2010年 F1 第7戦 トルコGP

    8



他より抜きんでたマシン性能故か、何時かこんな事が起こるのではないかと思っていましたが、ついにやってしまいましたね・・。
41周目の攻防、ウェバーのインサイドラインからサイドバイサイドになった両者でしたが、映像を見る限り何とも言えない状況かなーと思います。所謂レーシングアクシデントと言いましょうか。その証拠に審議も無かったですし、特にどちらかに指導やペナルティが出た訳ではありませんでしたので。

表彰台後の会見で、バトンがコメントしている際にハミルトンとウェバーが会話しているシーンが映っていて、ウェバーがどうやら状況説明をしていたみたいです。その手ぶりを見ていた限りでは、ヴェッテルがこっちにぶつかってきたというアクションを明らかにしてましたし(笑)、その後のコメントでもそのような事を話したみたいですね。映像を見る限りでは確かにヴェッテルがウェバーの方に寄ったような感じにも思えます。
一方のヴェッテルの方は、接触後に手を上げてアピール、そして頭の上で指を回し、「アイツはイカれてるよ」と言いたげな強烈なジェスチャー(笑)。その後のコメントでもウェバーが寄せてきたと言ってましたので、お互いのコメントは明らかに平行線を辿っている状況です・・。

まあ・・チームがこれら問題を解決するのでしょうが、何となく今後はこの話題が続きそうですね。この1~2年でトップチームに上り詰めた若いチームだけに、今の状況をしっかりマネージメントしきれていないのかもしれませんし、その辺りは今レースでワンツーを決め、激しい争いはあったもののしっかり「燃費」というファクターで両ドライバーをコントロールしていたマクラーレンを見習わないといけません。
ウェバーにしてみれば何時かの富士SWでヴェッテルにやられてますし(笑)、これでプラマイゼロだろ?って考えてるのかもしれませんが(笑)。

さて、最後に可夢偉。ようやくやりましたね。最後は冷や冷やしましたけど、おめでとう!。Q3進出からポイントゲットまで、今レースは可夢偉の良いところが存分に見れたようなレースでした。国際映像にも沢山映ってましたしね。良いアピールになったんじゃないでしょうか。