レース実戦での走り方(鈴鹿編)

    15



ここ数日はGT5Pばかり走っている訳ですが(笑)、特に走る機会の多い鈴鹿に関してのレース実戦の走り方というものを考えてみようと思います。350Z RS vs エボIX tunedの戦いでは、スタートでゴボウ抜きにされ最後方くらいの位置からレースが始まる展開が多かったので、そういったシチュエーションを元に書いてます。

まず1~2コーナー攻略ですが、スタート直後は順位を上げる最大のポイントかと思います。スタートしてから1コーナー進入までの自身の位置取り次第でもありますが、比較的混戦状態でコーナー通過していくケースが多いので、速度もあまり上がっていません。アウト側からアプローチしていった場合、前走車がアウト側にラインを取って来た時は現状維持になってしまいますが、前走車が若干でもイン側に寄っていった場合はすかさずアウト側に飛び込んでいって、アウトキープのままS字入り口でインを取れるようなラインを通れば数台抜いていける場合があります。
もしイン側からアプローチしていった場合は、ひたすらインベタラインになると思いますが、アウト側にはらんでいく前走車が居れば、すかさず2コーナーでインに飛び込んでインキープし、S字進入も併走していけば2個目でインアウトが逆転するので、上手くいけば同じように追い抜くチャンスがあります。安全度で言えば、1~2コーナーをインキープで通過する方が押し出されてコースアウトするケースも少ないので、アウトキープで通過するよりかは比較的安全です。
以下続きます(長文注意)。



次にS字での走り方などを。レース展開が落ち着いてくると、S字では前走車がミスしない限り抜く事はかなり難しい(殆ど無理)区間ですが、レーススタート直後のS字では結構チャンスが多いです。先ほどの内容と重複するかもしれませんが、例えば混戦時に数台連なって走っていると若干ペースが落ちていると思います。特にその中で1台若干ミスったりすると回避の為に何時も以上にコーナー速度が落ちている場合が多いです。その時にアウト側ラインが少し開いているような状態の時。ここはすかさずアウトラインを狙うのが良いと思います。そこでサイドバイサイドになれば次でインアウトが逆転しますので、前に出れる場合があります。逆にインが開いている場合でも同様です。ヘタすれば永遠とサイドバイサイドが続いてしまいますが(笑)。
勿論こういった走りも互いの信頼関係というか、周りをよく見ている相手じゃないと速攻押し出されてオシマイになりますけども(笑)。またS字進入で抜く為には1~2コーナーからのアプローチ段階から仕掛けていく必要があると思います。
今までの感じですと、S字進入の左(3コーナー)から右のアプローチで追い抜きが決まるケースが多いですが、逆バンクのアウトから並んでダンロップのイン進入(アーバイン風オーバーテイク)ではイン側ダートに追いやられる場合が多い気がします。

デグナーでは基本的にオーバーテイクは無理だと思います。よっぽど前走車がミスしていない限りはインに飛び込んでいくのは勇気が要ります(笑)。勿論インに飛び込んでいくのは可能なのですが、アウト側にラインを残す走りをしようとしたら相当減速しないと難しいですし、結局2個目までに抜き返される事もあります。それ以前に抜かれる方がかなりリスクを伴う結果になりますので、出来るだけここでは仕掛けないようにしています。ここで無理をするくらいなら、デグナー2個目の脱出速度を上げてヘアピンアプローチでのオーバーテイクを考える方が安全かつ得策かと思います。

ヘアピンでは、ダンゴ状態になっているときに通常と同じようなブレーキングポイント(以下BP)で突っ込んで来られる方がたまにおられますが、これははっきりいって自殺(他殺?)行為です(笑)。現状のGT5Pのシステムだと前走車に追突すると、その追突した車に衝突エネルギーが全て行ってしまい、相手は吹っ飛んでいき、自分は急激に停止状態に近い状態になったりします。そうすると更に後ろの車は避けきれず・・といった多重衝突が発生してグチャグチャになってしまいます。シケインよりもヘアピンにこの傾向が多いような気がします。8/1のアップデートでこの衝突挙動がどう変わるか非常に興味ありますね。
アクセルオフでの状態でもエンブレがそれほど効いてる感じはしないので、混戦時は出来るだけ前の状態に備えられるよう、早めにアクセルオフしながらブレーキングの機会を伺うような感じが好ましいと思います。ただヘアピン進入で前走車が若干イン寄りにラインキープしていた場合など、あえてアウト側に飛び込んで大外から抜いていくという方法もあります。特に混戦時だと前述通り減速タイミングが早い場合が多いので、そういう形でのライン取りを行う事で結構抜いていけるケースが多いように感じます。

スプーンも数少ないオーバーテイクポイントかと思いますが、かなりリスキーです・・。前走車がいる場合、ヘアピンを上手く立ち上がれればスリップ効果で200R(まっちゃん)通過後くらいには横に並べるくらいに接近すると思います。勿論ここではアウト側に振ってスプーン進入のイン側に飛び込む訳ですが、このアウト側に行くときはかなりハイスピードですし、インを開けて走る事になるのでラインが厳しくコースアウトしてしまう可能性も結構あります・・。上手く決まれば相当気持ち良いですが(笑)、ここまで接近していればバックストレートでのオーバーテイクチャンスもかなり大きいので、無理せず引くのも大事かもしれません。私もここではよっぽどのチャンスが無いと追い抜きはしないポイントです。

スプーン脱出速度はバックストレートでのオーバーテイクを行う上でかなり重要です。とにかく立ち上がり重視のライン取りは必須かと思います。スプーン出口手前で若干離れても無理せずに立ち上がり重視ラインを取っていれば、現状のスリップの強烈な効き具合で(笑)ほぼ確実にバックストレートで接近できると思います。

130R手前でのオーバーテイクですが、ここは意外に難しいと思います。難しい、というのは抜くこと自体ではなくて抜いた後の事です。特にアウト側から抜いていくというケースは、前走車がイン側をブロックライン通過している以外殆どないと思いますので、大体抜く側がイン寄りからアプローチすると思います。
130R進入までに確実に前に出ていれば、通常ラインに戻って普通通りのアプローチをすればOKなのですが、イン側に居たまま進入すると、サイドバイサイド状態になっているか相手が若干引いてクロスライン狙いに来ているかのどちらかだと思います。これを咄嗟の判断で把握するのは非常に難しいので、この場合はどちらのケースでもイン→センターくらいのライン取りをするのが良いと思います。何故ならサイドバイサイドで来ていた場合はアウト側にライン1本残せますし、もしクロスライン狙いで来ていたなら、センター寄りに走る事で相手のラインをブロック、といった、どちらも対処可能なラインだからです。様々な状況を考えるとイン側からオーバーテイクを仕掛ける際は、イン→センターでのライン取りが有効かと思います。間違ってもアウト側一杯に行くのはマズイと思います。

最後のシケインですが、難しいポイントですね・・。個人的にはイン側からブレーキング競争して飛び込めたとしても、若干止まりきれずにアウト側に膨らんでしまうと相手のラインを潰すことになってしまうので、あまり好きな走りではないんですよね・・。リアルレースでしたら全然アリだとは思いますが、あくまで相手のラインを尊重するという観点に立っての個人的な意見ですので、この辺りは人それぞれでOKかと思います。
私も真剣ガチバトルという事ならブロックライン使いまくりだと思いますが(笑)、順位はあまり気にせず和気藹々と楽しくレースしようと考えておりますので、私的にはイン側から飛び込めば当然アウト側のラインを開けて走行し、出口もインを開けて立ち上がるという感じですが、出口をコンパクトに回らない分だけトラクションが掛けやすく最終コーナーもインを取っていますので結果的に前に出れるケースが多いように思えます。
逆にシケイン進入をアウト側からアプローチすれば、どれだけ苦しいラインで踏ん張れるかといった所でしょうか。ただ、シケインでのこういった走りは、確実に周りを見ているという相手に限られると思います。そうでなければほぼ押し出されて終わってしまうのでリスクが高すぎます。それならそこで抑えてメインストレートでアプローチしていく方がよっぽど安全なので、最終ラップでの攻防且つ相手が信頼できる場合のみ出来る走り方かな?って思います。
なお、シケインでもヘアピン同様、混戦時のブレーキングは慎重にいきたいところです。ここで吹っ飛んでいくのは結構悲しいですし(笑)。

----------------------------------------------------------------------------

まあ色々と書いた訳ですが、やっぱり気持ちよくレースする為には、相手の事をどれだけ考えてあげられるか、と、相手の動きを常に予測するという部分に尽きると思います。確かにシステム上、周りが見難いというのもありますが、見えないから居ないではなく、見えないから居るかもしれない、という意識が大事ではないかと思います。
ヘアピンやシケインなどのブレーキング時に後方を見ていると明らかにオーバースピードで進入してくる方が居ますので、その時は咄嗟の判断で左右どちらかに避けることでアクシデントを回避できる場合があります。上手くいったときはホント気持ち良いですよ(笑)。

あとこれも感じた事ですが、PUSH部屋参戦されている皆さんのレベルアップは著しいですね!。多少のコツンコツンといった接触は勿論ありますが(私もコツンコツンやってしまいますし)、それ以上に皆さんホントちゃんとしたレース展開をされていましたし、それでいて皆さん全員がホント速い。それを感じるだけでも、こうやって部屋を作って良かったなーって改めて思いました。 この週末はアツいバトルを演じれる事も多く、走っていて非常に楽しかったのですが、こうなるとやっぱりリプレイ機能が欲しいなーというのが改めて思います。特に外部カメラ視点でバトル状態を見たら、きっと最高に楽しいだろうなって思いますし。
8/1のアップデートでは無理っぽいですが、早い実装を願いたいですねー。リプレイを見ながらニヤニヤとしたいところです(笑)。