GTR2 毎夜鯖@SUZUKA(SGT300 MOD)

    2



今回のSUPERGT300シリーズmodは鈴鹿ラウンドです。前回のメルボルンは用事で参加出来なかったので、今回は気合入れて参加します。毎回鈴鹿は大人気なので早めにJOINしますが、あっという間に28台埋まったので入れなかった方も幾名かいたみたいですね・・。
さて前回のメルボルンで上位入賞した方々はウェイトハンデ(以下WH)が課せられていたので、ノーウェイトの私は有利だろうと考えていました。セッティングに関しては、足回りは殆どデフォのままで車高F7.0/R7.5にしただけです。ウイングは2-6、デフもデフォ、ギア比は入念に微調整します。特に今回のRX-7は下がスカスカなのでS字で失速しないようレブギリギリのところで通過していけるよう、逆バンクまでホールドでいけるような設定になるよう考えます。同じ考えからヘアピン・シケインも2速立ち上がりは激しく失速するので、1速で上手く立ち上がれるよう、2→1速に落とした時に挙動が安定するようなギア間を考えて設定しました。
今回、フリー走行が無くQ1が30分・Q2が15分という形のようでした。Q1ではタイヤ消費と燃料消費具合をチェックする為9周ほど連続ラップを行ったあと、2周分の燃料を積んでアタック。2分1秒台が出た時点でQ2のワンアタックに備えます。残り4分半くらいの時点でピットアウトしますが、Q1より1秒以上遅いタイム・・。しかしQ1のタイムを破られること無く予選PPが確定しました。



今回は1周辺り9.8L辺りの消費だったので、余裕目に10Lと考え、9周(90L)+9周(90L)のちょうど半分で区切ります。ピット混雑による万が一の大幅ロスを考えピットインタイミングをずらそうかと考えましたが、スタートでトップに出れれば最初にピットストップできると考え、当初のストラテジーのままで行きます。タイヤに関してはQ1で連続走行した際に、M/Mで持つ事が確認できていたので、そのセットで行きます。エンジンレブリミットは、以前からMAXの1個下げでも殆どエンジンヘルスが減らなかったので、ラジエターダクトを4にした上でレブMAXのまま決勝を走ります。

さあレーススタートです。スタートは2番手の同じRX-7に乗るzerosikiさんを意識していましたが、まさかのフライングだったようでブラックフラッグになられました・・残念でした。




2番手にZEAL-Rさんが上がられて序盤を走ります。1~2周目くらいまでは差がありませんでしたが、そこから少しづつペースアップしていき差を広げていきます。




予定通り9周終了時にピットイン。しかしこの頃には結構ピットに入られている方が居て焦りましたが(笑)、何とかピットスペースは空いていて良かったです・・。燃料90L給油+タイヤ前後交換します。




その後ペースを上げて自己ベストを更新しながら走行します。レース終盤は周回遅れの方も結構出てきましたが、殆どロスなく走らせてもらえましたので感謝です。




18周を走りきりトップチェッカー。




---------------------------------------------------------------


今回はWHが無かった影響でかなり思い通りのレース展開でした。WHが重かった方は相当ペースが厳しくタイヤダメージも酷かったようなので、今後気になる要素です(笑)。次戦はモナコでのスプリントレースとなりますが、スプリントレースには前回耐久での決勝結果からWHを加算される事が無いようなので、私も次のモナコはノーハンデで走れるみたいです。
WHのことを考えるとモナコではそこそこの決勝順位に抑えておいて、次々戦での富士耐久では少しでもWHを減らして上を目指すという戦略も取れそうですが、そういうややこしいのは抜きにして、次のモナコも全開で行こうと思ってます(笑)。シーズン終盤になって総合優勝争いを考えるような状況になったら考えるかもしれませんけど(笑)。


■リザルトデータ

日時:2008/09/13
コース:鈴鹿サーキット
車種:AMEMIYA ASPARADRINK RX-7 RE AMEMIYA
予選:1位 2:01.689(-1.260)
決勝:1位 38:45.849 LAP18(-42.620)
レースラップ:1位 2:02.644 LAP13(-1.232)
詳細データ/ポイントランキング:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_sgt2/Japan_SGT300_Series2.html