バーレーンGP予選

    7



仕事が忙しすぎて全く更新出来ませんでしたので、予選でも振り返ってみようと思います(笑)。先ほどライブタイミングでずっと予選を観戦してましたが、文字情報だけでも案外脳内想像できるものですね(笑)。
フリープラクティスから好調だったトヨタ勢ですが、遂に今季初PPを獲得しましたね。しかもトゥルーリとグロックのワンツーというオマケつき。燃料搭載量がどうなっているかにも因りますが、3位以下のタイムを見る限りでは軽いのかなーという感じには見受けられます・・。トゥルーリとグロックのタイム差を見ても搭載量が違うっぽく、レース戦略も違う感じですので、明日はどちらかが良い結果を残すような感じがしますねー。ただ予選では軽めでPPを狙う戦略が多いものの決勝ではパっとしない結果になるケースが多いので、明日の決勝がどうなるか見ものです。
ヴェッテルは予選3位とまたまた好調を維持してますが、ウェバーがQ1落ちとトラブルでもあったんでしょうか。ブラウンGPが4位/6位と位置してますが、4戦目にして完全に上位集団に飲み込まれてしまった感じですね。F1の進化のスピードは末恐ろしいです(笑)。フェラーリはQ3に残ったものの8位/10位とこのあたりが今のマシンの能力の限界っぽい感じがしますね・・。ハミルトンのマクラーレンはやはりトップチームだけに開発の底力を見せてきている感じがします。ブラウンを1台食ってる辺りからもその辺りが垣間見れますねー。アロンソは流石にマシン能力以上のものを引き出している感じがします。ピケJrはQ2進出こそしたもののパっとせず15位と、あの件が頭を少し過ぎる結果となりました;;。
明日の決勝も生では見れないですが(どこかで配信やってませんか?(笑))、5月からはいよいよフジNEXT加入となるので、HD画質で見れるようになるのが楽しみで仕方ありません・・。