B'z presents UNITE #01 大阪城ホール 行ってきました

8月1日だったと思いますが、B'zから発表があった「B'z presents UNITE #01」というイベント。2021年9月18日、19日を大阪城ホールで開催し対バンがなんとMr.children、9月28日と29日を横浜アリーナで開催し対バンがGLAYという超ド級なビッグイベント。しかも有観客ライブ。

Mr.childrenのライブはFC枠でめっちゃ近いところで見れた[(an imitation) blood orange]tourの京セラドーム公演以来でB'zはもちろん初めて。コロナ禍で有観客ライブが色々言われている昨今、こんなビッグイベントはもしかしたら二度とないだろうという事で、必死にチケット抽選に申し込むも全て玉砕。残るは当日の直前販売のみという事になってしまいました。しかも当日12時から先着発売で万が一買えたらそこから急いで用意して大阪城ホールまで行かなければいけない・・まあホントのファンならそれくらい屁でもないのでしょうけど(笑)、自分はそこまでしてなら配信でもいいかな、みたいな気にもなってきてたのは事実でして(笑)。

土曜日の初日は仕事だったので、行くとしても2日目の日曜日と思ってましたが、このブログに初期のころからコメントなどしてくださってたレースシム仲間の子(以後、Y君)が、直前販売ゲットから初日参戦を果たし、そのツイートを見てたら自分もどうしても行きたくなってしまい(笑)、翌日12時前にパソコン前でスタンバイする始末(笑)

まあ買えなくて当然やし、その時は酒でも飲みながら午後からダラダラしようと思ってたんですが、実際アクセス過多でうまくアクセスできない状況になりつつも、購入入り口が表示されてからは一度も引っかかる事なく最終購入ボタンまでたどり着く事に。何かの間違いでは?と疑心暗鬼になりながら(笑)震えた手でクリックすると購入完了の文字が。これは絶対何かの罠だとちょっと思いつつ、本当に買えてしまったのでは?と出発準備もせず速攻でセブンイレブンへ走り、発券手続きを行ってみました。店員さんから渡されたチケットには当日のライブ情報がばっちり印字されていて、この時点でようやくこれは現実であることを認識しました(笑)

そこからシャワーして着替えて用意して自宅を飛び出したのが14時前くらいだったと思いますが、よくよく考えたら自宅から大阪城ホールまで距離にして30kmちょい、開場16時、開演17時半なので余裕なんですけど、駐車場のことも考えて早めに出るに越したことはないと思いまして。 大阪市内は多少の状態もありましたけど15時半くらいには現地着。キャパ5000人という事なので過去大阪城ホールでライブを見に来た事がありますけどかなり少ない人出です。むしろこの2つのビッグバンドがライブをするのに5000人しか来れないというのに、その中に自分が居てるというのもかなりの興奮となりました(笑)

まずは今回のイベントでニュースにもなっていた、PCR陰性証明もしくはワクチン接種証明を任意で提示すればステッカーをプレゼントするという情報を聞いていたので、その引き換え場所に向かいます。窓口でチケット(名前入り)、それと私の場合は2回接種済みの記録紙を見せて引き換えてもらいました。

報道ではワクチンパスポートみたいな誤解を生じるような言い方をしていたところもあったみたいですが、あくまで任意でそういう方にはささやかですけどステッカーあげますよっていう感じで、持ってない人が入れないという意図ではなかったです。おそらくライブに来られた方のどれくらいが引き換えたのか、というデータを取る意図もあったんだと思いますが、より安全にライブを行うための・これからのための、良い取り組みではないのかなと思いました。

次にグッズ販売へ向かいます。

グッズ販売といえば過去も経験ありますけど、とんでもない長蛇の列で凄まじい時間をかけて買い物までたどり着くという感じを想像してましたが、チケットを持っている人しか入れず、尚且つキャパ5000人という事もあって、購入時に並んだ時間は数分レベル。あっという間に買い物完了という感じでした。これも色々考えてのオペレーションだと思われますが、全く密にもならず、また並んでる方も静かに待ちましょうというお願いをちゃんと聞いていた印象です。

グッズ購入専用のゲートでチケットを見せると、グッズ販売購入券なるものを貰えます。それを見せて買うことが出来るんですが、恐らくチケットを持っていない一般の人が買いに来て混雑するのを防ぐ目的があるんだと思いますが、ほんと徹底されているなーと思いました。

コラボTシャツとタオル、それとチャリティピンズを購入。

普段ライブに行ってもそれほどグッズとか買わないんですけど(特にTシャツとか)、今回は何となく色んな意味で応援しないとという気持ちで色々買ってしまいました。

結局ライブ時に着ず、翌日近所の買い物の時に初めて着たんですけど(笑)、めっちゃかっこよかったです。ライブの前にトイレかどっかで着替えたら良かったと結構後悔しました(笑)。

ライブまで時間があるので大阪城公演内をウロウロしてたらどこからか音漏れが聞こえるので、あれ今リハしてるの?って思ったんですけど、よく見たらアマチュアバンドさんが路上ライブしてました(笑)。

若い子でしたけど結構上手で、特にドラムの女の子がすごい上手でびっくりしました。

そんなこんなで2日目も参戦する(!)というY君と、どこかでお会いしましょうと話してたので連絡してみると、もう会場内にいると。しかも発券が遅くなると席がどんどん後ろになるかも?という事でしたので、慌てて会場入り口に向かう事に。

どうやらセブンイレブンで発券したチケットではまだ最終座席が確定していないという事ですね。今までそのような方式でライブを見に行った事がなかったので焦りました(笑)。会場入り口の横で、直前販売で買った人専用のゲートがあり、そこでチケットと身分証明を見せた後、本チケット?が発券される仕組みのようでした。もしかしたら直前販売の人だけこの仕組みだったのかもしれませんが。

そこで発券されたチケットにはスタンドMの記述が。そりゃアリーナなんか行けるはずないよなと思いつつ、大阪城ホールのスタンドは以前何かのライブで座った際かなり見やすかったので、全然アリだと思ってました。それ以前にここに来れた時点で贅沢言ってたらバチが当たりますんで(笑)

チケットを頼りに席を探す事数分。場所としてはステージ正面から見て、左後方のスタンド席。座席からはステージの斜め後ろくらいの位置で、ステージより後ろ側でライブを見るのは初めてだったので、どうなるのかなと思いましたが、目の前に大きなモニターもあるし、何よりバックステージ側に花道があるので、これはもしかしたら至近距離で稲葉さんや桜井さんが見えるかも、とちょっと嬉しかったです(笑)

そして待つこと30分ほど、開演です。

まだ横浜公演が終わってないので詳しく書きませんけど、やばかったです。最高でした。13000円出して来る価値は十分すぎるくらいありました。むしろ安いくらいです。10月の配信もお金払ってみるつもりなくらい最高でした。ここだけの話、1~2曲目くらいまで目が潤んでやばかったです(笑)。それくらいこの光景が待ち遠しかったのかもしれません。外に出たのが20時半くらい。すっかり日も暮れてキレイな大阪城とホールが見えてました。

帰宅後はチケットやグッズの写真撮影。

セブンイレブン発券のチケットには、接種証明のハンコとグッズ購入時に押されたハンコが2つあります。B'zのハンコはいつ押されたのか記憶がありませんが(笑)

入場直前で引き換えたチケット。裏面はUNITEロゴマーク入りでした。

右上が接種証明提示でもらえたステッカー。材質は布っぽい感じで、自分がライブをするときにバックステージパスを貰って体に貼ってるんですけど、その材質に極めて近い感じのものでした。これ、オークションサイトとかで数千円で売ってる人がいるみたいですが、そんなにしてまで小銭が稼ぎたいんですかね・・と思ってしまいます。自分はギターにでも貼ってやろうかと思ったりしましたが(笑)

よく似た写真ですけど(笑)、左上がチャリティピンズ。500円でしたが全額?コロナ関連の寄付に回すとの記載が裏面に書いてありました。はじめは買うつもりなかったんですが、そのような趣旨だというのを会計時に分かったため急遽追加して買いました(グッズは1回買って退場したら二度と買いに行けないシステムだったので)。

Tシャツ。2種類あったんですが、高いほうのコラボシャツのMサイズを。

めっちゃかっこいいので、今度自分のライブの時に着てやろうかなと思ったりしてます(笑)

そんなこんなで帰宅して落ち着いたらお酒タイムです。

めっちゃくちゃ美味かった。良いものを見せてもらった後のお酒は格別です(笑)


ライブが終わって振り返ってた事。

今のコロナ禍において有観客ライブを行う事のリスク(万が一失敗したら世論的に総叩きになる可能性)、それはB'zもMr.Childrenも当然理解していたはず。それでも有観客開催に出演をOKしたということは、このままでは音楽業界がいつまでたっても元に戻らないどころか、以前のようなオーディエンスの前でライブをすることすら出来なくなってしまうのではという危機感も大きかったんではないかと思います。でも、しっかり対策をし、ちゃんとやることをやればお客さんを入れてもライブはできるんだ、という指針を偉大なバンド2組がリスクを背負ってでもやって見せる事で、これからの流れが変わるのではないか?また、2バンドの熱烈なオーディエンスのことを信じているからこそ、だったんじゃないかなと思います。

自分は少なくともそういう意識でしたので、マスクにしても勿論布やウレタンじゃないちゃんとしたマスクを着けていきましたし、消毒場所では極力使ってましたし、出来る範囲でのルールは極力守れたと思います(感動して思わず声が「ウッ」とか出たりはしましたけど・・w)し、自分の周りでもほとんど静かにされてました。特にバンドチェンジの転換の時なんか、ホール内がシーンとしてましたから。あれは本当にすごいと思いました。見に来られてる皆さんの強い意志をものすごく感じたというか。

だからバンド側も感動して感謝されてたんじゃないかなと思いますし、逆にこちら側もこんな時にやってくれてありがとうという気持ちになるし、なんか演者もオーディエンスも誰もがハッピーになっていた空間がそこにあった気がしました。

唯一気になったのは閉演後の規制退場が一部の人は守らず出ていくというのを見ましたけど、まああれは電車が間に合わないとか何か事情があるんだろうと思う事にしてました(笑)。ほとんどの人はちゃんと着座して、指示通りに退場されてましたので、最後の最後まで素晴らしい状況だったと思います。

本来ならライブ後は居酒屋で酒でも飲んで語り合いたいんですけど、当然そんなことしたら今回のライブに関わった全ての人への裏切り行為になりますし、それ以前に車で来てたので(笑)、Y君を最寄りのホテルへ送った後、真っすぐ家に帰った訳ですけど、高速を走らせながら爆音でB'zを聞いてたら、なんかこんな世知辛い世の中だけど、良いこともあるよなーと凄く前向きな気分になれましたねー。

やっぱり音楽の力は偉大です。

こればっかりは誰が何を言おうが間違いないです。

本当に最高の夜をありがとう、B'zとMr.childrenの皆さん、それに関わる全ての方々。

そしてあの会場に集まってた5000人の皆さん!ありがとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です