相次ぐ事故・・・

    10



今日はWTCC鈴鹿ラウンドに行ってました。その記事を書こうと思ってましたが後日にすべきと思い、今回はこの記事を。

先週行われたインディシリーズで、ダン・ウェルドン選手が事故死してしまいました。とんでもない大事故でしたので、一人だけの死亡が奇跡のようにも思えましたが・・。ロールバーが吹っ飛んでましたので、恐らく頭部をフェンスに直撃させた事が致命傷になったんだろうと思ってますが、その後ネット上ではキャノピーをつけるべき、極論ではこんな危険なレースはやめるべき、といった声が聞かれました。

その余韻も冷めない本日、今度はmotoGPクラスのマルコ・シモンチェリが死亡するという事故が起こってしまいました・・。本日鈴鹿に行って、興奮冷めやらぬままツイッターでその情報を知り、テンションが下がりきってしまったのは言うまでもありません・・。

こういう事故は何故続けて起こるのでしょうね。そういう事が過去何度もあったような気がします。カテゴリーは違えど同じモータースポーツ。そして、日本のメディアは華々しい活躍をする日本人やレースの素晴らしさなど微塵も報道せず、こういった死亡事故だけ大々的に取り上げる傾向があります。ダン・ウェルドンの時も民放がこぞってニュースにしてましたよね。
日本にモータースポーツの発展などさせてたまるか、と言わんばかりの偏った報道。一体何がしたいのでしょう。レースに興味のない一般人に「レースは怖いもの」という意識を植え付けるだけではないでしょうか。

人が死ぬ危険性があるスポーツ。それはモータースポーツには限りません。でも、それでもモータースポーツを愛する人達は、モータースポーツが持つ魅力を知っているから応援しているのです。死亡事故など観たくありません。

これからもずっとモータースポーツは続いていくでしょう。やめるべき!といった極論もきっと聞くでしょうが、モータースポーツを愛する者として、これからもずっと見守り続けていきたいですし、魅力を多くの人に伝えていきたいと思います。





こちらの記事も一緒に読まれてます。