2010年 F1 第6戦 モナコGP

    10



SC4回出動と大荒れになったモナコGP、勝ったのはマーク・ウェバー。モナコ初優勝であり先週のスペインGPからの連勝、そして連続ポールトゥウィンと、まさに手のつけられない速さを見せています。それにしても印象的だったのは昨日の予選後のコメントです。「自信という点でもう一つのギアを見つけたような感覚」というコメントが何となくウェバーの今後を予感させてくれます。ポイントでもヴェッテルと同ポイントのトップに浮上、コンストラクターズ争いでもレッドブルがトップ。今シーズンは予選の速さから言ってもレッドブル勢の争いが本格的に行われそうな感じですね。一皮向けたベテランウェバーと天才ヴェッテルの争いがこれから面白くなりそうです。

マクラーレンは全くいいところが無く終わりましたが、フェラーリもイマイチと言いましょうか・・。マッサは4位でレースを終えましたが、アロンソは予選前のクラッシュ、そしてSC解除された最終ラップの数百メートルのバトルでシューマッハに抜かれてしまうという失態・・。現時点ではシューマッハとアロンソの最後の争いは審議になっているみたいなので(何で審議なのか分かりませんが・・。シューマッハはラインを越えてから抜いていると思ったのですが)、どうなるか分かりませんが、チームもちゃんとその辺りを指示してたんでしょうかね。
それと気になったのはピットアウト時にイエローラインを踏んだマッサ。もう一人チャンドックかセナかが踏んでたように見えましたが、今回はお咎め無しのレースなんですかね??




ミハエルとロズベルグの争いも面白くなってきましたが、今回予選はニコの勝ち(といってもニコに引っかかってかなりご立腹なミハエルだったみたいですが)、決勝はミハエルの勝ちと、だんだん互角の争いになってきましたね。優勝というのは難しいかもしれませんが、とりあえず表彰台のミハエルをみたいなと前から思ってるんですが、今シーズンそのシーンを楽しみにしたいと思っています。

クビサは予選のパフォーマンス、そして決勝と素晴らしい走りでした。予選ではペトロフとアタックの仕方を変えてましたが、もしかしたらPPを取っていたかもしれないという話なので、そう考えると決勝はもう少し良い結果を得ていたかもしれません。それでも、今シーズンのクビサは評価がうなぎのぼりですし、来季どのチームに行くのか、ルノーは引きとめに必死みたいですが、その辺りも興味が尽きませんね。

そして可夢偉。というかザウバーですが・・。デラロサもトラブルでリタイア。その後一時5位を走っていた可夢偉ですが(もちろんピットインタイミングでこの位置だった訳ですが)、突然国際映像から消え、タイミングモニターには「STOP」の文字。映像には全く映りませんでしたが、ギアボックストラブルという事で・・。信頼性があまりにも低すぎてレースを戦う事が全く出来ていないですよね。こういうレースが続くとどんどん可夢偉の良い印象が消えていきそうで本当に心配です。勿論2度のQ3進出もあり、見ている人は見ていると思いますが、昨年の最終2戦のあの強烈な印象が薄れていって欲しくないです。資金的に大変でしょうがもう少し信頼性を何とかしてもらいたいです・・。