2011 WTCC KENWOD Race of Japan

    8



先日の記事で書きましたが、先週の日曜日にWTCC鈴鹿ラウンドに行ってきました。元々この日は愛知で週末3日間の仕事が入っていて、S耐との同時開催という事もあって凄く行きたかったのですが、どうしても行けなかったのです。岡山まで行くのは遠いけど鈴鹿なら・・と思ってたのですが仕事ですしどうしようもないな・・と。

そんな時、仕事でお付き合いのある吉本大樹選手がWTCCにスポット参戦すると聞きまして。更に行きたくなったのですがどうしようもなく・・。レース1週間前に吉本さんから連絡があり、パスありますけど来ますか?と言われます(笑)。何とかして愛知の仕事をブッチ出来ないか思案に思案を重ねてたのですが(笑)、レース3日前に愛知の仕事が運良くキャンセルに!。神様のお導きと言わんばかりに「行きます!」と吉本さんに連絡し、今回の鈴鹿行きが決まりました。

吉本さんとは1年半くらいのお仕事上のお付き合いになるのですが、私がこんなレースバカですので(笑)凄く良くして頂いていて、これまでも可夢偉のサインを貰ってきてもらったりと色々お世話になってるのですが、今回WTCC鈴鹿に可夢偉が応援に来るってのがF1日本GPの時に急遽決まってたという事もあり、これはもしかして可夢偉に逢えるのでは・・と思ってまして(笑)。恐る恐る吉本さんに「もしかして可夢偉と一緒に写真とか撮れたりしちゃいます?」とか聞いてみたら「来ますよ!居たら気軽に写真撮ってやってください!」って直球ストレートなお答え(笑)。
でも可夢偉もインドGP前の週末ですしトークショーとか色々用事もあるでしょうし、まあそんなチャンスは無いだろうな・・と期待半分諦め半分みたいな気持ちで居たのも事実です。あまりにも期待過ぎるのもアレですし、目的は吉本さんの応援ですからね。

前日は会社の一眼レフを借り(笑)、100均で色紙やペンなどを買い求め(笑)、夜はなかなか寝付けず(笑)、子供の遠足の前の日のような感じで当日を迎えました。






去年の5月に初めてお会いした時の写真。この後、リアル挙動とゲームの挙動の違いとか、色んなマニアックな会話に花咲かせてしまいました(笑)。GTR2のASPEEDアストン(modがあるらしい)に興味津々で自分も走ってみたいと、私の家に行きたいとまで言われて焦りました;;。





鈴鹿到着。朝4時40分起きでかなりしんどかったですが(笑)、自宅からは1時間ちょいなのであっという間です。パスを貰う為に、9番ゲートでサンダーアジアでGT300を戦っている吉田広樹選手と待ち合わせ。初対面でしたが、本当にイイ人で・・。この日一日色んな面でずっとお世話になりました。めっちゃファンになりました(笑)。





WTCCフリー走行。吉本さんのセアトレオン。走り終わったあと色々聞きましたがエンジンが最初からおかしいみたいで、色々エンジンマッピングの調整とかされてたみたいですがエンジン交換して欲しいと仰ってました・・。それくらいストレートが遅かったみたいですね。しかもとんでもないドアンダーだったとか・・。





セッション終了間際にコースアウト。決勝に一抹の不安がよぎります・・。





その後はS耐決勝。チームのピットへお邪魔しました。





入っていいものか悩んでましたが(笑)、どうぞどうぞと言われるままにピット内へ。こちらもマシンの調子が良くないようでなかなかピリピリした雰囲気。





こちらは小林選手。小林さんともお仕事でのお付き合いがあります。奥に映ってるチームマネージャーさんがとても綺麗な方でした・・。





ピットイン中。この後ピットロード出口でマシンが止まってしまいます・・。後から燃料系ですか?と聞いたらその通りでした。フューエルポンプのトラブルだったようで・・。何とかエンジンが掛かって再スタートしゴールまで行きましたが残念な結果でした・・。





チェッカー後。2台のZ4。最後は凄いバトルでしたが谷口組が優勝でした。





おめでとうございます!





さあWTCCの決勝。もう普通にピット内に入って写真撮りまくってました(笑)。スペインのチームだったと思うのですが、スペイン人なメカニックが一杯居て何喋ってるのかさっぱり分かりませんでした(笑)。





吉本さんもファンサービスに努めます。新井選手もそうでしたが、一番ファンの注目度が高かったのが吉本選手のような感じに思えるくらい凄い人だかりでした。





そうこうしてると、ピット内にテレビで見た事ある人が。おおおお可夢偉じゃないですか!。





初WTCCだったみたいで、興味津々に写真撮りまくってました(笑)。コクピットの中を撮ったり。普通にしてたらただのレース好きなニイチャンにしか見えなかったかもしれません(笑)。実際、可夢偉だと気付いてない人もたくさんいましたし(笑)。

これは何とか写真を撮らなければ・・・と思ってましたが、今から吉本さんとトークショーがあるとかで、あっという間に関係者達と消えていってしまいます(笑)。流石にこれは難しそうやなあと思いつつ暫くウロウロします。レース開始時間もだんだん迫ってきてましたし、もうヘタしたら可夢偉も帰っちゃったかも、と思ったり。

そんな感じでパドックをうろうろしてたら吉本さんがレーシングスーツに着替えて歩いていたので、一緒にピットに戻ったら、シャッターが閉まってて分からなかったのですが、中に可夢偉が居てました!。

もう今しかないと思って、吉本さんに「あのー可夢偉と写真撮っても大丈夫ですか?」って思いきって聞いてみたら「あーーそうでしたね。おーい、可夢偉」って・・・。

「この人がお仕事で一緒の○○さん。去年も今年も俺が可夢偉のグッズにサインしてって頼んだやろ?あれこの人に渡したんやで」って言ってくださって(笑)。可夢偉も「あーー」って笑ってました(笑)。握手してもらって写真の事を伝えると了解!と場所をセッティングしてもらって・・。

そしてようやく撮らせてもらいました!






















































感動の一瞬(笑)。ちょっと足震えてましたし(笑)。





折角だし、3人でお願いしていいですか?と尋ね、吉本さんも一緒に。感無量のひと時でした・・・。冒頭の去年の写真は短い髪の毛でしたが今はロン毛パーマ頭でこんな感じになってます(笑)。












興奮冷めやらぬまま、さあいよいよレース開始です。メカニック達が慌ただしく調整しています。





可夢偉もとにかく写真撮りまくってました(笑)。





私も一生懸命撮ります(笑)。この手前に映ってる手は可夢偉です(笑)。





ピットロードにはマッチも居てました。可夢偉と談笑してました。さすがに「写真を・・」という勇気はありませんでした(笑)。





グリッドへ。私も入っていいのだろうか・・と悩んでましたが、一緒に歩いていったのでノーチェックでした(笑)。ホントはダメだったのかもしれませんが、まあいいか!と(笑)。





コクピット。こういうのを見ると何か燃えますね(笑)。





グリッドガールと吉本さん。だんだん表情が戦うレーサーの顔に変わってきてました。





再び可夢偉と。どのグリッドよりここが人だかりでした。写真撮るのも必死でしたし(笑)。





スタート前に先に戻ってきたピットはモヌケの空(笑)。





レースはスタート直後の1コーナーで新井選手がクラッシュしたマシンを避けようとラインを変えたところに吉本さんのリアに接触し、あっという間にスピン。マシンに大きなダメージを負ってしまい、えらいこっちゃと思ってましたが、何とかピットに戻ってきます。この時が本当に凄かった。右リアの足回りを10分くらいでごっそり交換し、レース1の途中で吉本さんをコースに戻します。この人たちスゲエと思いましたねー!。流石本場!





バースト?したリアタイヤ。ずーっとここに放置されてました(笑)。





可夢偉も心配そうに眺めてます。レースの間、ずっと私の至近距離に居てましたので、なんか不思議な感覚でしたね・・。あのF1で何時もテレビに映ってて、必死に応援してるドライバーが目の前に居るのですから。





修復が終わったマシン。前はガムテープで痛々しく補強。個人的には黄色のガムテープで補修したらよいのに・・と思ってましたが(笑)。





レース1が終わり、チーム監督?に説明する吉本さん。私の周りにはレースカメラマンが一杯居てて、私がここで当たり前のように写真撮ってていいのだろうか・・と思っていました(笑)。





大破したモンテイロのマシンを運んできてました。





バースのマシン。トラブルでレース2は走れなかったようでピットに置き去りにされてました。ちょうどレース2が始まる前でピットに誰もいなかったので勝手に写真撮ってました(笑)。





こんな感じで私一人(笑)。





レース2前に急に降りだした雨。路面を濡らすまでは降りませんでしたが。





レース2は優勝がコロネル。シボレー勢を抑えきっての優勝。東コースでは抜きどころが無いだろうなと思ってましたが、後続が攻めまくるあのプレッシャーの中頑張って走ってました。凄く嬉しそうでしたねー。必勝ハチマキ(この時は逆に装着してましたが(笑))して超ゴキゲンモードでした。





殆ど危なっかしい場面は無かったように思えましたがリアバンパーはこんな感じに。やはりバンパートゥバンパーなレースですね、WTCCは。





そして吉本選手。レース2もマシンの調子は全然ダメだったみたいで、順位をどんどん下げてのチェッカーでした。本人曰く「戦わずして負けた」と仰ってましたが、本当に悔しそうでした。





表彰台。コロネル、めっちゃ嬉しそうでした(笑)。





チームも嬉しそう。というか、私がここで撮影してていいんやろうか、とずっと思ってましたが(笑)。





シャンパンかけまくられのコロネル(笑)。





モンテイロのマシン。グチャグチャでした・・。





最後にインタビューを受けてる吉本さん。悔しそうでしたねぇ・・。





夕暮れ迫る鈴鹿。長い長い一日が終わりました。



----------------------------------------------



久々に写真大量アップで頑張ってブログ書いてみましたが疲れました(笑)。

WTCCは初の観戦でしたが、こんな感じでレースを楽しんだのは2006年のポッカ1000kmの時以来でしょうか。あの時はGT4日本一決定戦で招待されて行ったので、凄いVIP的な扱い?で楽しめたのですが、今回もそれと同等な感じで楽しめましたし、想い出に残る観戦となりました。

レースはずっとピット内モニターで見てましたので、何しか首が疲れましたが(笑)、排気ガスの匂い、そしてエンジンサウンドとレースを本当に堪能出来ました。

そして可夢偉とツーショット・・。最近では今宮純氏とのツーショットで興奮したのが直近の想い出ですが(笑)、今回は本当にヤバかったです。仕事頑張ってて良かったと心から思えた瞬間でした(笑)。流石に色紙にサインをして下さい!と言えなかったのですが(過去にTシャツ、帽子とサインしてもらってますので・・)、それは次回こんな機会があった時の為に残しておきます(笑)。

とても楽しい一日でしたが、この帰りにシモンチェリの事故の事を知って気持ちが急転直下してしまい・・。
色々とあった一日でしたが、吉本選手には本当にお疲れ様、そしてありがとうございました、と伝えたいです。