終わった・・・

    4



シーズンが終わりました。最大13ゲーム差を逆転・・・ですか。今日の試合も「あと1本」が出ないシーズン終盤の阪神そのものの試合でした。もう誰が良いとか悪いとかそういうのではないですね。アッチソンも今回スリーラン打たれてまさに戦犯みたいな感じですが、シーズン中盤から後半に掛けて中継ぎとして圧倒的なピッチングを 見せてくれましたし、新井の北京離脱やケガもありましたが、それもどの球団にも言えることですし。とにかくシーズン後半がダメだったというよりも前半中盤の戦いぶりが投打とも全て噛み合っていたからこその快進撃だったと思います。ただそれ以上に後半戦の巨人が強かったということです。本当に驚異的な強さでしたね・・。あまり敵を褒めたくはありませんが(笑)、アッパレとしか言いようが無いです。
CSに向けて・・・と行きたいところですが、この勢いだとヘタすれば中日にすら負ける可能性すらあります。何とか踏ん張って巨人との直接対決まで持っていって欲しいです。
ただ心配は今後です。巨人がクリーンナップを除いて若手がかなり台頭してきていることです。2軍で長らく下積み生活を過ごしてきた生きの良い若手がどんどん出てきましたよね。その活躍は本当に無視できません。しかし阪神は高齢化(笑)がかなり進んでいるのに若手の台頭が無いんですよね・・。ピッチャーでは岩田や石川など期待できる選手が出てきましたが野手の方はというと・・・。この辺りを解決していかなければ90年代の時のような暗黒時代が戻ってくる可能性もある訳ですから、桜井や林・狩野などもっと頑張ってもらわないと。