GTR2 JPN-MYS鯖@Valencia(Vertigo)

    6



もう季節は10月ですね・・。今年もあっという間に年が終わっていくような感じです。食欲の秋とか読書の秋とか色々言いますが、何となく秋って季節はアクティブに活動したくなるような季節じゃないんですよね(笑)。何といいますか、この物哀しい空気感と言いますか。夕暮れや夜空を冷たい空気に触れながら眺めていると、遠い昔の記憶が蘇ってきたりして、激しくセンチメンタルな気分に陥ったりします。でもそんな気分になるのが嫌いじゃないんですよねー。何となく創作意欲が湧いてくるというか・・。もうギターも触ってませんし音楽は聴くだけ専門になってますけど、頭の中にメロディや詩が湧いてきたりするんですよね。かなり暗いメロディや暗い歌詞ですけど・・。といっても創ったりはしませんけど(笑)。
まあそんな感じで(笑)、この季節になると色んな事が想い浮かんでは消え、あの人は元気かなとか、あいつはどうしてるんだろとか、そんな気分になりながら今回のバレンシアにエリザベス号で突撃JOINします(笑)。意味不明でスイマセン(笑)。




このコースは昔からかなり得意意識があって、エリザベス号を初優勝させるにはもってこいのコースだと、仕事疲れも何のその、気合で参加しました。セッティングは前回走った時のドバイのを使って、ギア比やウイングなどを調整していきます。RSRに乗っていた時から、ここではMAXダウンフォースで走っていたのですが、このmodだとそこまでは必要ないかな・・と思いウイングは2-6に設定。ギア比をある程度煮詰めて走行します。プラクティスから良い感じで走れていたので予選では気合を入れます。

前半のアタックで1:37.286までタイムを伸ばし暫定トップに。その後にウイングを2-7にしてリアの空気圧を下げ(気温がちょっと高かったので)再度アタックするものの、タイムが伸びず上手く走れなくなります。リアタイヤの温度分布を見ても悪くなかったのですが、感覚的にイマイチ良い感じで走れないといった感じで・・。結局自分のタイムを抜く事が出来ず。感覚的には36秒台は絶対入れたと思うんですが、途中で余計なセッティング変更とかしなければ良かったですorz。でも前回のドバイに続きPP獲得。


さて決勝です。タイヤはS/Sで、ウイングは最後まで迷いましたが予選と決勝の路面コンディションの違いを考慮して2-7のままで行く事に。しっかりタイヤとブレーキに熱を入れます。





スタート。2番手のRyoさんに前に出られると厳しい展開になりそうだったので、かなり集中してました。お陰で上手くスタートを切れてトップで1コーナーへ進入。





1周目から良い感じで飛ばしますが、2番手のRyoさんは結構ぴったり付いてきていて、これは辛いレースになるかも・・と思った矢先に、





最終コーナーの進入で減速時のシフトダウンのブリッピングが甘かったっぽく、唐突にリアがブレイクします。よくスピンしなかったと思いますが(笑)、ずっとリアスライドした状態のままクリアしていきます(笑)。スピンこそしませんでしたが、立ち上がりで完全に失速してしまっていたので、あっという間にRyoさんにブチ抜かれていきます;;





3番手のHunkyDoryさんに激しく攻め立てられますが、何とかしのぎます。ROC以外でご一緒するのは随分お久しぶりのような気がします・・。





Ryoさんとは1秒前後くらいの間隔を保ったり、少し詰めたりとしていましたが、なかなか後ろまで接近することができません。これはマズイなーと思ってましたが、だんだんフロントタイヤが厳しくなってきます・・。





そういえば、レース中盤に激しくラグったかと思うと前のRyoさんが点滅してました(笑)。今回SSを撮るのにその時点のリプを見たら一瞬ですが誰も居ない状態になってたみたいです(笑)。こんな事初めてでしたが皆さんどうだったんでしょうか。





そんなこんなでRyoさんとの間隔が僅かづつですがジリジリと離されていきます・・。3番手にはミスされて後退したHunkyDoryさんに代わってMASA3さんが上がってきます。





まだ距離があるなーっと思ってましたが、あっという間に追いつかれます;;。コーナーの立ち上がりが明らかに速かったので(私のフロントがやばくなってきてアンダー傾向になってきたというのもありますが)、ストレートは要注意です。





1コーナーで何とか抑え、その後も真後ろから激しく攻められます;;。バックストレートエンドで横並びになって、イン側の私は何とか耐えようと必死で抵抗します(笑)。MASA3の突っ込みが奥過ぎたっぽく、止まり切れずに真っすぐ行ってしまわれます。かなりプレッシャーから解放されます・・。





トップのRyoさんは独走状態になってきます。コーナーごとにジリジリ離されるので、トップを狙うのは完全に諦め、何とか2位死守できるよう切り替えます。





しかし1周足らずであっという間に真後ろに付かれてしまいます。ストレートも結構伸びてましたし、ウイングは少なくとも私よりは寝かしていると思いますが、あのコーナー速度ですから、立ち上がりで来られるともうなす術がありません;;





1コーナーで見事に大外刈りを決められて3位に転落orz





抜かれてしまったらペースの違いからあっという間に離されてしまい、全く付いていけません(笑)。





3位でチェッカー。





---------------------------------------------



めっちゃくちゃに不完全燃焼のレースでした;;。まずは1周目のあのドリフト大会で大方の結果は見えてしまったのかもしれませんね・・。Ryoさんのペースもかなり速かったので、あそこでミスしていなかったとしても、ずっとプレッシャーを与え続けられて自滅かタイヤ死亡かのどちらかだったと思われます(笑)。MASA3さんもかなり速いペースだったので、どちらにしてもレースは厳しい状態だったかと思いますね・・。
これまで3戦の参加でしたが、PP2回と予選番長みたいになってきてます(笑)。決勝で何とか良い結果を持ち帰りたいところですが、感覚的に予選1発の時のクルマの感覚とレースセッティング時の感覚が微妙に違うといいますか。燃料を積んだ状態だとなかなか上手く走れないという感じです。タイヤに負荷も掛かり過ぎてますし、レース中盤から後半にかけてどんどん苦しい展開になるという感じですかね。レースラップが何時もあまり速くないというのが物語ってます・・。後はブレーキング時の挙動をもう少し詰めていかないと、毎回こんな感じでミスって終わってしまいそうですし;;。
それとやっぱり私はエンジンに優しくない走りなんだと思いますが(笑)、今回も13%→2%までヘルスが減ってしまってましたので、やっぱり回し過ぎなのかもしれないです・・。レブはMAXから2個下げでダクトも全開にしてたんですけどね。エンジン的に高回転向きな感じじゃないので、もっと余裕目にシフトチェンジしてあげないとダメっぽいです;;


■リザルトデータ

日時:2009/09/29
コース:Valencia GP 2004
車種:Gillet Vertigo Streiff GINTAMA ELIZABETH
予選:1位 1:37.286(-0.158)
決勝:3位 21:39.098 LAP13(+4.677)
レースラップ:5位 1:38.659 LAP4(+0.516)

詳細データ:https://dl.getdropbox.com/u/2099624/GTR2Result%204/GTR2Season4_000.html