2006.10.12 甲子園

    0



今日は久々に野球の話題を・・・。甲子園での今季最終戦となった昨日は、片岡の引退試合とのことでペナントは終わりましたが寂しいながらも楽しみにしていました。この甲子園での阪神×中日戦は、9月に雨天中止で10月にまわされた1試合でしたが、もしかしたら優勝争いの大一番になっていたかもしれないと思うとかなり悔しいです(笑)。しかしスタメンには6番サード片岡(涙)・・・代打で終盤登場かと思いきや意外でした。中日は福留もウッズもいませんでしたが、PL学園の同期で親友でもある立浪がスタメン・・・。解説で立浪は片岡の引退試合なのでスタメンを懇願したと言ってました。テレビ放送も完全に片岡中心の映像です。舞台も役者も揃い試合は進んでいきました。個人的には、京都の久御山出身という事でかなり親近感もありますし(自宅からすぐ近所ですし)。



片岡は2安打1打点。特に最後の打席となった7回は立浪の頭上を越えるツーベース。塁上で立浪のほうへ目をやり微笑む片岡が印象的でした。最後は登板予定のなかった球児が投げて甲子園最終戦を勝利で飾りました。片岡がマウンドに寄っていき、選手一人一人が帽子を取って頭を下げているシーン、そしてベンチ前で選手一人一人に握手していく際に既に涙が抑えきれない様子でした;;。

その後のセレモニーが感動的でした。片岡一人がマウンドに残って挨拶前の準備中、電光掲示板に過去の片岡のプレーが映ってました。それを振り向きざまに見つめる片岡。その姿が妙にかっこよくみえました。そして最後の挨拶のときに恐らく2002~2003年の事を思い出しながら「泣きながら球場を去った事もある・・」とのところで言葉に詰まり涙があふれてきて・・。そして大観衆からの大歓声。思わず私も涙が止まらなくなりました・・。中日ベンチ側には立浪や福留らの姿も。彼らPL時代の人間ですし気持ちが伝わるのか、みんな頬から涙が流れていました。そして阪神側も若手選手を中心に泣いている選手の多かったこと・・。ホントみんなに慕われていた選手だったんだなって改めて思いました。

最後の球場を一周してファンに挨拶をし、中日ベンチ前で立浪と抱擁。その後阪神選手全員と中日選手数名(赤星が手招きしていたようにも見えますが)が3塁ベース付近で片岡を胴上げ。ホント久しぶりに感動的なセレモニーでした。見ながら次は矢野や金本、下柳などがいずれはこんな日を迎えるようになるんだろうなって少し寂しくなりましたけど・・。

片岡といえばやはり2003年の浜中・片岡・アリアスの3連発も印象に残ってますし、9.15の同点弾も最高でした。スタンドでもこれらの事を書いている横断幕を見ましたし、皆さん同じ気持ちですよね。他に印象に残っているのは、松坂がプロ新人の時だったと思うのですが、日ハム時代にストレート真っ向勝負で150km/hオーバーの直球でフルスイング三振した時のシーンもかなり印象に残ってます。
2002年の絶不調時には私もかなり辛口な事を友人にも言ってましたが、こうして去っていく時にファンの暖かい声援を受けて引退できるなんてホント幸せな男だって思いました。

そのセレモニーの間に日ハムがリーグ優勝を決めたようで(完全に見逃しました・・)、古巣が優勝した日に引退するというのもなんとも言えない巡り合わせだなーって思いました。落合監督も日ハム時代では一緒に選手だった時期もありますしね。立浪の件も含め中日が最後の試合相手だったというのも何ともいえない巡り合わせでした。

----------------------------------------------------

その後ニュースで見た日ハム×ソフトバンクも凄い試合でしたね。日ハムは北海道全体が盛り上がっているように感じます。新庄の引退もありますので来年以降もこの勢いを保てるかどうか気になりますが、がんばってほしいと思います。また、ソフトバンクも力投した斉藤の最後マウンドで力尽きたシーンも感動的でした。彼にも拍手を贈りたいです。