GTR2 毎夜鯖@PaulRicard/Fuji(SGT300)

    2



更新が滞ってましたので一気にアップしておきます。風邪引いたのもありますが、仕事の悩み?もあったり、昨日は義母が交通事故にあって仕事場から大急ぎで病院に駆けつけたり(赤信号無視の車が突っ込んできたみたいです。自転車に乗ってた義母は右足首関節部の複数骨折でしたが元気そうで安心でした)、飼ってたネコを私の自宅で預かる事になってそれの準備に追われたりと大変な日々でした・・。
さてポールリカールは以前も走ったコースではありますが、その時は1975年コースでした。今回は最新のテストトラックとして生まれ変わったHigh Tech Test Track(HTTT)が舞台です。ここはネット上の写真でもあるようにブルーのストライプがいたるところに書かれているへんな模様のコースですが、1975年レイアウトの時と同じように超ロングストレートがあるレイアウトでのレースとなります。
富士はお馴染みあの富士ですが、SGT300シリーズ戦となります。F1の予選と思い切り被っていたので参戦をどうしようか悩みましたが、チャンプ獲得という目標がありますので録画して参戦することにしました(笑)。



まずはポールリカールから。マシンは最近何度か乗っているピレリタイヤ仕様のGT3 RSをチョイス。ウイングは1-1にしてストレート重視で走ります。フリーからまあまあいい感じでは走れていましたが、タイム的にイマイチといった感じです。やはりコーナーでの踏ん張りが利かず、大きくロスしている感じも見受けられますが、何とかそれで走れるようセットアップでごまかしていこうと。どこをどう弄ったか忘れてしまいましたが(笑)、ポルシェ勢ではBiturboのBeh2007さんには僅かに及びませんでしたが、それ以外のRSR勢も含めたトップタイムで予選を終えることが出来たので上出来な予選でした。予選は9番手でした。

レースはスタートでいい感じに決まり、順位を若干上げます。オープニングラップは凄い混戦の中、左右後方を確認しながら走るだけで精一杯といった感じでかなり緊迫感がありました(笑)。その中、上位勢の方から少しづつミス等があって順位を4番手まで上げます。



このまま4位で終われれば上出来だなーと思いながら走るものの、コーナーで滑りまくる挙動に耐え切れずスピンを喫し、大きく順位を下げてしまいます・・。それで緊張の糸が切れてしまったのか、最近のレースと同じようにグダグダ展開となってミス多発;;。結局15番手まで順位を落としてチェッカー。何時ものような展開で終わりましたorz。もうRSとか乗るのやめてM3でも乗ろうかな(笑)。


■リザルトデータ

日時:2008/09/26
コース:PaulRicard HTTT
車種:Porsche GT3-RS Autorlando Sport
予選:9位 1:51.175(+1.357)
決勝:15位 17:39.269 LAP9(+59.590)
レースラップ:7位 1:51.441 LAP4(+1.820)
詳細データ:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_all_3/Maiyo_000.html




------------------------------------------------------------------------


お次は昨晩のSGT300シリーズ戦です。前回モナコではリタイアを喫してしまったので、今回は何とか優勝を狙って気合入れてました。セッティングは試行錯誤しつつウイング2-4にして足回りは殆どデフォ(車高のみ7.0設定)。ギア比をコースにあわせて調整して走り出します。しかしやたらと滑りまくってなかなか上手く走れません。おかしいなぁと思ってラップチャートを見ると何故か60kgのウェイトハンデ状態に(笑)。IRCでその事を報告するとどうも予選時のリザルトでウェイト設定をされていた模様;;。しっかり予選時には元に戻っていたので一安心しました。

その影響か、予選では全く問題ない挙動と変わっており、セクター2まではほぼ完璧なラップを刻めていました。上手くいけばかなりの好タイムが出せそうな感じでしたが、最終コーナーでオーバーランしてしまい大きくロスしてしまいます・・。結果4番手で予選を終えましたが勿体無かったです。

決勝はスタートでミスされたっぽいtakkamさんを抜いて3番手で。この前半戦はzerosikiさんとxanavi-yuukiさんとの3つ巴でかなり激しいバトルとなりました。ムルシエラゴはタイヤがかなり厳しいらしく燃費もキツいということなのですが、私とzerosikiさんのRX-7勢2台に食らいついてこられてましたので、良い走りをされているなーと思ってバトルを楽しませてもらいました。その後zerosikiさんを何度か1コーナーで仕掛けるもののブレーキングで止まりきれなかったりとで数回抜き返される展開に。3度目にようやくブレーキングでかわせてトップ浮上。zerosikiさんバトルthxでした!



その後ピットインタイミングはxanavi-yuukiさんと同じタイミングとなりましたが、給油量がやはり違ったらしく(私は88L給油、ムルシは100Lとの事)こちらの方が早くピットアウトでき差を広げることが出来ました。その後は後方との差も大きく広がり、ペースをキープしながらトップチェッカー。3勝目を上げて再度ランキングトップに浮上しました。

RX-7は勝って当たり前のマシンみたいですから、負けたら恥(笑)と思ってこれからも頑張ります。


■リザルトデータ

日時:2008/09/27
コース:FUJI SPEEDWAY
車種:AMEMIYA ASPARADRINK RX-7 RE AMEMIYA
予選:4位 1:41.988(+1.060)
決勝:1位 39:02.479 LAP22(-19.073)
レースラップ:1位 1:40.640 LAP15(-0.419)
詳細データ/ポイントランキング:http://maiyosaba.sakura.ne.jp/result_sgt2/Japan_SGT300_Series2.html