GTR2 毎夜鯖@Monaco(SGT300 MOD)

    4



今回はSGT300シリーズ戦の第4ラウンドです。モナコ市街地コースでのレースとなります。ここは比較的得意といいますか、市街地コースは結構好きな部類に入りますので、気合入れて参加しました。マシンはRX-7なのですが、最初にセッティングを軽く作って走り出してみるものの、ヘアピン区間はシケイン区間など低速コーナーからの立ち上がりで失速しまくるので(笑)、おいしい回転数をもっと使えるようにと暫くはギアセッティングに勤しみます。それなりに良い感じに仕上がってきたので、後は細かい部分を微調整していきます。フリー走行を走っている感じでは同じRX-7に乗るEMIRIOさんとEldrickさんがタイム的に抜けている感じでしたので、私も頑張りたいところでしたがミスが多くまともなタイムが全然出せず少々焦り気味に・・。残り時間僅かのところで良い感じで走れていたのですが無常にもフィニッシュラインに届くことなくNEXT SESSIONに・・。
予選はワンアタックですが、フリー走行でしっかり一周走れていなかったので不安ではありましたが、予選残り3分30くらいのところでピットアウト。良い感じで走れたのですが、ポルティエ進入でイン側に若干接触してしまいます(1988年のセナみたいですが(笑))。それでもまだいけるかな?と思いましたが惜しくも3番手タイム。



決勝スタートは何とか上手く決まり、イン側からEMIRIOさんとサイドバイサイドでリバージュを駆け上がります。ここで何とか前に出ることが出来2番手に。その後Eldrickさんを必死で追いかけますが、差が詰まったり離れたりでなかなか追いつきません。1~2秒差あたりの攻防で走りますが、若干ミスされていたEMIRIOさんが後方から追い上げてきます。みるみる近くなってきたので、少しづつプレッシャーが掛かってきます(笑)。以前からEMIRIOさんのモナコの速さは目を見張るものがありますので、前に出られるとまずいと思い必死で走ります。しかしミラボー進入でブレーキングポイントが若干遅れてしまい、曲がりきれずに直進してしまいます;;。

痛恨のミスで焦った私は、後方から来る車を確認(右視点を押しながら)しつつ進んでいましたが、その視点の方に進んでいると何故か勘違いして(笑)、ガードレールに思いっきり接触orz。これでタイヤがパンクしてしまいます;;。
あまりの出来事に呆然としましたが(笑)、チャンピオンシップを考えた上ではリタイアは避けたいと思い、何とかピットまでたどり着きます。タイヤ交換してピットアウトした時には周回遅れこそなっていませんでしたが、完全ビリ状態に・・・。でもまだまだ先は長い状態なので、ここから頑張れば少しでもポイント獲得できるかもしれないと思って気合いれて走ります。

しかし、タバコ屋コーナー進入でイン側を攻めすぎてしまい、ガードレールにヒット・・。その反動でマシンコントロールが不可能になり反対側のガードレールに激突。その瞬間タイヤが吹き飛んだのが見えたので(笑)、即ESCキーを押してリタイアしましたorz

レースはEldrickさんとEMIRIOさんのマッチレースとなり、最終的にはタイヤの消耗度の違いからかEMIRIOさんが優位に立ってそのままトップチェッカーでした。おめでしたー!

-----------------------------------------------------------------

いやー。この結末は想定外でした(笑)。幾らなんでも表彰台圏内ではチェッカー受けられるだろうと甘く考えていたのでダメですね;;。これで大きくポイントを失いましたので、辛うじて2位に落ちただけとなりましたけど、上位の差も少なく混戦模様になってきました。まあレースですからこうなる方が楽しいんですが、走っている方は気が気でないですね(笑)。
来週は富士での耐久ラウンドとなりますが、このコースは比較的苦手な部類になりますので、無理せず完走を狙って着実にポイントを取っていこうと思っています。


■リザルトデータ

日時:2008/09/20
コース:Monaco 2006
車種:AMEMIYA ASPARADRINK RX-7 RE AMEMIYA
予選:3位 1:38.493(+0.083)
決勝:23位 Suspension LAP5(+11Laps)
レースラップ:5位 1:39.247 LAP2(+1.031)
詳細データ/ポイントランキング:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_sgt2/Japan_SGT300_Series2.html