GTR2 毎夜鯖@Imola(Gallardo mod)

    2



ガヤルドmodでのイモラです。このコースは得意でもなく苦手でもないという感じのコースですが、何にしてもこのコースはバリアンテアルタが最大の難関。ここを上手く通過出来るか出来ないかで、タイムがかなり変わります。今までGT3 RSRで何度か走りましたが、ここを上手く通過出来たのはレース中に1~2回しかないといった具合でしたので(笑)、今回ガヤルドではどうか・・。
セッティングは無かったのでフリーでは1から作り始めます。変更したのはギア比、ウイング(2-7)、デフのPOWER側(35)、リアスプリング(最弱)、リアアンチロールバー(最弱)、各種ダクトといったところでしょうか。46秒6台が何とか出せたので、こんな感じかな?と思ってましたがフリー終盤にRothmansカラーのセナさん(笑)は45秒6台に入っていたので、この時点で負けを確信しました;;。どうもガヤルドの良セッティングを見つけられたっぽいですね・・。
予選はワンアタックですのでミス無く何とかフロントローを目指そうとアタック。若干ミスがあったものの46秒フラットまでタイムを伸ばせ暫定トップに。あとはRothmansさんをチェック。トラフィックに引っかかって結構ミスが目立ってましたが45秒8でPP獲得。何も無ければ44秒台とか出されていたかもしれませんねorz。
決勝はスタートで無理をせず、どれだけ後ろに食らい付いていけるか、それがポイントとなりそうです。



タイヤはフリーで見た限りS/Sでも十分持ちそうでしたので、S/Sで行く事に。燃料は2.7~2.8L/周ほどの消費でしたので、少し余裕目に45L搭載。

ローリングスタートでレースが始まりましたが、やはりタンブレロまでにRothmansさんに先行されます。ペースも速かったのでこちらがワンミスしたら速攻消えていかれそうな雰囲気でしたので(笑)とにかくスリップが効く範囲内に居るよう必死で走ります。
2周目までは後ろから見ている限り細かいミスをされていて結構挙動不審な感じでしたので(笑)、大きなミスをされるかも・・と思ってましたが、2周目のリバッツァでやはりスピン;;。スピン後の相手車両の進行方向の読み違えで私も突っ込んでしまい、その隙にRazheadさんがトップ浮上。xanavi-yuukiさんが2番手になって私が3番手、Rothmansさんが4番手となります。

その後Razheadさんから私までの3台が接近してバトル状態に。そのプレッシャーに耐え切れなかったのか(笑)、Razheadさんがリバッツァでコースオフ。これで2位に。トップのxanavi-yuukiさんもプレッシャーがあったのかバリアンテアルタで姿勢を崩して私がトップ浮上。暫くこの順位をキープしていましたが、S/Sタイヤで出ていた私はこの辺りからグリップが厳しくなってきます・・。タイヤ消耗はそれほどでもなかったのですが、ブレーキングでロックしやすくなりクリップに付けなくなってきます。あっという間に後方からRothmansさんとxanavi-yuukiさんが追いついてきて3台が接近戦となってしまいます;;。

このプレッシャーに耐え切れずリバッツァで姿勢を崩してコースオフ(今回は皆さんここが鬼門でしたね)。Rothmansさんがトップに立ち、私は辛うじてxanavi-yuukiさんの前で出れたものの、ペースは明らかに違っていてオラオラされまくります;;。ブロックラインを通ったり何とか凌ぎますが、プレッシャーに耐え切れず(笑)11周目のアクアミネラリでアクセルを開けすぎてしまいスピン・・。ここで3番手に落ちて万事休す。スピンターンでカッコよく素早く復帰したもののリアタイヤを相当痛めてしまって真っ赤に(笑)、ペースが更に落ちてしまいます。後方からはRodgersさんが2秒差ちょいまで来ていましたので、再度ペースを上げます。

しかしRodgersさんは燃費が厳しかったようで、残り2周はそれほど差を詰められずそのまま3位でフィニッシュ。上位2台は20秒近く先行されていたのでホント完敗でした。完全にタイヤチョイスの失敗でした;;。でも今回のレースは結構楽しませてもらいました。お疲れでしたー。


■リザルトデータ

日時:2008/08/28 72戦目
コース:Imola -Autodromo Enzo e Dino Ferrari
車種: Lamborghini Gallardo MGT Super Aguri F1
予選:2位 1:46.027(+0.206)
決勝:3位 25:28.750 LAP14(+19.813)
レースラップ:3位 1:46.750 LAP3(+1.086)
詳細データ:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_all_3/Maiyo_000.html