レッドブル1-2フィニッシュ - 2009年 F1 第3戦 中国GP

    6



またしても雨のレースとなった中国GP。遂にブラウンGPの牙城を崩したレッドブルがワンツーフィニッシュとなりましたねー。予選から絶好調でありましたが、決勝でもその速さを存分に生かした形となりました。それにしてもヴェッテルの速さは昨年のモンツァでもそうでしたが、雨のレースとなると別格ですね。間違いなく彼の将来は明るいと思いますが、これから色んなオファーがあるだろう中、適切な時期に適切なチームに行くという部分が大事なんでしょうね。この辺りは運も必要ですし、神のみぞ知る部分もあるでしょうが、将来のワールドチャンピオンとなるであろうヴェッテルの若かりし頃を今見れるというのも興味深い部分ですよね。
先日の記事にも書きましたが、ダブルディフューザーが合法となり、マクラーレンとルノーが早速搭載してきましたよね。ルノーのアロンソは軽タンではあるもののフロントローを獲得、マクラーレンは今季初のダブル入賞と、明らかに効果を発揮しているような感じですが、以前から言ってるようにポン付けするだけでは効果は望めませんので、ヨーロッパラウンドに入っていく頃からは、その辺りの熟成が進んでどんどん速くなっていくんでしょうね。その時にブラウンGPがどこまで今の戦闘力を維持できるのか、この辺りが非常に興味がありますねー。レッドブルもシングルディフューザーであってもここまで速さを見せている訳ですので、ダブルディフューザーを搭載するだけでは全体的なバランスを崩しかねませんから、モナコGPには出せそうという新ディフューザー搭載マシンでニューウェイの力が再び見れるのかもしれません。




■レッドブル
これまで優勝まであと一歩足りないといった感じでしたが、遂に今回表彰台の中央にきましたね。しかもワンツーですから、言う事なしの結果です。勿論今年のマシンが良いという事もありますが、今回はコンディションに大きく助けられた部分も大きいんじゃないでしょうか。
レッドブルのマシンは恐らくタイヤに対して少し厳しい特性を持っているのかもしれません。なのでウェットではタイヤを適正温度に持っていくのが有利だったんじゃないでしょうか。バトンはレース中にウェービングしてタイヤを暖めようとしていたくらいですので、コンディションが明らかにあっていなかったように思えますし。ブラウンGPはウェットでの経験も殆ど無いマシンですので、これからの課題が見えてきたのかもしれません。
なので、レッドブルの勢いは現状ではまだブラウンGPより上という事ではないと思うんですよね。今回のコンディションがレッドブルマシンに明らかにマッチングしたという感じだと思います。

■雨とスーティル
これだけ雨に降られるというのも、開催時期やレース時間など何だか最初から計算されているんだろうかと思ってしまうくらいですが(笑)、雨が降ると本当にレースが荒れますね。その中でフォースインディアのスーティルが本当に光ってました。モナコでライコネンに追突され素晴らしいリザルトを失った訳ですが、今回は自身のミスによってその結果を失う事となってしまいました・・。でも雨の中毎回良い位置を走っているという事は、やはり彼の実力が素晴らしいものである事を証明していますよね。
今は苦しいマシンで頑張っていますが、いずれビッグチームから声が掛かって階段を上がっていきそうな気がします。

■フェラーリとマクラーレン
まさに天国と地獄といった両者の結果でした。フェラーリはまたしてもノーポイント。2戦連続でノーポイントは17年ぶりといってましたが3戦連続だと何年ぶりになるんでしょうね(笑)。マシンに速さが無いのは明らかですが、信頼性もかなり低いマシンになっていますのでKERSすら非搭載にするという苦渋の決断をした訳ですが、それすら良い方向に進む事はありませんでした。それにしても今年のフェラーリのこの状況を予想した人は居るんでしょうかね(笑)。それくらい予想外の今シーズンだと思います。シーズン前テストでもブラウンGPが登場する直前まではフェラーリが今期最速マシンと思われていたのですからね・・。
マクラーレンはダブルディフューザーを搭載したのも多少影響はあるのでしょうがダブル入賞。それでも速さが足りないのは明らかですし、これからどれだけ追い上げてくるか楽しみではありますね。

■日本勢
トヨタは期待されたからは程遠い結果だったんじゃないでしょうか。トゥルーリはペースが上がらず最後は追突されてリタイア。しかしグロックはほぼ最後尾から追い上げて7位入賞と、渋い活躍を見せていますよね。でも優勝を狙うにはヨーロッパラウンドに行くまでに・・という気がしますし、次戦バーレーンGPではかなり気合入れていくんじゃないでしょうか。 中嶋一貴は予選決勝とどうしても歯車が噛み合っていないような感じですよね。マシン的には戦闘力はあるはずですが、ロズベルグもそうですが何となく去年みたいな感じでこのままズルズルと落ちていくような気がしますし・・。何とか頑張ってもらいたいものです。

■次戦
バーレーンGPはあまり雨の心配はしなくても良い気がしますが(確率的には降る事もありますが)、1週間後の連戦となります。マシンのアップデートもあまり望めませんので、勢力的には今までとあまり変わる事は無いかと思います。ブラウンGPの直ぐ後ろにレッドブルが来て、同じくらいにトヨタ勢が、その後ろにウィリアムズやルノー・マクラーレン辺りが横並びにひしめき合うような感じではないでしょうか。次戦も楽しみです。