Philips Driving Academy

    2



ウィリアムズF1チームをサポートしているフィリップスが、ウィリアムズF1マシンFW29をテストドライブ(!)させてくれるというビックリイベントをweb上で開催してます。フィリップスドライビングアカデミーというイベント?で、去年もやっていたみたいですが、今年は遂に実際に運転させてくれるというところまで進化してるっぽいです。なんか凄い内容にビックリです。
サイトでF1に関するクイズに答えた後、ニュル北コースみたいなところ(笑)でタイムアタックをするのですが、まあゲーム内容は置いとくとして(笑)、それで総合トップ10に入るとイギリスに無料招待され、そこで訓練を受けた後、上位3人にウィリアムズのサポートの元、F1マシンやF2マシンをテストドライブする権利(2シーターじゃなく)を与えられるそうです。アブダビGPを現地観戦した後に訓練開始らしいので11月初旬かと思いますが、仕事休んでも行きたいです(笑)。




参加方法
・ フィリップス・ドライビングアカデミーのウェブサイトを開く。
  http://www.attwilliams.philips.co.jp/
・個人情報を登録し、特別設計のフィリップス・テストトラックで「タイムアタック」する。

・ 最速タイム上位10人はイギリスまでの無料旅行をプレゼントされ評価テストを受ける。
・ 評価テストは数日行われ、そこで最終的な順位が決定される。
・ 3位は、中嶋一貴による指導を受けながらスポーツカーでサーキットを周回する。
・ 2位は、3位と同条件のスポーツカーでトラックを練習したあと、F2マシンで5周走行する。
・ 最優秀者は、スポーツカーとF2マシンでサーキットを練習したあと、中嶋一貴から一対一のブリーフィングを受け、その後FW29に乗りシルバーストン・サーキットを5周ドライブ出来る。


-----------------------------------------------


この内容の凄さと、webページ内でのタイムアタックに使うゲームのショボさの落差が激しすぎるんですけど(笑)。まあ以前ポリフォニーさんが行ったGTアカデミーみたいな感じですね。GT5Pを使うかショボゲーを使うかの違いです(笑)。

昨晩これを見つけて、気がついたら1時間半くらい走ってました(笑)。まあ走るといってもマウスとキーボードの矢印キーの上下でシフトアップ・シフトダウンするだけなのですが、シフトチェンジのタイミングが悪いと失速するので、コース脇のギア選択看板?を参考にすれば、まあそれなりに走れる感じです。またコース端の壁?に当たると失速するので、コツとしては看板のギア選択を忠実に守り、コース端には絶対触れないという感じですね。

一緒にニコ・ロズベルグが出したという最速タイムとゴーストカー(笑)がコースマップ上を走っているのですが、正直ホントにロズベルグが走って出したとは思えないくらいのタイムなんですが・・(笑)。散々やりましたが、ロズベルグの出した(と書いてある)タイム1分11秒台なんて絶対無理です(笑)。昨日の時点では1分16秒5台くらいまでは出しましたが、それ以上短縮しようと思ったら凄まじい精神力と集中力が必要かと・・。

IE8環境で走ってましたが、ちゃんとシフトアップしているのに序盤のストレート?で5速に入れた途端に急減速したりと(笑)、なんか良く分からない挙動でした・・。中盤の細かいセクションでももっとスピード出したいのに出ませんし(笑)。まあ出来の悪いフラッシュゲームみたいなもんですが(笑)、それでもトップ10圏内に入るとイギリス行き確定ですからね(笑)。
皆さんもアタックされてみてはいかがですか?。9月20日までやってるみたいです。私は昨晩やり過ぎで右肩がおかしくなってしまいましたが;;。