バリチェロ、5年ぶりの優勝 - 2009年F1第11戦ヨーロッパGP

    4



2009年も後半戦に入ったF1シーズン、どうしても勝てなかったルーベンス・バリチェロが遂に今季初優勝。レースというものは上手くいくときは本当に全てが上手く回るという見本のような展開でしたね。まるで初優勝を飾ったルーキーのように無線で泣き震える声が印象的でした。






スタートではフロントロー独占したマクラーレンが逃げる展開に。それにしてもマクラーレンの復調は驚きを通り越して恐ろしいくらいのチーム力ですね・・。テストも全く出来ない状況なのにこれだけマシンを開発してくるとは、一体どういう事をやってるんでしょうか。まあ大半はシミュレーション作業に費やしているんだと思いますが、それだけ精度の高い作業が可能なシステムを持っているんでしょうね。

話がそれましたが、逃げるマクラーレンを追いかけるバリチェロ。給油搭載量を見る限り、マクラーレンが先に入って後からバリチェロが入るという形になるのは分かっていましたが、それでコバライネンをかわして2番手に上がるバリチェロ。その後はどうなるのかと思っていましたが、僅差ではありつつも何となく今シーズンを見る限りギリギリかわす事が出来ずに2位のままで終わるのかなーなんて思ってました(笑)。しかしハミルトンのピットイン時に致命的なミスが起こり、バリチェロに逆転を許します。これでそのまま逃げ切って優勝という形でしたが、決して棚ボタ勝利ではないかなって思います。何故ならハミルトンがピットインして2周(だったかな)を最速ラップ連発で周回していたのがまずポイントだったかと思いますので。ハミルトンが通常通りピットをこなしていても、逆転されていたかもしれません。多分かなりギリなタイミングだったとは思いますが・・。
ハミルトンのピットに関しては、あと1周延ばそうと無線で指示した時点でピットロードに向かっていたという状況だったようで、クルーは次の周に入るという風に思っていたみたいで、あのようなドタバタになってしまったみたいです。ハミルトンもコメントしてましたが、勝つ為にギリギリの選択をしていたという点で、やはりマクラーレンというチームは凄いなと思ってしまいます。

そんな感じで2004年中国GP以来の優勝となったバリチェロ。無線では完全に涙声で感謝を表してましたね・・。今シーズンは自身が思うように勝てず、バトンばかりが優勝するような状況に苛立ちを感じていたはずですが、やはり勝つ時というのはやっぱりこういう感じなんでしょうねー。パルクフェルメにマシンを止めた時に頭頂部のマッサヘルメットデザインをたくさん見せていたところも良かったです。

レッドブル勢はヴェッテルがリタイア、ウェバーが9位とノーポイントで終わってしまいました。ペース的にはやはり今回のように高気温だとタイヤが厳しいのでしょうか。ブラウン勢にとっては待ってました!的な気温だったと思いますが、バトンは上位フィニッシュのチャンスをスタート直後に失ってしまって勿体無かったですね・・。まあ少なくともウェバーとの差を広げれた事、これだけでも十分価値のあるレースだったと思いますが、次戦スパでの低温になるだろうコンディションでは果たしてどうなるでしょうか。

フェラーリはライコネンが3位と結果を残しましたが、バドエルの方は散々たる結果でしたね・・。やはり10年近くレースから離れていて、今季殆どマシンに乗れない状況だとこんな感じになってしまうんでしょうか・・。もしミハエルが乗っていたら、どんな感じだったんでしょうね。何となくこの結果から、予選上位に来ていたとは思えないような気がしますが・・。
それでも今週末のスパにはバドエルが再び乗る事が決定したようですし、ジェネの心中やいかに。

日本勢では中嶋の運の無さ(笑)はもうお馴染になってきましたが、ロズベルグがこれだけ毎戦結果を残しているだけに厳しい状況になってきましたね・・。ただ、トゥルーリが来季トヨタを離脱か?という噂に加え、ウィリアムズがトヨタとの契約を今季で終了させたがっているという噂が、中嶋の来季トヨタ移籍を想像させてくれます。個人的にはウィリアムズにそのまま残留して、トヨタには小林などのイキの良い日本人を送りこんで欲しいなと思ったりもしますが。

さあ次はスパ・フランコルシャン。鈴鹿の次に好きなレースですので非常に楽しみです。