2010年 F1 第8戦 カナダGP

    4



ハミルトンのポールトゥウィンで終わったカナダGP。すっかり記事を書くのを忘れていました;;。それにしても今回のハミルトンは予選で遂にレッドブルの予選PP記録?を止めたということと、決勝でも難しいコンディションをまとめてトップチェッカーを受けたことと、完璧な内容だったんじゃないでしょうか。前回トルコGPではトップチェッカーを受けても全く手も上げず、感情を全く出さない今季初優勝だったのですけど、今回は嬉しさを爆発させていましたね。やはりレーサーとして、自分の力でもぎ取った勝利という事で嬉しさも格別だったのでしょう。

今回のレースは、決勝スタート時点でタイヤ選択が分かれ、非常に見ごたえのあるレース内容となりました。これまではどのチームもほぼ同じ戦略でのレースでしたので、雨という要素が無い限りかなり単調なレースになっていましたが、今回はドライであっても戦略が大きく変わったので、そう言う部分ではかなり楽しめたレースだったと思います。レッドブルが居ない表彰式も新鮮で良かったですね(笑)。
それにしてもマクラーレンの追撃がいよいよ本格化してきました。勢力図がだんだん変わってくる可能性もありますし、フェラーリもレッドブル風の排気口を取り入れてくるようですし、これからの戦力図がどのようになるのか、結構楽しみです。

さて、写真の件ですが・・・。可夢偉が10位を走っていた時はめっちゃ興奮したんですけどね;;。まさか1周で終わってしまうとは・・。ペーター・ザウバーにもレース後に直ぐ謝りに行ったみたいですけど、今回は確実にポイントを失いましたね。スタート直後は国際映像にも映っていましたし、前回ポイントを取ったという事で映像的にも注目されていたのかと思いますが、今回のクラッシュで評価をまた戻してしまったような感じがします・・。ポイントゲットしていればまた状況が良い方向に行ってたような気がするだけにホント勿体無かったですね;;。
本人もかなり反省していたみたいですし、これを引きずらずにまた可夢偉らしい果敢な走りを見せてもらいたいです。