Kawasaki 250cc 4気筒 ZX-25R

    0

いやー本日の東京モーターショーで凄いのが発表されましたね~
以前から噂になっていた、カワサキが4気筒250ccを出す?みたいな話。流石にこの令和の時代に4発250なんて絶対出さないやろうと思ってましたし、友人界隈でも80年代~90年前半のあのカネに糸目付けない開発費を投じて作るマシンはもう一生出てくることはないってよく話をしてましたし、実際今のご時世それはないやろねーって言ってました。
しかしそれが幻想で、目の前に4気筒250ccマシンが遂に本日目の前に現れてしまったんです。最近ブログもご無沙汰でしたが、発売前(実際に発売するかは現時点で不明ですが・・)思わず書いてしまいました(笑)。


先ほど公開されたYoutube動画には現時点でのスペックなどが紹介されていましたが、もし発売するとしたら、100万円の大台にならないような値段設定になるのでは?と思いますが、税込み99.8万円を予想したりします(笑)。普通に600cc以上の中古SS買える値段設定かと思いますが、CBR250RRがあれだけ売れたんですから、やっぱり発売されたら売れるんじゃないかなと思います。車検が無く維持費が安いというのはやっぱりメリットじゃないのかなと思うんですよね。軽自動車が今の日本の売れ筋になっていることを思うと・・。
まあそんな事でスクリーンショットですが、Youtube動画の内容を見ていきたく思います。




20191023_01.jpg

The most Sophisticated 250cc Supersport Bike.
最も洗練された250ccスーパースポーツバイク。確かに現時点では最先端のバイクになりますね。このような前置きの後、全体像が映し出されます。




20191023_02.jpg

めちゃめちゃカッコイイと思ったのは自分だけでしょうか。
参考出展なので、もしかしたら外装一式は他社種流用で貼り合わせしただけなのかもしれませんが、見た感じ250ccには全く思えないです。タイヤサイズもフロント110、リア150という現地情報のようですし、見た目は初期250cc4気筒のそれより遥かに迫力があるのではないかなと思います。




20191023_03.jpg

誇らしげに「249cc 4 Cylinder」と記載されてます。
水冷DOHC16バルブの4気筒マシン。何度も書きますが、この令和の時代にこんなマシンが出てくるとは・・・




20191023_04.jpg

参考出展なので本当に発売するとしてこの仕様で出すのかは分かりませんけど、フロントにラジアルマウントのモノブロックキャリパーを奢るという贅沢仕様。フロントシングルディスクでこの辺りは意見が分かれるのかもしれませんが、個人的には250ccは軽さが命だと思いますし、バネ下重量を考えてもシングルで十分だと思います。ディスク径を見ても結構大きなディスクが付いていますね。さりげなくABSの文字も。




20191023_05.jpg

リアサスにはホリゾンタルバックリンクリアサスペンション。これはサスユニットを水平に配置し、スペースの効率的な使用とマス集中化を目的としています。それとスイングアーム下のスペースを稼げるので、ガルアーム風スイングアームと相まってこのMotoGPマシンのような(笑)マフラー形状が可能になったんだと思います。マフラーのこのショート形状は個人的めっちゃ好みなので最高ですね~




20191023_06.jpg

フロントサスはSFF-BF倒立サス。セパレート・ファンクション・フロントフォークの略で、サスのダンパーとスプリングの機構を左右にそれぞれ分担させることで、軽量化とセッティングの簡易性と正確性を持たせるようです。従来だと左右でそれぞれ同じようにセッティングしないといけませんし、それが左右狂ってしまうと問題になりますが、この機構だと左右それぞれ同じように調整する必要がないので、レースシーンでもセッティングの変更が早く出来るでしょうし、街乗りでもメリット大かと思います。
これを250ccクラスで採用するというが凄いですね・・・




20191023_07.jpg

トレリスフレームはこれまでの250ccの進化発展型になるのかなと思いますが、細部では強度としなやかさを両立させた良いフレームになっているんだろうなと予想します。




20191023_08.jpg

そして電制。
トラコンにエンジンモード(恐らく街乗り用とかパワーモードなどあるのでしょう)、そしてクイックシフター。250ccとは思えない豪華さです。
このクイックシフターがアップのみなのか、ダウンも行けるのか分かりませんが、いやはや凄いですわ・・・




20191023_09.jpg

そして最後に、
Discover more of your dream bike in the next video. の文字が。
次のビデオでは、この夢のバイクをもっとお見せしましょう、と。
動画もVol.1とあるように、近日中にさらに色々な情報が出てくると思われます。東京モーターショーの会場でも、この映像で出てくるスペック以外の部分は空欄になっていましたし、一番皆さんが知りたい?であろうエンジンスペックが現時点では全く分かりません。
ただ現在のテクノロジーを使った最新250ccにインジェクション+4気筒DOHC16バルブエンジン。昔の自主規制値45psを上回ってくるのは確実ではないのかなーと思ってますが果たして・・・

---------------------------------------------

いや~これは久々にアツくなりますね。
自分のバイクライフを考えても車検有りの250cc以上のバイクを所有する事は現時点で考えていませんので、FZR250R(3LN)で満足していましたが、これは物欲が沸々と出てきます(笑)。
まあそれでも、現時点で年に2~3回しか乗らないですし何時も倉庫の中でクモの巣まみれになってるような状況なので、流石に買い替えは無いと思いますけど(笑)、もし発売されるなら絶対試乗してみたいですね。CBR250Rも乗った事がありますし現在のFZR250Rもそうですけど、昔の4発250のフィーリングは分かっているつもりなので、それが現代に蘇ったらどれだけ違うのか、を自ら体感してみたいです。
続報が楽しみです!

Ninja ZX-25R: Vol.1 Revealed!
https://www.youtube.com/watch?v=xqknaCCvq4s