!とコバンザメのようにずっと引っ付いて走ります(笑)。




この状態で走っていると20周手前くらいからどんどん順位が上がります。やはり2ストップの車が多いんだ、と理解します。これは上手くいけばかなり上位にいけるかも、とワクワクします(笑)。しかしコバンザメさせてもらっていたBeh2007さんとxanavi-yuukiさんもピットに入られてしまい単独走行に。単独走行になると一気に4.0L/周を遥かに上回ってしまうので慌ててペースダウン。すると後方からRothmansさんが追い抜いていったので速攻へばりつきます(笑)。




この後2位に上がったのでRothmansさんが暫定トップかつ明らかにワンストップであると気が付きます。しかし私の方は燃料計算をどう見積もっても1周足らない雰囲気。かなり悩みましたが24周終了時点でピットに飛び込みます。その時点で目の前のRothmansさんは走り続けていったので、これは負けたかな・・とその時点でちょっと思いました;;。
しかし・・ピットインの際にちょっと勢いよく入りすぎたか、リアがいきなりブレイクしてスピン状態になってしまいますorz。リタイアされてピットに戻っていたGENKIさんのマシンに横から激突(笑)。反動でGENKIさんのマシンがピットロード上まで移動しちゃいました;;。多分最後までピットロード上に止まっていたような感じだったので他の皆さんにご迷惑かけました;;。




このスピンで大幅にロスしてしまいましたのでピットでどうするか考えます。タイヤは左側は前後とも十分残ってます。右側はフロントが約半分、リアは1/3くらいの残です。タイヤを使いきってもこのコースなら走りきれるだろうと判断して、タイヤ無交換で行く事に。燃料だけ満タン100L搭載して即ピットアウトしていきます。




6番手でコース復帰しましたが、26周走らないといけないので最低でも4.0L/周以下(3.84Lで26周)で走らない事にはガス欠してしまいます。コース復帰した際、周りに誰も居なかったので燃料消費は4Lを遥か超えてます・・。これはまずいとペースを落とします。すると後方からBeh2007さんがやってきたので、何とか引っ張ってもらおうとバンク下を通って先に行ってもらおうとしましたが、バンク部とフラット部のところまで降りてしまって挙動を乱します・・。何とか立て直したもののかなりヤバかったです。




このミスでBeh2007さんはあっという間に離れてしまいドラフティングも出来ない状況になってしまいます・・。その時後方からSUZUMEさんが近づいてきていたので前に出てもらってここからずっと引っ張ってもらいます。燃費は3.8~3.9L/周くらいに回復。




暫くこの状態で走っていると後方からninnekoさんが追いついてきました。ペース的に速そうだったので、今度はninnekoさんに引っ張ってもらう事にします。タイミングを逃して離れてしまったらオシマイなので、かなり必死に食らいつきます(笑)。




この状態でかなり走ります。40周を過ぎた辺りから上位勢の2度目のピットインが始まったようで、順位がどんどん上がっていきます。44周目には2番手まで上昇。トップはRothmansさんで30秒以上前方を走られていました。残り5周ほどで3位のRyoさんとは20秒近い差があったように思えます。しかし燃費がいよいよヤバくなってきました。周回残と燃料残を計算しても、どうみても1~2Lほど足らないような気がします。これはまずい・・・とninnekoさんの後方を離れて単独で超燃費走行をします。お陰でRyoさんにあっという間に追いつかれてきてぶち抜かれますorz。その後ろにはRothmansさんがやってきていました。




残り2周。確実に走りきれない燃料残ですので終わった・・・と思ってましたが、よく考えたらRothmansさんに抜いてもらったらラップダウンになるので49周時点でチェッカーを受けられる!と。同一周回でもラップダウンでもこの順位は変わらないわけですし、これしかないとRothmansさんの後ろにつきます。
しかし、ワンストップのRothmansさんも燃料が相当厳しいのか明らかにペースが悪いです。私もゆっくり走ればいいやと気楽に考えてましたが、今度は4位のEMIRIOさんが急激に近づいてきています。49周時点でチェッカーを受ければ燃料は十分余るのでこの時点で全開走行できたのですが、目の前にペースを落としているRothmansさんが居る為、追い抜いたら同一周回となって私はガス欠リタイアになります(笑)。どんどん迫るEMIRIOさん・・・私はペースを上げる事も下げる事も出来ない状態で、運命は完全にRothmansさんに委ねられた形でした(笑)。

最終ラップでEMIRIOさんに真後ろまで迫られたものの、何とか3位チェッカー。EMIRIOさんとは0.8秒差でした・・・。Rothmansさんは最後ガス欠状態でトップチェッカーを受けられたそうです(笑)。走行中に大きな地震でかなり揺れたそうですが、しっかり優勝されてオメでしたー。




-------------------------------------------------

いやー今回のレースは本当に楽しかったです。戦略(1ストップ作戦)とアイデア(タイヤ無交換、ラップダウンでの燃費稼ぎなど)を存分に生かせた結果だと思いますので順位はともかく満足感一杯のレースでした(笑)。しかしRothmansさんに後から話を聞くとタイヤ無交換+ワンストップと完全に私と同じ戦略でしたので、それでちゃんと走りきれる燃費管理といい流石だなぁと思いました。完敗でした・・。


■リザルトデータ

日時:2008/07/23 62戦目
コース:Daytona Oval
車種:Chevrolet Corvette C6-R LG Motorsports
予選:13位 46.544(+0.886)
決勝:3位 40:28.803 LAP49(+1Lap)
レースラップ:9位 45.762 LAP10(+0.783)
詳細データ:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_all_2/Maiyo_000.html