2011年 F1 第7戦 カナダGP

    11



地上波をご覧になられてた方は赤旗後の再スタート前で放送打ち切りになったみたいですね・・。レース中断が2時間に及んだから仕方がないのかもしれませんが、もし私が地上波組でしたら発狂していたでしょう(笑)。
レースが終わってCS放送終了が朝6時半。殆ど寝ずに仕事に来たので死にそうです・・。さっきリアルゴールド飲んで何とか頑張ってますが、今朝のモタスポファンの栄養ドリンク購入率はハンパないレベルじゃないでしょうか(笑)。

そんなカナダGPでしたが、見どころがありすぎて睡魔が襲う間もありませんでしたが(中断中の2時間はちょっと眠かったですが)、ポイントとして挙げるならバトン・ミハエル・可夢偉でしょう!

バトンはあまり好きではありませんが、今日のようなレースを見るとこの人本当は結構やるんじゃって思ってしまいます(笑)。最後尾から追い上げ、最後はヴェッテルを射程距離にとらえ、ヴェッテルのミスを誘ってファイナルラップで逆転優勝。こんなレースが出来るんだという驚きとヴェッテルもプレッシャーに負けてしまうんだという驚きと・・。しかし見事なレースでした。レース後半のペースは一人だけ異次元でしたし、こういう荒れたレースでは本当に強さを見せてくれますが、今日はそれプラス速さも存分に見せつけて、本人も言ってるようにキャリアでベストのレースだったように思えます。

ミハエルは今回素晴らしいレースを見せてくれました。やっと往年の走りを垣間見せてくれたような気がしますね。可夢偉とマッサのバトルの隙を見逃さず2台一気にオーバーテイクしたのも見事でしたし、明らかに戦闘力の劣るマシンでウェバーやバトンと良いバトルを見せてくれました。今日は表彰台が見られると思って応援してましたが結果4位と残念でした・・。でも今日のレースで本人も大分自信を取り戻したんじゃないでしょうか。次戦以降楽しみですし、近いうちに表彰台が見られるかもしれませんね。

そして可夢偉です。
前戦モナコと今回のカナダはザウバーに厳しいコースと言われてましたが予想以上の成績を上げてくれました。モナコでは4位に限りなく近い5位でしたが、今日は本当に表彰台が現実に見えそうなレースでした。あのまま雨が降り続けレース中止となれば2位表彰台でしたからね(勿論ハーフポイントですが)。結局レースは再開されましたが、一つ確実だったのはウェット路面ではザウバーC30のポテンシャルは決して低くないという事でしょうか。明らかにマッサのフェラーリより速かったですから。しかし路面がどんどんドライ寄りになっていくにつれ苦しい展開になっていき、ミスもあったりでフィニッシュ直前でマッサに抜かれて7位に終わりました。
しかしこの7位という結果は上出来でしょう。コンディション次第ではもっと上位もあり得たでしょうし、可能性として表彰台も十分あり得たと思いますが、通常ならポイント獲得で御の字のコースですから、結果はヨシとしなければいけません。それよりも、どう考えても戦闘力が劣るマシンで上位勢にただ一人食い込む活躍を2戦続けて見せてくれた事が非常に大きいと思います。今回もザウバーのポテンシャルを100%、もしくはそれ以上に引き出しまくっての結果だと思いますし、トップチームに昇っていくドライバーがこれまで幾度なく見せたようなレースを、「日本人のドライバー」が今まさに見せていることに物凄い意義があると思います。

パドックでも色んな関係者が「彼の将来は明るい」と言ってるようですが、どんな人生がこの先待っているのか。それをリアルタイムで見ている我々は本当に幸運なのかもしれません。