2011年 F1 第6戦 モナコGP

    6



スペインから2連戦となったモナコGP。ヴェッテルは運も完璧に兼ね揃えてますね・・。6戦5勝で圧倒的なシーズンを送っています。ブラウンGPのバトンのようなシーズンと言いましょうか。チャンピオンシップの行方はほぼ決定といった感じに思えますが、まだまだ白熱のシーズンを期待したいですね。

モナコGPは何時も行列レースとなり退屈な時が多いのですが、今年はとても面白かったですね。その立役者がやはり可夢偉でしょう。苦手としているモナコで、そしてザウバーにとっても一番不得意としているであろうモナコでまさか5位になるとは夢にも思いませんでした。5位といっても殆ど4位を手中に収めていたと言っても過言ではありませんから。
まさかのワンストップ作戦でしたが、タイヤ交換タイミングも完璧でしたし、その後もタイヤをしっかりマネージメントしていましたから、終盤の赤旗が無ければ確実に4位だったと思うと非常に悔しいですが、世界にアピールするレースをまさに今回してくれたと思います。可夢偉のタイヤマネージメントも素晴らしいですし、マシンそのもののタイヤに優しい性格も全てがプラスになったといいますか・・。そして何時も思うのが、圧倒的な安定感です。ミスしてクラッシュする気がしませんよね(笑)。昨年のカナダGPから相当彼は学んだんじゃないかと思います。今シーズン、どんどんポイントを獲得して素晴らしいステップアップを果たしてもらいたいと思います。

噂ではトップチーム辺りがリストアップしているのでは?という事ですが(笑)、まだまだそれは噂に過ぎないでしょう。ただ、可夢偉にはザウバーへの忠誠を誓うとか言わず、貪欲に上を目指してもらいたいって心から思います。日本人的な意識や気持ちは絶対に必要ないでしょう。それで道が閉ざされた日本人ドライバーが実際に居ることを胸に刻んで、チャンスがあれば何が何でも這い上がっていくくらいの強い気持ちを持っていてほしいです。
今年が勝負の年と私自身思ってますし、可夢偉本人もそう公言しています。そしてチャンスを自ら手繰り寄せようとしている内容のレース結果を残しています。あとはこのままアピールし続けてチャンスが来るのを待つだけなのですから。

こんな事を書けるような日本人ドライバー、以前は琢磨が居ましたが今は可夢偉となっている現実。何とか私達日本人に夢や希望を与えて欲しいです。あっという間に終わってしまった琢磨のインディ500、同じ日に行われたモナコGPでの可夢偉の活躍。確実に時代は進んで行ってるんだという事を思わずにはいられません。